海洋・陸上生物の大量絶滅は2,700万年の周期で巡っている

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

2,700万年の周期で巡る生物の大量絶滅

ニューヨーク大学の研究によると、陸上の動物の大量絶滅は、海洋生物の大量絶滅と一致していて、その周期は2,700万年である事がわかりました。

“It seems that large-body impacts and the pulses of internal Earth activity that create flood-basalt volcanism may be marching to the same 27-million-year drumbeat as the extinctions, perhaps paced by our orbit in the Galaxy,” said Michael Rampino, a professor in New York University’s Department of Biology and the study’s lead author.

参照元:https://www.nyu.edu/about/news-publications/news/2020/december/mass-extinctions-of-land-animals.html
– ニューヨーク大学 New York University. Dec 11, 2020 –

ジャーナルHistoricalBiologyに発表された新しい分析によると、両生類、爬虫類、哺乳類、鳥類などの陸生動物の大量絶滅は、以前に報告された海洋生物の大量絶滅と一致して、約2,700万年の周期をたどります。。

この研究はまた、これらの大量絶滅が主要な小惑星の衝突と洪水玄武岩噴火と呼ばれる溶岩の壊滅的な火山噴出と一致していることを発見しました。

絶滅が起こった理由の潜在的な原因を提供します。

ニューヨーク大学生物学部の教授であり、研究の筆頭著者マイケル・ランピーノ氏は話します。

「洪水玄武岩の火山活動を引き起こす大きな物体の衝撃と地球内部の活動の脈動は、おそらく銀河系の軌道によって、絶滅と同じ2700万年のドラムビートに向かって進んでいるようにみえます。」

6600万年前、恐竜を含む陸と海のすべての種の70%が、大きな小惑星や彗星が地球に衝突したという悲惨な結果として、突然絶滅しました。

その後、古生物学者は、種の最大90%が消失したこのような海洋生物の大量絶滅は、偶発的な出来事ではなく、2600万年周期で起こっているように見えることを発見しました。

カーネギー研究所のRampino氏と共著者ケン・カルデイラしは、土地に住む動物の大量絶滅の記録を調査し、彼らは海の絶滅と一致することを結論付けました。

彼らはまた、陸生種の絶滅の新しい統計分析を実行し、それらのイベントが約2750万年の同様のサイクルに従っていることを示しました。

陸と海で周期的な大量絶滅を引き起こしている可能性があるのは何ですか?

大量絶滅は、周期的に発生する唯一のイベントではありません。

小惑星や彗星が地球の表面に衝突することによって作成された衝突クレーターの年齢も、絶滅周期と一致する周期に従います。

天体物理学者は、太陽系で周期的な彗星のシャワーが2600万年から3000万年ごとに発生し、周期的な影響を生み出し、周期的な大量絶滅をもたらすと仮定しています。

太陽と惑星は、約3,000万年ごとに天の川銀河の混雑した中央面を循環します。

その間、彗星のシャワーが発生する可能性があり、地球に大きな影響を与えます。

影響は、広範囲にわたる暗闇や寒さ、山火事、酸性雨、オゾン層破壊など、陸や海洋生物にストレスを与え、潜在的に死に至らしめる状況を作り出す可能性があります。

ランピーノ氏は話します。

「陸と海での同時の突然の大量絶滅、および一般的な2600万年から2700万年の周期のこれらの新しい発見は、絶滅の引き金としての定期的な世界的な壊滅的な出来事の考えに信憑性を与えます。」

「実際、陸と海での種の大量絶滅のうち3つは、過去2億5000万年の3つの最大の影響と同時に発生したことがすでに知られており、それぞれが地球規模の災害を引き起こし、大量絶滅を引き起こす可能性があります。」

研究者たちは、小惑星以外にも大量絶滅の可能性のある別の説明を見つけて驚きました。

洪水玄武岩の噴火、または広大な地域を溶岩で覆う巨大な火山の噴火です。。

陸と海で一致した8つの大量死はすべて、洪水玄武岩の噴火の時期と一致していました。

これらの噴火はまた、短期間の激しい寒さ、酸性雨、オゾン破壊、放射線の増加など、生命に厳しい条件を作り出したでしょう。

長期的には、噴火は致命的な温室の加熱と、海洋におけるより多くの酸とより少ない酸素につながる可能性があります。

ランピーノ氏は補足します。

「世界的な大量絶滅は、最大の大変動の影響と大規模な火山活動によって引き起こされたようであり、おそらく協調して機能しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » 海洋・陸上生物の大量絶滅は2,700万年の周期で巡っている

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -