インダスの遺跡からの陶器に吸収された脂質残留物を調査した最初の研究

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

インダス遺跡の陶器に吸収された脂質残留物を調査

ケンブリッジ大学の研究チームが、それまで東南アジアでは行われてきた、陶器に吸収されている脂質残留物の調査を、ヨーロッパにおいてはじめて執り行いました。

脂質残留物は分解されずらく、動物の特定などが可能な優れた調査方法です。

New lipid residue analyses have revealed a dominance of animal products, such as the meat of animals like pigs, cattle, buffalo, sheep and goat as well as dairy products, used in ancient ceramic vessels from rural and urban settlements of the Indus Civilisation in north-west India, the present-day states of Haryana and Uttar Pradesh. 

参照元:https://www.arch.cam.ac.uk/news/whats-cooking-analysis-fatty-residues-ancient-pottery-sheds-light-food-habits-indus
– ケンブリッジ大学 University of Cambridge. 09/12/2020 –

脂質残留分析により、豚、牛、水牛、羊、山羊などの動物の肉や、北部のインダス文明の農村部や都市部の集落からの古代の陶器船で使用されている乳製品などの動物製品の優位性が明らかになりました。

Journal of Archaeological Scienceに掲載されたこの研究は、ケンブリッジ大学考古学部の元博士課程の学生であり、フランスのUMR7264-CNRSにあるCEPAMの現在のポスドク研究員であるAkshyetaSuryanarayan博士が主導しました。

スリヤナラヤン博士は話します。

「脂質残留物の研究には、過去の使用中に古代のセラミック容器に吸収された油脂の抽出と特定が含まれます。脂質は比較的分解されにくく、考古学的な文脈から陶器で世界中で発見されています。しかし、彼らは南アジアからの古代の陶器の非常に限られた調査を見てきました。」

「この研究は、インダスの都市ラキガリーや、他のインダスのファーマナとマスドプールIおよびVIIの集落を含む、複数のインダスの遺跡からの陶器に吸収された脂質残留物を調査した最初の研究であり、集落間および時間全体で比較を行うことができます。 」

脂質抽出物中の特定の化合物の同定により、以前は血管で使用されていた脂肪酸などのさまざまな植物または動物製品の検出が可能になります。

さらに、脂肪酸の同位体分析により、さまざまな種類の動物の肉や牛乳を区別することができます。

これらの分析により、容器の使用法とその中​​で何が調理されているかを理解できます。

スリヤナラヤン氏は説明します。

「インダス陶器の脂質残留物に関する調査では、豚などの反芻動物以外の動物の肉、牛や水牛、羊や山羊などの反芻動物の肉、乳製品など、容器内の動物製品が優勢であることが示されています。しかし、この地域での最初の研究の1つとして、解釈上の課題があります。」

「たとえば、豚のような動物の残骸が見つかっていないにもかかわらず、反芻動物以外の動物の脂肪が優勢であることがわかったなど、結果の一部はまったく予想外でした。インダスの集落では大量に使用されています。植物製品または植物と動物製品の混合物が船舶でも使用され、あいまいな結果が生じている可能性があります。」

「さらに、これらの場所で見つかった家畜の反芻動物の残骸の割合が高いにもかかわらず、以前に乳製品の加工に関連することが示唆されていた穴あき船を含む、船での乳製品の使用の直接的な証拠は非常に限られています。最近のScientificReportsの調査では、主にグジャラートのボウルで乳製品の証拠が増えていることが報告されています。」

「私たちの結果は、地域差があった可能性があることを示唆しています。さまざまな場所からのより多くの船舶の分析は、これらの潜在的なパターンを調査するのに役立ちます。」

ケンブリッジ大学の上級著者であるキャメロンペトリー博士は話します。

「インド北西部のインダス地方と都市部のインダス遺跡で使用されている製品は、成熟したハラパン時代(紀元前2600年から2500年〜1900年頃)に類似しています。都市部と農村部の集落は独特であり、そこに住む人々はさまざまな種類の物質文化と陶器を使用していました。彼らは調理法と食材の調理方法を共有していた可能性があります。」

「インド北西部の農村集落は、特に4.2 ka BP後の気候が不安定な段階で、都市部(成熟したハラッパー)から都市部後(後期ハラッパー)まで、食品の調理または調理方法に継続性を示したという証拠もあります。 (紀元前2100年頃)、これは、文化的および気候的変化をめぐって、小さな農村地域で日常の慣行が続いていることを示唆しています。」

この研究は、インダス文明の変容の間、および乾燥が増加している期間中のインド北西部の農村集落の回復力を示唆する地域の既存の研究に追加されます。

この結果は、南アジアの食道や陶器と食料品の関係についての理解を深める上でも大きな意味を持っています。

スリヤナラヤン博士はまとめます。

「南アジアの料理の歴史についての私たちの理解はまだ非常に限られていますが、これらの結果は、脂質残留物の使用が生物考古学の他の技術と組み合わされて、原史時代の南アジアにおける環境、食料、物質文化、そして古代社会間の関係を理解するための刺激的な新しい道を開く可能性があることを示しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » インダスの遺跡からの陶器に吸収された脂質残留物を調査した最初の研究

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)