「肥満成人の集中力を向上させる」アボカドを食す習慣

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「肥満成人の集中力を向上させる」アボカドを食す習慣

アボカドの健康効果は、かねてより栄養学会がそのメリットを報告してきましたが、イリノイ大学が行ったランダム化比較実験によると、集中力に関連する可能性が高まったとの報告がありました。

しかも、食事の一部を制限してアボカドを取り入れるのではなく、いつもの食事をしていてもアボカドを少しだけでもいいので取り入れるだけで効果があるようです。

本記事はイリノイ大学の研究結果を紹介しているものです。その結果について私見を交えて論じているに留まりますので、アレルギーがある方等のアボカドの摂食は医師等の指示に必ず従ってください。

“Previous work has shown that individuals with overweight and obesity are at higher risk for cognitive decline and dementia in older age,” said kinesiology and community health professor Naiman Khan, who led the study. “We are interested in whether dietary approaches may have benefits for cognitive health, especially in midlife.”

参照元:https://news.illinois.edu/view/6367/807001

イリノイ大学の行ったランム化比較実験の結果によると、アボカドは健康効果があるだけでなく、集中力にまで影響することがわかりました。

イリノイ大学の行ったランダム化比較試験によると、毎日のアボカド摂取を含む食事は、身長と体重の測定値が太りすぎまたは肥満に分類される成人の注意を集中させる能力を向上させることが発見されました。

イリノイ大学アーバナシャンペーン校の研究者は12週間の研究を実施しました。

研究を主導した運動学および地域保健の教授ナイマン・カーン氏は述べます。

「以前の研究では、太りすぎや肥満の人は、高齢になると認知機能低下や認知症のリスクが高くなることが示されています。私たちは、食事療法が特に中年期の認知的健康に利益をもたらすかどうかに関心があります。」

ハスアボカド委員会と米国農務省の国立食品農業研究所がこの作業を支援しました。

アボカドは、認知効果に関連する食事成分であるルテインを多く含んでいます。

アボカド消費の利点は高齢者と子供で研究されていますが、アメリカの成人人口の70%がそのカテゴリーに分類されているにもかかわらず、太りすぎや肥満の成人に対する認知効果を研究したランダム化比較試験はありませんでした、と大学院生のケイトリン・エドワーズ氏は語ります。

新しい研究では、研究者は太りすぎまたは肥満の成人84人に12週間の毎日の食事を提供しました。

食事のカロリーと主要栄養素は同じでしたが、あるグループの食事には毎日新鮮なアボカドが含まれていましたが、対照グループの食事にはアボカドが含まれていませんでした。

研究の開始時と終了時に、参加者は注意と抑制を測定するために3つの認知テストを完了しました。

さらに、研究者らは、参加者の血清と網膜のルテインレベルを測定しました。

これは、脳内のルテイン濃度に関連しています。

彼らは、食事にアボカドが含まれている参加者が、注意抑制を測定するフランカータスクと呼ばれる認知テストの1つでパフォーマンスを改善したことを発見しました。

これは、注意散漫に直面しても目前のタスクに集中し続ける能力です。

ただし、他の2つの認知テストに違いはありませんでした。

ナイマン・カーン氏は述べます。

「アボカドの栄養素は、特にこのタスクを実行する能力をサポートする脳内の特定の作用を持っている可能性があります、またはそれらは他のものよりも特定の認知能力にとってより有益である可能性があります。より長い研究または異なるテストで、他の効果が見られる可能性もあります。他の研究では、他の集団でより広い効果が見られたので、この集団のより具体的な利点を見るのは興味深いことです。」

別の予想外の発見は、アボカドを食べた参加者は研究の終わりにルテインのレベルが高かったが、ルテインレベルの変化は彼らの認知の変化と相関していなかったということでした。

エドワーズ氏は話します。

アボカドは食物繊維と一価不飽和脂肪も豊富です。これらの他の栄養素が私たちが見た認知効果に役割を果たした可能性がありますが、分析ではルテインに焦点を合わせました。将来の分析では、アボカドに含まれる他の栄養素、または体重状態、炎症、マイクロバイオームの潜在的な変化などの他の測定値に対するアボカド消費の影響に焦点を当てる可能性があります。」

この研究はアボカドに焦点を当てていますが、ルテイン、繊維、不飽和脂肪の他の栄養源(緑の葉野菜や卵など)にも、潜在的な認知および健康上の利点があります。

研究者たちは、他の健康行動が同じままであっても、アボカドを食べるなどの小さな食事の変化が認知能力に測定可能な影響を与える可能性があることを彼らの研究が示していると言います。

ナイマン・カーン氏は説明します。

「私たちの使命は人々に選択肢を与えることです。脳の健康を最適化するために人々が食べることができる方法は複数あります。私たちが学んでいるのは、アボカドは特定の方法で神経保護作用がある可能性のある果物の1つである可能性があるということです。この研究は、私たちが摂取できる健康的な食品の過多から人々が持つ1つの選択肢の背後にある証拠を提供します。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「肥満成人の集中力を向上させる」アボカドを食す習慣