空気中の音を使用して粒子や液体を正確に誘導する

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

空気中の音を使用して粒子や液体を正確に誘導する

バース大学の研究チームは、空気中の音の力を利用して、微細な粒子や液滴を正確なパターンに誘導する方法を開発しました。
研究者は、この研究が印刷に革命をもたらし、空気中の非接触パターニング技術の速度、コスト、精度を向上させることに期待しています。

Researchers have developed a way to coax microscopic particles and droplets into precise patterns by harnessing the power of sound in air. The implications for printing, especially in the fields of medicine and electronics, are far-reaching.

参照元:https://www.bath.ac.uk/announcements/lifes-rich-pattern-researchers-use-sound-to-shape-the-future-of-printing/
– バース大学 University of Bath.  Thursday 4 March 2021 –

英国の研究者は、空気中の音の力を利用して、微細な粒子や液滴を正確なパターンに誘導する方法を開発しました。

特に医学と電子工学の分野での印刷への影響は広範囲に及んでいます。

バース大学とブリストル大学の科学者は、コンピューター制御の超音波を使用して、エアロゾルの液滴または粒子から表面に正確で事前に決定されたパターンを作成できることを示しました。

「ソノリソグラフィー」と呼ばれる技術を説明する論文がAdvancedMaterialsTechnologiesに掲載されました。

バース大学のコンピュータサイエンス学部のMikeFraser教授は説明します。

「超音波の力は、小さな粒子を浮揚させることがすでに示されています。空気中の物質の密な雲をパターン化することで、アプリケーションの範囲を大幅に拡大できたこと、大規模で、材料がどのように形に落ち着くかをアルゴリズムで制御できることに興奮しています。」

研究者たちは、彼らの研究が印刷に革命をもたらし、空気中の非接触パターニング技術の速度、コスト、精度を向上させることができると信じています。

彼らの研究は、バイオファブリケーションのためのソノリソグラフィーの可能性をすでに示しています。

ブリストル大学の細胞分子医学部の研究員であり、記事の筆頭著者であるJenna Shapiro博士は話します。

「細胞と材料の定義された構造を構築するためのバイオファブリケーション手法。バイオファブリケーションツールボックスに新しい技術を追加しています。」

ブリストルの機械工学科の超音波教授であるブルース・ドリンクウォーター教授は話します。

「薬物送達や創傷治癒などの用途で、前代未聞の精度でエアロゾルスプレーを誘導します。」

チームは、生物医学への応用を超えて、この技術がさまざまな材料に適用できることを示しました。

プリンテッドエレクトロニクスは、チームが開発に熱心なもう1つの分野であり、導電性インクを回路やコンポーネントに配置するためにソノリソグラフィーが使用されています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 技術 » 空気中の音を使用して粒子や液体を正確に誘導する