近所にコンビニができると、11.7%以上の確率で子供が肥満になる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

近所にコンビニができると、11.7%以上の確率で子供が肥満になる

エルゼビアがおこなった、4つの都市および3〜15歳の子供たちを約8年にわたる研究の結果によると、家の近所にコンビニができると子供たちの体重が増えることがわかりました。

“Childhood obesity has a complex multifaceted etiology. In this study we found that community food environment, particularly small neighborhood stores, can significantly influence children’s weight status.  Our findings are useful for designing future interventions and public policies,” explained lead author and co-director of the research, Punam Ohri-Vachaspati, PhD, RD, Professor, College of Health Solutions, Arizona State University, Phoenix, AZ, USA.

参照元:https://www.elsevier.com/about/press-releases/research-and-journals/kids-gain-weight-when-new-convenience-stores-open-nearby
– エルゼビア Elsevier.  December 10, 2020 –

Elsevierが発行したJournalof the Academy of Nutrition and Dieteticsの研究によると、低所得および高民族/人種のマイノリティ集団を取り巻く食物環境の経時変化が小児肥満に影響を与えることがわかりました。

子供の家のすぐ近くで健康的な商品を販売する小さな食料品店の利用可能性が高まると、時間の経過とともに体重の状態が改善されますが、主に不健康な食品を販売するコンビニエンスストアの利用可能性が高まると有害になる可能性があります。

研究ディレクターであり、PhD、RD、アリゾナ州立大学、アリゾナ州立大学、米国アリゾナ州ヘルスソリューション大学教授で筆頭著者のPunam Ohri-Vachaspati氏及び、共同研究者は説明します。

「小児肥満には複雑な多面的な病因があります。この研究では、地域の食品環境、特に小さな近所の店が子供の体重状態に大きな影響を与える可能性があることがわかりました。私たちの調査結果は、将来の介入や公共政策の設計に役立ちます。」

大小を問わず、包括的な食料品店の主要要素の影響を調査する数少ない前向き縦断研究の1つであるこの研究は、ニュージャージー州の4つの都市(ニューブランズウィック州カムデン)の3〜15歳の子供たちの2つのグループを追跡しました。

ニューアーク、およびトレントン。これらの都市は、小児肥満予防を目的とした政策と環境の変化を開始していることが知られていました。

最初のグループは2009-10から2014-15まで、2番目のグループは2014から2016-17まで調査されました。

ニューブランズウィックのラトガーズ大学健康・医療政策・老化研究所の国家健康政策センター教授であり、この研究の上級著者兼共同ディレクターであるマイケル・イェディディア氏は話します。

「私たちの研究デザインにより、子供たちの体重状態の変化と、いくつかの有意義な距離と曝露時間にわたる食品環境の変化との関係のパターンを調べることができました。都市近郊のコミュニティの食品環境は、特に子供たちの体重の結果にとって重要であることがわかりました。児童養護施設の近くにある小さな店に関連している。」

各都市の食品環境の変化に対する子供たちの曝露は、調査中の毎月計算されました。

研究者たちは、さまざまな期間(最終面接の12か月、18か月、24か月前)にわたるさまざまな近接(4分の1マイル、0.5マイル、および子供の家の1マイル)にわたる食料品店の数の変化を調べました。

変更には、店舗の開閉、ある地域から別の地域への家族の移動、コンビニエンスストアでの提供を改善するためのコミュニティイニシアチブによって促進された既存の食料品店へのアップグレードが含まれます。

食料品店は、スーパーマーケット、小さな食料品店、コンビニエンスストア、薬局、フルサービスのレストラン、または限定サービスのレストランに分類されました。

5種類の果物、5種類の野菜、低脂肪牛乳、生肉または冷凍肉など、特定の種類の健康的な商品を販売している店舗は、小さな食料品店として分類されました。

「ヘルシーコーナーストア」に参加しているコンビニエンスストアは、アップグレードされたコンビニエンスストアに分類されました。

コンビニエンスストアへの露出が時間の経過とともに増加すると、子供には健康状態の悪い変化が見られました。

たとえば、子供の家から1マイル以内にある追加のコンビニエンスストアに24か月以上さらされた結果、同性および同年齢の他の子供と比較して、子供が肥満度指数の範囲が高くなる可能性が11.7%高くなりました。

対照的に、24か月にわたって1マイル以内に追加の小さな食料品店にさらされると、肥満度指数が高いカテゴリーに入る確率が37.3%低くなりました。

スーパーマーケット、レストラン、または薬局への曝露の変化について、一貫したパターンは見つかりませんでした。

Ohri-Vachaspati博士は説明します。

「スーパーマーケットで一貫した結果は見つかりませんでしたが、大規模な店舗が食品環境の重要な特徴ではないことを示唆するものではありません。むしろ、密集した都市に住むサンプルのほとんどは、ベースラインでスーパーマーケットにアクセスでき、重要な経験はありませんでした。時間の経過とともにスーパーマーケットへのアクセスが変化します。」

調査員は、コミュニティのイニシアチブを通じて、アップグレードされたコンビニエンスストアで提供される食品の健康状態を小さな食料品店と同様のレベルに高めることで、子供の体重状態を改善できる可能性があると示唆しています。

研究者たちは、研究デザインにより、食物環境が動的であり、複数の変化が同時に起こるコミュニティで育った子供の経験を考慮することができたと述べました。

イェディディア博士は話します。

「COVID-19のパンデミックでは、低所得者層の食糧不安の高まりを伴い、地域の食糧環境が子供の体重状態と健康に与える影響をより洗練された形で理解する必要性が高まっています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 近所にコンビニができると、11.7%以上の確率で子供が肥満になる

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -