誰かといる時は、自身も未来も過去の事も考えていない

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

誰かといる時は、自身も未来も過去の事も考えていない

一人で経験する時、誰かと一緒に経験する時、それぞれ質が違うことがバルイラン大学の研究で判明しました。

How do people experience time alone and time with others? Findings from a new Bar-Ilan University study reveal the intricacies of people’s experiences in these basic social conditions.

参照元:https://www1.biu.ac.il/indexE.php?id=33&pt=20&pid=117&level=2&cPath=33&type=1&news=3584

人々はどのように一人で、そして他の人との時間を経験しますか?

バルイラン大学の研究からの発見は、これらの基本的な社会的条件における人々の経験の複雑さを明らかにしています。

この研究では、1人の経験と、他の人と一緒にいるときの社会的経験に関して文章完成法を実行した1,700人以上の参加者からの自己生成テキストを分析する独自のアプローチを使用しました。

このアプローチは、特定の質問に縛られることなく自由に自分を表現するときに、人々の認識に光を当てます。

社会心理学誌に掲載されたばかりの研究の結果は、人々が他人と自分自身について考えるとき、彼らは自分自身について考えるときよりも現在に焦点を合わせ、過去や未来に焦点を合わせないことを示しました。

さらに、他の人と一緒にいるときは、一人でいるときよりも不安や怒りは多くなりますが、悲しみは少なくなります。

時間だけが、過去の経験や将来の計画について考え、社会的交流のストレスからリラックスし、自分で選んだ余暇活動に従事する機会として人々の考えに反映されます。

研究を行ったバーイラン大学心理学部のリアド・ウジエル博士は話します。

「一人でいることと他の人と一緒にいることは、質的に異なる経験として人々の心に表され、それぞれが統合された自己の形成に貢献します。それぞれのタイプの社会的環境が切望されていた独特の利点に貢献するので、建設的な単独と社会的経験の組み合わせが必要です。」

現在の封鎖だけに直面している人々にとって、時間だけの潜在的な建設的影響を浮き彫りにする現在の調査結果は、これが個人の成長の機会でもあり得ることを示しているとウジエル博士は言います。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 思考・瞑想 » 誰かといる時は、自身も未来も過去の事も考えていない

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)