独断的な人が情報を追わない理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

独断的な人が情報を追わない理由

どんなコミュニティにも必ずいる独断的な人。彼らは仕事ができキャリアを積んでいく傾向がある反面、同僚のモチベーションや幸福度を著しく下げるという事が解っています。ロンドン大学の研究で、独断的な人の特徴がまた一つ解明しました。

First author Lion Schulz, a PhD candidate at the Max Planck Institute in Germany who began the research while at UCL, said: “Anecdotally, it seems that dogmatic people are less interested in information that might change their mind. However, it was unclear if this is because a specific opinion is of high importance to them or if more fundamental processes are at play that transcend specific opinions.”

参照元:https://www.ucl.ac.uk/news/2020/nov/dogmatic-people-seek-less-information-even-when-uncertain

UCLとマックスプランク生物学的サイバネティックス研究所が主導した研究によると、自分の見解について独断的な人々は、政治とは関係のない単純な問題であっても、結果として情報を求めず、正確な判断を下しません。

研究者たちは、PNASに発表された彼らの調査結果は、人々が厳格な意見を持つように導く思考パターンの違いを指摘していると言います。

UCL在籍中に研究を始めたドイツのマックスプランク研究所の博士課程の候補者である筆頭著者のライオンシュルツ氏は説明します。

「逸話的に、独断的な人々は自分の考えを変える可能性のある情報にあまり興味がないようだ。しかし、これは、特定の意見が彼らにとって非常に重要であるため、または特定の意見を超越するより基本的なプロセスが機能している場合に発生します。」

独断的な人々は、彼らの世界観が絶対的な真実を反映しており、例えば党派の問題に関しては、しばしば彼らの心を変えることに抵抗があるという信念によって特徴付けられます。

この傾向は、政治的、科学的、宗教的な議論を二極化することによって社会に影響を与える可能性があります。

しかし、独断の認知的推進力はまだよくわかっていません。

これを調査するために、研究者は700人以上に簡単な意思決定タスクを実行するように依頼しました。

参加者は、ドットがちらつく2つのボックスを見て、どちらのボックスにドットが多いかを判断する必要がありました。

重要なことに、参加者が最初の選択をした後、研究者は彼らに別のより明確なバージョンのボックスを見る機会を与えました。

その後、彼らは最終決定を下しました。

シュルツ氏は説明します。

「これは多くの現実の状況を反映しています。たとえば、噂を聞いてもそれが本当かどうかわからない場合です。共有しますか、それとも信頼できる情報源を事前に確認しますか?」

共同筆頭著者であるマックスロールウェイジ博士(UCLのヒューマンニューロイメージングウェルカムセンターとマックスプランクUCL計算精神医学および老化研究センター)は説明します。

「独断的な信念に寄与する証拠処理です。タスクの後には、研究者が参加者の政治的志向と独断のレベルを測定することを可能にする包括的な一連の質問票が続きました。独断的な個人と穏健派は、彼らの決定の正確さや自信に違いはありませんでした。」

「しかし、研究者たちは、独断的な参加者が多いほど、役立つ追加情報を拒否する可能性が高いことを発見しました。参加者が決定にほとんど自信を持っていなかったとき、多かれ少なかれ独断的な参加者の間の違いは特に大きいものでした。」

上級著者のスティーブフレミング博士(UCLのヒューマンニューロイメージングウェルカムセンター、マックスプランクUCL計算精神医学・老化研究センター、UCL実験心理学)は話します。

「新しい情報を探すのではありません。現在の研究では、このリンクはより独断的な個人では弱いことがわかりました。」

一般に、検索の減少は有害であり、独断的な人々が増えると、最終的な判断の精度が低下します。

フレミング博士は続けます。

「政治などの問題に関する教義と、単純なオンラインゲームでの情報探索との関連を検出できたことは驚くべきことです。これは、現実世界の教義が特定のグループや意見の特徴だけではないことを示しています。しかし、より基本的な認知プロセスに関連している可能性があります。」

この研究は、単に修正情報を入手できるからといって、必ずしも人々がそれを消費することを意味するわけではないことを強調しています。

シュルツ氏は話します。

「これは今日特に重要です。何かについて十分な証拠があるかどうか、またはそれを信じる前に信頼できる情報源からさらに情報を探すべきかどうかを自由に決めることはできませんでした。独断的な人々の違いは微妙であり、政党に関するニュースなどの現実の情報を検討するときにそれらがどのように現れるかはまだわかりません。」

「結局、それは注意です。自分たちを独断的だと思っているかどうかにかかわらず、物語。不確かな場合は、情報をもう一度確認するのが賢明かもしれません。」

研究者たちは現在、不確実な状況で人々がさらなる情報を検索するきっかけとなる、根底にある認知アルゴリズムをさらに解明しようとしています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 思考・瞑想 » 独断的な人が情報を追わない理由