30億年前地球全体の地殻が急成長した

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

30億年前地球全体の地殻が急成長した

カーティン大学の研究チームは、グリーンランドの河川堆積物から発見された古代の岩石の結晶をテストし、古代の地殻の一部が、後世の地殻として機能する種子になり得る事を発見しました。さらに、30億年前のマントルの温度がピークに達した時、地球全体の地殻の成長が急増した事を明らかにしました。

The findings not only advance an understanding of the production of the Earth’s crust through deep time, along with its structure and composition, but reveal a planet-wide crustal growth spurt three billion years ago when mantle temperatures peaked.

参照元:https://news.curtin.edu.au/media-releases/new-study-of-earths-crust-shows-global-growth-spurt-three-billion-years-ago/
– カーティン大学 Curtin University. Wednesday 13 January 2021 –

カーティン大学の研究者は、グリーンランドの河川堆積物で見つかった侵食された岩石からの古代の結晶を使用して、地球の古代の地殻の一部が後の世代の地殻が成長する「種子」として機能したという理論をテストすることに成功しました。

この調査結果は、地質の地殻の生成とその構造および組成の理解を深めるだけでなく、30億年前にマントルの温度がピークに達したときに地球全体の地殻の成長が急増したことを明らかにしています。

カーティン大学の鉱物システムグループのタイムスケールの主執筆者であるクリス・カークランド教授は、この研究では、北極圏のグリーンランドの河川堆積物内に保存されている古い結晶の化学を使用して、古代の地殻の一部が後の大陸の成長の種として機能するという考えをテストしたと述べました。

カークランド教授は話します。

「30億年前、マントル温度のピーク時に地殻の生産に広範囲にわたる花が咲いたことがわかりました。マントルからの30億年前のマグマは、さらに古い40億年前の地殻に浸透して、混合組成の岩石を作り出しました。古い地殻は、地球の歴史の後期を通じて地殻を保護するための救命いかだのように機能したため、大陸の生産において重要であるように見えました。グリーンランドでの地殻生産の時代の急上昇は、世界中の他の地域と一致し、私たちの惑星の歴史の比較的早い時期に地殻を形成した重要な広範囲にわたる出来事を示しています。」

カークランド教授は、地殻の生成を理解することで、その構造と組成の理解が向上したと述べました。

カークランド教授は続けます。

「地球の地殻には経済的に価値のある鉱石や鉱物が集中しているが、地表近くの鉱床が枯渇するにつれて、それらを見つけることはますます困難になっています。後の地殻が古い既存の地殻に「播種」されていることを理解することで、特定の金属がホストされている場所の生成についての理解が深まり、最終的には地球の居住可能な部分が説明されます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » 30億年前地球全体の地殻が急成長した

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)