若者向け心身健康調査は、彼らの幸福を知るツールの一つになり得る

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

若者向け心身健康調査は、彼らの幸福を知るツールの一つになり得る

リンショーピング大学の研究チームは、スウェーデンの子供や若者の心身健康調査が、若者の幸福を知る手段の一つになっているか調査しました。
これらの調査は、若者の幸福を知るためのツールと見なすことができる事が判明しました。

Since the 1980s, the physical and mental health of Swedish children and young people  has been measured by way of surveys. One of these is the international “Health Behavior in School-aged Children Survey” (HBSC), which is taken by 11-, 13- and 15-year-olds every fourth year during a class in school.

参照元:https://liu.se/en/news-item/halsoenkat-formedlar-budskap-om-hur-man-ska-leva
– リンショーピング大学 Linköping University. 16 February 2021 –

1980年代以降、スウェーデンの子供や若者の心身の健康は調査によって測定されてきました。

その1つが国際的な「学齢期の子どもの健康行動調査」(HBSC)で、11歳、13歳、15歳の子供が4年ごとに学校の授業中に実施します。

リンショーピング大学の研究者であるAnetteWickström氏とKristinZeiler氏は、この調査を調査して、健康調査でどの基準を伝えることができるかを調べたいと考えていました。

結果はジャーナルChildren&Societyに掲載されました。

リンショーピング大学のテーマ研究学部の准教授であるアネット・ウィックストロム氏は話します。

「この調査は、両親の職業と経済状況に関する調査の質問が、あなたがどうあるべきか、何を所有すべきかについての規範を生み出すことを示しています。私たちのインタビューは、一部のティーンエイジャーが現実に従って、または自分自身を守る方法で対応すべきかどうかを自問することも示しています。」

彼は以前に健康に関連する規範と理想を研究しました。

調査は彼らが以前に持っていなかった考えを提起しました。

これらの調査は、若者の幸福を知るためのツールと見なすことができます。

しかし、それらはまた、意味と規範のキャリアとして、より広い意味を与えることができます。

科学技術研究からのこの理論的アプローチは、研究者によって採用されたものです。

3つの学校のクラスで15歳の子供たちに51回のインタビューを行うことで、10代の若者が調査をどのように見ているかについての理解が明らかになりました。

調査結果によると、調査は人々の生き方についてのメッセージを伝えていると感じている人もいます。

自分の部屋を持っていることや、家にあるコンピューターやバスルームの数についての質問の存在そのものが、これらのものを持っているべきだというメッセージとして彼らの何人かによって認識されました。

同様に、彼らは、体重と体に関する調査の質問は、以前は持っていなかった否定的な考えを引き起こす可能性があると述べました。

調査はまた、特に家族の経済状況に関して、彼らに違いを認識させました。

調査によって自分たちがどれほど幸運であるかを実感したと言う人もいれば、貧しく見えることを恐れていると言う人もいました。

成長している研究分野は、社会経済的地位についての人の主観的な考えが、客観的地位よりも健康に影響を与える可能性があることを示しています。

言い換えれば、実際に支払われる金額よりも、収入や社会的地位をどのように認識するかが健康にとって重要です。

アネット氏は話します。

「若者は、調査がステータスの問題を提起すると言います。あなたの社会的ステータスの主観的な理解が実際の状況よりもあなたの健康にもっと意味があることがわかっている場合、このタイプの質問がティーンエイジャーにどのように影響するかを尋ねることができます。」

調査を完了した若者の経験は異なっていました。

調査は楽しく有益であり、あなたがどのように生きるべきかについての「ガイド」であり、新しい目標を設定する動機となったと感じる人もいました。

他の人は、罪悪感、責任感、劣等感を引き起こしたため、調査を完了するのは難しいと述べました。

彼らの何人かは、誰が彼らの気分を良くする責任があるのか疑問に思いました。

彼らは、調査が彼ら自身が彼らの健康に最終的に責任がありそして影響を与える可能性があると仮定したと感じました。

しかし、彼らの見解は、主に、彼らの健康は、死、虐待、家族内の紛争など、彼らの制御の及ばない外的要因に依存しているというものでした。

インタビューはまた、ティーンエイジャーがプライバシーを守って調査を完了するのは難しいことを示しました。

クラスメートが質問票を見るのを恐れて質問票を隠そうとしたとの報告もあれば、質問と回答が教室で公然と議論されたとの報告もありました。

他のインタビュー対象者は、クラスメートと一緒に座っているときに、再訪したくない思い出を思い出すリスクについて話しました。

ある少女は、最初に性交したときの年齢について、「虐待を受けたことがなく、自発的に性交したことがない場合、どのように対応すればよいですか」とコメントしました。

アネット氏は、調査の結果は、調査とアンケートには絶え間ない反省が必要であることを思い出させるものであると説明しています。

アネット氏は続けます。

「一部の調査を中止する必要があると考えるのではなく、新しい調査を作成するときに、新たに見つけた知識を適用する必要があると考えています。調査の設計、配布、質問と事前定義された回答の表現方法、および調査後に学校が心理的サポートを提供できるかどうか。もちろん、そのようなデリケートなトピックに関する質問を含めるべきかどうかについても検討する必要があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 若者向け心身健康調査は、彼らの幸福を知るツールの一つになり得る

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -