マヤ文明の浄水器システムは現在でも機能する

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

マヤ文明の浄水器システムは現在でも機能する

古代マヤが、天然素材を使用して洗練された浄水器を作った事をシンシナティ大学の研究で判明しました。

浄水器は現在でも使用可能で、古代マヤ文明の科学力が当時の地球においても群を抜いて非常に高い事を示唆しています。

A multidisciplinary team of UC anthropologists, geographers and biologists identified crystalline quartz and zeolite imported miles from the city. The quartz found in the coarse sand along with zeolite, a crystalline compound consisting of silicon and aluminum, create a natural molecular sieve. Both minerals are used in modern water filtration.

参照元:https://www.uc.edu/news/articles/2020/10/uc-archaeologists-discover-sophisticated-water-filters-in-ancient-maya-city.html
– シンシナティ大学 University of Cincinnati. October 22, 2020

シンシナティ大学の研究によると、かつて賑やかだったティカルの街にある古代マヤは、何マイルも離れたところから輸入した天然素材を使用して洗練された浄水器を作りました。

人類学者、地理学者、生物学者の学際的なチームが、シリコンとアルミニウムからなる結晶性化合物である石英とゼオライトを特定し、天然のモレキュラーシーブを作成しました。

両方のミネラルは、現代の水ろ過で使用されています。

UCの研究者は、現在グアテマラ北部にある古代マヤの重要な飲料水源であるコリエンタル貯水池にフィルターシステムの証拠を発見しました。

UCの人類学者、地理学者、生物学者の学際的なチームが、都市から何マイルも輸入された水晶とゼオライトを特定しました。

粗い砂に含まれる石英と、シリコンとアルミニウムからなる結晶性化合物であるゼオライトが、天然のモレキュラーシーブを形成します。

両方のミネラルは、現代の水ろ過で使用されています。

人類学の准教授で研究の筆頭著者であるケネス・バーネット・タンカーズリー氏は、フィルターは有害な微生物、窒素に富む化合物、水銀などの重金属、その他の毒素を水から除去したであろうと述べた。

タンカーズリー氏は話します。

「興味深いのは、このシステムが今日でも有効であり、マヤが2、000年以上前に発見したことです。」

UCの発見はジャーナルScientificReportsに掲載されました。

タンカーズリー氏によると、マヤはヨーロッパで同様のシステムが使用される約2、000年前にこの水ろ過システムを作成し、この種の水処理システムの中で最も古いものの1つになりました。

カリフォルニア大学芸術科学部の研究者は、ゼオライトと石英を、ティカルの北東約18マイルにあるバホデアズカル周辺の急な尾根まで追跡しました。

彼らは、X線回折分析を使用して、貯留層堆積物中のゼオライトと結晶石英を特定しました。

ティカルでは、ゼオライトはコリエンタル貯水池でのみ発見されました。

古代マヤにとって、きれいな水を集めて貯蔵する方法を見つけることは非常に重要でした。

ティカルと他のマヤの都市は多孔質の石灰岩の上に建てられたため、季節的な干ばつの間、年間を通して飲料水をすぐに手に入れることが困難でした。

UC地理学の教授であり、共著者であり、彼のキャリアのほとんどで古代文明を研究してきたニコラス・ダニングは、グアテマラでフィールドワークを行っているときに、約10年前に石英とゼオライトの供給源と思われるものを見つけました。

ダニング氏は話します。

「それは、石英粒子とゼオライトの露出した風化した火山凝灰岩でした。それは、かなりの速度で水を噴き出していました。労働者は水筒にそれを補充しました。それは水がどれほどきれいで甘いかで地元で有名でした。」

ダニング氏は材料のサンプルを採取しました。

UCの研究者たちは後に、石英とゼオライトがティカルで見つかった鉱物と密接に一致していると判断しました。

地理情報システムマッピングの専門家であるUCアシスタントリサーチ教授のクリストファーカーも、バホデアズカルとコリエンタルでUCプロジェクトの作業を行いました。

ダニング氏は話します。

「古代マヤがこの特定の物質がきれいな水に関連しているのを見て、それを持ち帰るためにいくらかの努力をしたのは、おそらく非常に巧妙な経験的観察を通してでした。」

別の共著者であるUC人類学名誉教授のヴァーノン・スカボロー氏は、古代の水管理に関するほとんどの研究は、文明がどのように水を保存、収集、または流用したかを説明しようとしたと話しました。。

スカボロー氏は続けます。

「飲用に適した水質に対処することは依然として困難である。私たちのUCチームによるこの研究は、水源の質とそれがどのように確立され維持されたかを特定することによって研究課題を開始しました。」

もちろん、1、000年前の文明の生活、習慣、動機を再構築するのは難しい作業です。

ダニング氏は話します。

「私たちは絶対的な証拠を持っていませんが、強力な状況証拠を持っています。私たちの説明は論理的に理にかなっています。」

UCの生物学者で共著者のデビッド・レンツ氏は話します。

「これはあなたが考古学者としてしなければならないことです。いくつかのピースが欠けているパズルを組み立てる必要があります。」

レンツ氏によると、ろ過システムは、貯水池から飲んだ人々を病気にする可能性のある有害なシアノバクテリアやその他の毒素から古代マヤを保護していたはずだという。

レンツ氏は続けます。

「古代マヤは、この物質が澄んだ水のプールを生み出すことを理解しました。」

複雑な水ろ過システムは、ギリシャからエジプト、南アジアに至る他の古代文明で観察されていますが、これは古代の新世界で最初に観察されたものであるとタンカーズリー氏は述べています。

タンカーズリーは続けます。

「古代マヤは熱帯環境に住んでいて、革新者でなければなりませんでした。これは驚くべき革新です。多くの人々は、西半球のネイティブアメリカンを、ギリシャ、ローマ、インド、中国のような場所と同じ工学的または技術的な筋肉を持っていないと見ています。しかし、水管理に関しては、マヤは数千年先を行っていました。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » マヤ文明の浄水器システムは現在でも機能する