死後分析したPTSD患者の脳からPTSDの遺伝子影響を探る

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

死後分析したPTSD患者の脳からPTSDの遺伝子影響を探る

イェール大学が、PTSDと診断された人々の脳組織を死後分析し、PTSDが女性に多い理由や免役系の低下に関するレポートを発表しました。

研究は、PTSDに関する次世代の治療薬開発に寄与すると期待されています。

A post-mortem analysis of brain tissue from people who had been diagnosed with post-traumatic stress disorder (PTSD) may help explain enduring mysteries about the disorder, such as why women are more susceptible to it and whether a dampened immune system response plays a role in dealing with stress, a team headed by Yale University and the VA’s National Center for PTSD (NCPTSD) researchers has found.

参照元:https://news.yale.edu/2020/12/21/brain-tissue-yields-clues-causes-ptsd
– イェール大学 Yale University. december 21, 2020 –

心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された人々の脳組織の死後分析は、女性がそれに対してより感受性が高い理由や、免疫系の反応の低下がイェール大学の研究者が率いるチームがストレスに対処する役割を発見しました。

前頭前野の4つの領域(より高い認知機能と実行制御に関連する脳の領域)にある脳組織の遺伝子発現パターンの分析により、PTSDと診断された人と診断されなかった人の明確な違いが明らかになりました。

PTSD患者における遺伝子活性、特に影響を受けた2つの細胞タイプの主な違い-中枢神経系の神経活動を阻害介在ニューロン、およびミクログリア、免疫系の細胞は、研究者はジャーナルに2020年12月21日のネイチャーニューロサイエンスに掲載されています。

エール大学精神科の研究科学者であり、研究の筆頭著者であるマシュー・ギルジェンティは話します。

「調査結果は、これらの変化が一緒になって、心的外傷後ストレスに反応する能力の障害に寄与する可能性があることを示唆している。」

一般人口の約8%がPTSDと診断されています。

しかし、戦闘の退役軍人、難民、暴行の犠牲者など、深刻な心理的ストレスを経験した人の中で、35%もの人がPTSD症状を示しています。

これらの症状には、心的外傷性イベントの再体験、他者の回避、および個人に心的外傷性体験を思い出させるイベントにさらされたときの過覚醒が含まれます。

PTSDによって最も深刻な影響を受ける細胞の種類は男性と女性で同じでしたが、前頭前野内のどこでそれらの細胞に影響を与える遺伝子が発現しているかについては、性別によって明確な違いがありました。

これらの違いは、女性が男性よりもPTSDやその他の不安障害を発症する可能性が2倍以上ある理由と、女性がより重篤な症状を経験する可能性が高い理由を説明するのに役立つ可能性があります。

PTSD患者の約半数も何らかの形のうつ病と診断されています。

しかし、脳組織に見られる遺伝子発現パターンは、うつ病よりも統合失調症や双極性障害と生物学的に密接に関連していることが研究者らは発見した。

エール大学のジョン・クリスタル氏、ロバート・L・マクニール氏、トランスレーショナル・リサーチのジュニア教授、精神医学、神経科学、心理学の教授、そして論文の共同主任著者は説明します。

「これはPTSD分野の新たな始まりです。PTSDの新しい治療法が必要です。このような研究は、新世代の医薬品開発努力の科学的基盤を提供します。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 死後分析したPTSD患者の脳からPTSDの遺伝子影響を探る

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)