人工心臓弁が大幅アップデート(要テスト)

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

人工心臓弁が大幅アップデート(要テスト)

ブリティッシュコロンビア大学の研究チームが、画期的な設計人工心臓弁の開発を行いました。現況の心臓人工弁と比較して、血流が大幅に改善され、血栓が防止されます。が、実用にはまだテストが必要で、数十年必要であると見込まれています。

“Despite more than 40 years of research, we are still chasing the goal of creating mechanical heart valves that perform consistently and seamlessly inside the human body,” explains Dr. Hadi Mohammadi, an associate professor at the School of Engineering and lead researcher for the HVPL. “The way blood travels through the body is very unique to a person’s physiology, so a ‘one-size fits all’ valve has always been a real challenge.”

参照元:https://news.ok.ubc.ca/2021/01/26/breakthrough-design-at-ubco-vastly-improves-mechanical-heart-valve/
– ブリティッシュコロンビア大学 University of British . January 26, 2021 –

概要:

  • 人工心臓弁が本物のように機能することを可能にする革新的な機械式バイリーフレットを開発
  • バイリーフレットバルブは、一貫した血流を可能にし、流れが一方向であることを保証
  • 初期の設計は、ケロウナ総合病院の心臓胸部外科医ガイ・フラデット博士によってもたらされた
  • 既存のバージョンのバイリーフレットでは、血栓や血液の逆流のリスクがわずかにあった
  • しかし、新人工心臓弁が人間に使用されるまでには数十年かかる
  • バルブの有効性を確認するために追加の実験がまだまだ必要

UBCのオカナガンキャンパスから出てきた新しい研究は、心臓弁の現在の「ゴールドスタンダード」を新しいレベルの信頼性に引き上げる可能性があります。

UBCOの心臓弁パフォーマンスラボ(HVPL)の研究者チームは、弁を通る全体的な血流を改善する方法を開発したため、人工心臓弁の設計は本物により近くなります。

工学部の准教授であり、の主任研究員であるハディ・モハマディ博士は説明します。

「40年以上の研究にもかかわらず、私たちは人体の中で一貫してシームレスに機能する人工心臓弁を作成するという目標を追い求めています。血液が体を通過する方法は人の生理機能に非常に独特であるため、「フリーサイズ」のバルブは常に真の課題でした。」

モハマディ博士は、博士課程の学生であるArpin Bhullar氏とともに、人工心臓弁が本物のように機能することを可能にする革新的な機械式バイリーフレットを開発しました。

バイリーフレットバルブ(ヒンジで回転する2つの半円形のリーフレット)は、一貫した血流を可能にし、流れが一方向であることを保証する機械的なゲートウェイです。

モハマディ博士は話します。

「数十年前に開発され、患者の血流を改善するために定期的に使用されていましたが、人工弁は完璧ではありませんでした。」

既存のバージョンのバイリーフレットでは、血栓や血液の逆流のリスクがわずかにあります。

バイリーフレットのデザインは、患者へのリスクを排除するために血流を維持するために重要です。

モハマディ博士は、デザインに少しひねりを加えることで、問題を解決する方法を見つけたと信じています。

モハマディ博士は話します。

「私たちの調査結果は、その画期的な設計の結果として、私たちの心尖部心臓弁が一貫した流れを維持していることを示しています。具体的には、凝固を軽減する弁の曲率です。」

初期の設計は、ケロウナ総合病院の心臓胸部外科プログラムの責任者であるガイ・フラデット博士によって確認されました。

モハマディ博士は、人工心臓弁が人間に使用されるまでには数十年かかると述べていますが、彼の新しい弁尖形の弁は未来の道であると確信しています。

モハマディ博士は話します。

「私たちが行っている作業の結果、次世代のバイリーフレット人工心臓弁の基盤となる可能性のある弁が設計されました。私たちの研究は、コンピューターシミュレーションとインビトロ研究により、提案されたバルブの性能を評価し、業界のゴールドスタンダードと比較するのに役立ちました。」

Journal of Medical Engineering and Technologyに発表された調査結果は、バルブの有効性を確認するために追加の実験がまだ必要であることを示唆しています。

研究者たちは現在、さらなるテストのために、バルブの3Dプリントされたカーボンとアルミニウムのプロトタイプを開発中です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 技術 » 人工心臓弁が大幅アップデート(要テスト)

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)