リアルタイムGPS情報で解析した高齢者が苦しむ特定ポイント

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

リアルタイムGPS情報で解析した高齢者が苦しむ特定ポイント

コーネル大学が、スマートフォンのリアルタイム位置情報を収集解析し、日常生活における環境が健康にどのように変化をもたらすかを調査しました。

位置情報によって健康にもたらす影響を調査するという試みが他に例をみない方法で画期的と言えます。

Equipped with smartphones for a week, dozens of older New York City residents allowed a Cornell sociologist to track their movements and reported several times a day where they were, what they were doing and how they felt.

参照元:https://news.cornell.edu/stories/2020/12/phones-show-how-locations-real-time-impact-health
– コーネル大学 Cornell University. December 8, 2020 –

コーネル大学の研究者は、スマートフォンを使用して位置とリアルタイムの調査データを取得し、日常生活で遭遇する社会環境が健康にどのように影響するかを調べています。

1週間スマートフォンを装備し、ニューヨーク市の何十人もの高齢者がコーネル大学の社会学者に彼らの動きを追跡させ、彼らがどこにいて、何をしていて、どのように感じたかを1日に数回報告しました。

55歳以上の61人の研究参加者は、パン屋で働く、猫と一緒に家にいる、孫と一緒に公園を散歩する、友達と一緒に訪れる、コーヒーを待つ、行くなど、日常生活や活動を垣間見ることができました。

彼らはまた、ゴミ、空いている建物、損傷した歩道、および薬物やアルコールの使用の証拠など、問題があると考えたその他のシーンを見たときにも言及しました。

彼らがストレスや脅迫的であると感じた場所では、高齢者は倦怠感や痛みの瞬間的な急上昇を報告する可能性が非常に高かったことが研究でわかりました。

これらの無秩序な状態の少なくとも2つを観察すると、疲労感を報告する可能性が2倍、痛みを感じると報告する可能性が約3分の2でした。

研究の筆頭著者であるエリンヨークコーンウェル氏は話します。

「これらの変動は、厳しい社会環境や苦痛を伴う社会環境を定期的にナビゲートしなければならない高齢者の健康と幸福に長期的な影響を与える可能性があります。」

ニューヨーク市では、ヨークコーンウェルはコミュニティベースのシニアセンターと協力して、イーストハーレム、グラマシー、ベッドフォードスタイベサントの北と南の4つの地域から多様なボランティアグループを募集しました。

平均して、調査参加者の約3分の1が、特定の調査で痛みを感じ、約3分の1が倦怠感を感じていると報告しましたが、これらの感情は、より整然とした空間ではあまり見られませんでした。

観察された障害の追加の状態ごとにリスクが増加しました。

参加者は、スマートフォンでpingを実行してから10分または15分以内にほとんどの調査を完了しました。

ヨーク・コーンウェル氏によると、全体的な回答率は99%近くで、調査研究ではほとんど前例のないものです。

研究者は通常、調査回答者に彼らの経験の紙のログを保持することに依存しており、多くの場合、イベントが発生してからずっと後に記録されます。

ヨークコーンウェル氏によると、まだ新しい調査方法ですが、スマートフォンベースのデータ収集により、調査の精度を向上させ、バイアスを減らすことを約束する、より迅速な対応が可能になります。

ヨークコーンウェル氏は説明します。

「これは、人々が自分の環境をリアルタイムでどのように体験し、知覚するかを理解し、それらの環境が自分の健康にどのように影響するかを調べるための素晴らしいツールです。これまで、このようなクリーンな方法でその洞察を得ることができなかったため、このアプローチには非常にエキサイティングな影響があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » リアルタイムGPS情報で解析した高齢者が苦しむ特定ポイント

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -