世界最高レベルで幸福度が高い地域のお金の話

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

世界最高レベルで幸福度が高い地域のお金の話

マギル大学の研究チームが、人々が捉える主観的な幸福が、お金を介在させる場合とそうでない場合について、どのように評価するかを調査しました。調査は、研究チームが実験地で数か月間滞在し、人々にインタビューするという形で行われました。

The researchers found that in the communities where money was in greater use, such as in urban Bangladesh, residents reported lower levels of happiness.

参照元:https://www.mcgill.ca/newsroom/channels/news/happiness-really-does-come-free-328342
– マギル大学 McGill University. 8FEB2021 –

概要:

  • マギル大学の研究
  • 以下の条件下では、人々は主観的な幸福をどのように評価するのか、を調査
    • お金が最小限の役割しか果たさない
    • 通常は世界的な幸福調査に含まれていない社会
  • 結果、大多数の人々が非常に高いレベルの幸福を報告していることを発見
    • これは特に、収益化のレベルが最も低いコミュニティに該当した
    • 通常世界で最も高い評価を得ているスカンジナビア諸国に見られるものと同等の幸福度を報告をした
  • 収益化が人々の幸福感にどのように影響するかの調査
    • 研究チームは、ソロモン諸島とバングラデシュの2つの非常に低所得の国で、収益化の程度が異なるいくつかの小さな漁業コミュニティで時間を過ごす
    • 地元の翻訳者の助けを借りて、農村部と都市部の両方の市民に何度もインタビューした
    • インタビューは、直接または電話で行われた
    • 内容は以下
      • 気分、ライフスタイル、釣り活動、収入、市場統合のレベルなど
      • 合計で、研究者は20代半ばから50代前半までの、平均年齢が約37歳の678人にインタビューした
  • 結果、収益化の初期段階は幸福に有害である可能性がある
    • バングラデシュの都市部など、お金がより多く使われているコミュニティでは、住民がより低いレベルの幸福を報告していることを発見した

経済成長は、低所得国の人々の幸福を高める確実な方法として規定されることがよくありますが、マギルとバルセロナ自治大学(ICTA-UAB)の環境科学技術研究所が主導した研究は、この仮定に疑問を呈する正当な理由があるかもしれません。

研究者たちは、お金が最小限の役割しか果たさず、通常は世界的な幸福調査に含まれていない社会で、人々が主観的な幸福をどのように評価するかを調べ始めました。

彼らは、大多数の人々が非常に高いレベルの幸福を報告していることを発見しました。

これは特に、収益化のレベルが最も低いコミュニティに当てはまり、市民は、通常世界で最も高い評価を得ているスカンジナビア諸国に見られるものと同等の幸福度を報告しました。

収益化が人々の幸福感にどのように影響するかを調査するために、研究者たちは、ソロモン諸島とバングラデシュの2つの非常に低所得の国で、収益化の程度が異なるいくつかの小さな漁業コミュニティで時間を過ごしました。

数か月の間に、地元の翻訳者の助けを借りて、彼らは農村部と都市部の両方の市民に何度もインタビューを行いました。

面接は、予期せぬ瞬間に直接または電話で行われ、調査対象者の幸福を構成するものについての情報を引き出し、家庭の感覚をつかむように設計されました。

内容は、彼らの通過する気分、彼らのライフスタイル、釣り活動、収入、および市場統合のレベルなどです。

合計で、研究者は20代半ばから50代前半までの、平均年齢が約37歳の678人にインタビューしました。

調査参加者のほぼ85%が男性でした。

調査に参加した男性の数が不均衡だったのは、バングラデシュの文化的規範が女性へのインタビューを困難にしたためです。

ソロモン諸島では、男性と女性からの研究質問への回答に有意差はありませんでした。

しかし、男性と女性の社会的現実やライフスタイルは大きく異なるため、これは必ずしもバングラデシュの状況に当てはまるとは限りません。

さらなる研究では、ジェンダー関連の社会規範がこの研究で見つかった関連性に影響を与えるかどうかに取り組む必要があります。

研究者たちは、バングラデシュの都市部など、お金がより多く使われているコミュニティでは、住民がより低いレベルの幸福を報告していることを発見しました。

マギル大学地球惑星科学部の教授であり、最近PLOSOneに掲載された研究の筆頭著者であるEricGalbraith氏は話します。

「私たちの研究は、高収入や物質的な富とは関係のない幸福を達成するための可能な方法を示唆しています。これらの結果を他の場所で再現し、主観的な幸福に寄与する要因を特定できれば、後発開発途上国での社会的幸福の達成に関連する環境コストの一部を回避するのに役立つ可能性があるため、これは重要です。」

この研究の筆頭著者であり、ポスドク研究員であるサラ・ミニャロ氏は説明します

「収益化の少ないサイトでは、家族や自然との接触に費やす時間の割合が、彼らを幸せにする責任があると報告されていることがわかりました。しかし、収益化が進むにつれ、先進国で一般的に認識されている社会的および経済的要因がより大きな役割を果たしていることがわかりました。全体として、収益化は、特に初期段階では、実際には幸福に悪影響を与える可能性があります。」

興味深いことに、他の研究では、テクノロジーとさまざまなライフスタイルの遠い文化からの情報へのアクセスが、人々が自分の生活を比較する基準を提供することによって、人々の幸福感に影響を与える可能性があることがわかっていますが、これはそうではないようですコミュニティ。

マギル大学ビーラー環境学校のクリス・バリントン・リー教授は補足します。

「この仕事は、幸福への重要な支援は原則として経済的成果に関連していないという認識を高めています。人々が快適で、安全で、強いコミュニティの中で自由に生活を楽しむことができるとき、彼らはお金を稼いでいるかどうかに関係なく、幸せです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 世界最高レベルで幸福度が高い地域のお金の話

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)