高校生の学業モチベーションは、時間経過とともに上昇する

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

高校生の学業モチベーションは、時間経過とともに上昇する

オハイオ州立大学が、2年間で1,600人以上の生徒を追跡した新しい研究で、生徒の学業へのモチベーションはしばしば変化し、高校生のモチベーションは、時間の経過とともに上昇する傾向が有る事などが判明しました。

The study found that motivation was more complex than often assumed. Students often hold multiple types of motivation that drive their academic behavior. For example, some students may be motivated to do well in school by both their intrinsic love of learning, but also the desire to get a good job after graduation.

参照元:https://news.osu.edu/high-school-students-tend-to-get-more-motivated-over-time/
– オハイオ州立大学 Ohio State University. Mar 01, 2021 –

親は、もし高校生が授業でうまくやる気を出していなければ、それを変えるものは何もないのではないかと心配するかもしれません。

しかし、2年間で1,600人以上の生徒を追跡した新しい研究では、生徒の学業へのモチベーションはしばしば変化したことがわかりました。

結果は、学校での「帰属意識」を高めることが、学業意欲を高めるための重要な方法の一つであることを示しています。

私たちの結果は、モチベーションのレベルが低い生徒が、時間の経過とともに、より良いモチベーション特性を持つより適応的なプロファイルに向かってシフトする傾向があるという、より希望に満ちた絵を指し示しています。

研究では、モチベーションはしばしば想定されるよりも複雑であることがわかりました。

学生は多くの場合、学業行動の原動力となる複数のタイプのモチベーションを保持しています。

例えば、学生の中には、学習に対する内在的な愛情だけでなく、卒業後に良い仕事に就きたいという願望によって、学校でうまくやっていきたいという動機付けを持っている人もいます。

結果は、6つの異なるプロファイルに学生を配置した最悪の状態から、動機付けされました。

すべてでやる気にされていなかった人

学生が必要としない外部からの影響を受けずに、学ぶために内側の欲求を持っていたことを意味する最高の、自律的に動機づけられました。

研究は、教育心理学のジャーナルで発表されました。

研究は、研究が始まったときに9から11までの学年であった中央と北東オハイオ州の11の公立高校で1,670人の学生を巻き込みました。

生徒は、2 年連続でモチベーションを評価する調査を完了しました。

モチベーションは、これらのようなステートメントは、それらを説明するどのくらいの生徒を求めることによって測定されました。

「私は新しいことを学びながら喜びと満足感を経験するために学校に通っている」、
「私は後に高給取りの仕事を見つけるために少なくとも高校の卒業証書が必要だから学校に通っている」
というような記述がどの程度記述されているかを尋ねることによって測定されました。

学校への帰属意識は、1年目の調査で測定されました。

“私はこの学校の本当の一部のように感じています。”

6つのモチベーションプロファイルのうち、研究者はそのうちの2つを不適応、2つを適応、2つを中間と考えた。

不適応的なプロファイルは、全くやる気がなかったり、強制されたために学校に行くことしかやる気がなかったりする生徒を特徴づけた。

オハイオ州立大学のデジタル学習のための研究所を率いる謝氏は話します。

「これらの生徒たちは、学校について彼らを興奮させるためのより良い方法を見つけることができなければ、中退するリスクが最も高い生徒たちです。」

最も適応性の高い2つのプロファイルには、学習への愛によって完全に動機づけられた学生、または学習への愛を良い大学に入りたいという願望などの外部動機と組み合わせた学生が含まれていました。

多くの学生は、研究の1年目と2年目の間にプロファイルを変更した、と謝氏は述べています。

どのプロファイルから始めたかによって、40%から77%の学生が変更しました。

学生はすべてのプロファイルを変更したが、ほとんどの場合、隣接するプロファイルのいずれかに変更した。

学生のモチベーションには全体的に肯定的な変化があった、と結果は示しています。

例えば、1年目には8%の学生が最も適応的なプロファイル(自律的に動機づけられている)にいましたが、2年目には11.4%に増加しました。

最も適応性の低いプロファイルである「自律的にやる気がある」は、1年目には2.8%であったが、2年目には2.1%に減少しました。

研究の他の良いニュースは、最も適応的な動機プロファイルは、1 年目と 2 年目の間のメンバーシップとして最も安定している傾向がありました。

謝氏は話します。

「つまり、もし私たちが学生のモチベーションを上げるためのより良い方法を見つけることができれば、もし私たちがより良いプロファイルで彼らを得ることができれば、彼らはそこに留まる傾向があるということです。」

では、なぜ学生はモチベーションの面で良い方向に動く傾向があったのでしょうか?

謝氏は話します。

「一つの理由は、単純に彼らが1歳年上で、より発達的に成熟しているからかもしれません。」

しかし、この研究では他にも2つの要因が発見されており、それがモチベーションの向上に影響を与えています。

一つは、驚くことではありませんが、それまでの成績でした。最初の年に成績平均点が高かった生徒は、研究の2年目には、より高いレベルの学業意欲を特徴とするプロファイルに移行するか、または残っている可能性が高くなりました。

もう一つの要因は学校への帰属意識であり、1年目に学校の一員であると感じた生徒は、2年目にはより順応性の高いプロファイルに移行したり、そのプロファイルにとどまったりする可能性が高くなっていました。

謝氏は話します。

「これは、生徒がより意欲的になるのを助けることができる分野の一つかもしれません。所属性は学校が変えることができるものです。学校は、生徒が自分たちが学校のコミュニティの一員であると感じられるようにする方法を見つけることができます。」

これらの結果は、謝氏らによる同様の研究の結果を裏付けるもので、2020年にジャーナル「Contemporary Educational Psychology」に発表されたものです。

以前の研究では10,527人の生徒を対象としていたため、この小さなサンプルサイズでは見られなかった、より珍しいプロファイルを特定することができた、と謝氏は話しました。

謝氏は続けます。

「全体的に見ると、どちらの研究も、退学や成績不振のリスクが最も高い生徒を特定するために、学校は生徒のモチベーションを定期的に評価すべきであることを示唆しています。そうすれば、学校は生徒のモチベーションのプロファイルに基づいて、生徒を対象とした個別化された介入プログラムを作成することができます。」

最も重要なことは、生徒のモチベーションに関する定期的な評価計画があれば、学校は生徒が学業活動から離脱したり、退学したりする前に介入策を実施することができるということです。

謝氏は話します。

「介入をデザインする際には、生徒をより適応性の高いプロファイルに徐々に移行させることを考えるべきです。特定のプロファイルに合わせて動機づけ戦略を調整する必要があります。すべてのグループに効く普遍的な戦略はありません。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 高校生の学業モチベーションは、時間経過とともに上昇する

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -