「成年後の大麻の使用リスク」が高いうつ病や神経的性格

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

「成年後の大麻の使用リスク」が高いうつ病や神経的性格

ブラウン大学とエモリー大学の研究者チームは、思春期初期の行動や特性から、成年後の大麻の使用のリスクがあるか調査しました。
うつ病、神経症的性格、行動など、思春期の初期の行動や特性は、後年の大麻の使用を示している可能性があります。

“Our analysis suggests that some early adolescent behaviors and traits — like depression, neuroticism and acting out — can be indicative for cannabis use later in life,” says Rohan Palmer, senior author of the paper and assistant professor in Emory’s Department of Psychology, where he heads the Behavioral Genetics of Addiction Laboratory. 

参照元:http://esciencecommons.blogspot.com/2021/03/heritable-traits-that-appear-in-teen.html
– エモリーヘルスサイエンス Emory Health Sciences. Sunday, March 21, 2021 –

概要:

  • ブラウン大学とエモリー大学の研究者による調査
    • 思春期初期の行動や特性から、成年後の大麻の使用のリスクがあるか調査
    • 結果:うつ病、神経症的性格、行動など、思春期の初期の行動や特性は、後年の大麻の使用を示している可能性がある
  • Tips:
    • 伝染性責任指数は、物質使用障害のリスクに関連する発達期に現れる可能性のある一連の遺伝形質の尺度
    • 米国国立薬物乱用研究所(NIDA)の報告
      • 2018年には、調査対象の高校生の35%以上が、過去1年間にマリファナを使用したと報告
      • 20%以上が過去1か月間に使用したと報告
      • 多くの州で成人の娯楽目的でのマリファナの合法化を含む文化的規範が変化するにつれて、マリファナ使用のリスクに対する10代の若者の認識は低下
  • 調査:
    • 青年期の健康に関する全国縦断研究、またはAdd Healthからのデータ
    • 成人期まで追跡された米国の7年生から12年生の2万人の青年の全国的な代表サンプル
    • 薬物使用、性格、遺伝学など、健康と健康関連の行動についてを収集
    • ヨーロッパ系の約5,000人の個人の大規模で均質なサブグループを特定
    • 既存のゲノムワイド関連研究を活用
      • 青年期に認められた特定の遺伝的行動特性が伝達可能責任指数に関連しているかどうか
      • およびこれらの特性のいずれかが後の大麻使用のリスクにも関連しているかどうか
  • 結果:
    • 成人期に大麻を繰り返し使用するリスクのごく一部が、青年期に現れる可能性のある神経症的性格、リスク耐性、うつ病の遺伝的影響に起因する可能性がある

一部の若者はマリファナを試します。

長期間使用しませんが、他の若者は、成人期まで続く問題のあるポットの習慣を発達させます。

主要な新しい分析によると、成人のマリファナ使用者に成長するリスクの少なくとも一部は、青年期に現れる遺伝性の行動や特性に関連している可能性があります。

ジャーナルアディクションは、ブラウン大学とエモリー大学の研究者による調査結果を発表しました。

論文の上級著者であり、エモリー心理学部の助教授であるRohanPalmer氏は話します。

「私たちの分析によると、うつ病、神経症的性格、行動など、思春期の初期の行動や特性は、後年の大麻の使用を示している可能性があります。」

Palmer氏は中毒研究所の行動遺伝学を率いています。

ブラウン大学のアルパート医科大学の精神医学および人間行動学部の主執筆者兼助教授であるレスリーブリック氏は補足します。

「何十年にもわたる研究により、行動には遺伝的要素が含まれる可能性があることが示されています。そして、あなたが長期の大麻使用者になるかどうかを決定する遺伝的影響を受けた形質は1つではありませんが、私たちの論文は、リスクが高まる傾向を示す複数の遺伝的行動と形質にポリジーン効果があることを示しています。」

Palmer氏との長年の協力者であるブリック氏は、エモリーの心理学部で非常勤教授の任命も行っています。

伝染性責任指数は、物質使用障害のリスクに関連する発達期に現れる可能性のある一連の遺伝形質のよく知られた尺度です。

現在の論文では、研究者たちは、これらの遺伝的特徴のどれが、後年のマリファナの繰り返し使用に関連しているのかを明らかにしたいと考えていました。

Palmer氏は話します。

「大麻の使用は、タバコやアルコールほど研究されていません。一つには、大麻は違法な物質であるため、人々に詳細な質問票に正直に答えさせるのは難しい。また、大麻の消費量を標準化することは、タバコや酒に比べてはるかに難しい。」

しかし、大麻の使用は青年と若年成人の間で広まっています。

米国国立薬物乱用研究所(NIDA)によると、2018年には、調査対象の高校生の35%以上が、過去1年間にマリファナを使用したと報告し、20%以上が過去1か月間に使用したと報告しました。

多くの州で成人の娯楽目的でのマリファナの合法化を含む文化的規範が変化するにつれて、マリファナ使用のリスクに対する10代の若者の認識は低下しました。

ただし、これらのリスクは現実のものです。

ブリック氏は話します。

「青年期は脳の発達の主要な時期です。実際、私たちの脳は私たちが約25歳になるまで発達を停止しません。研究によると、大麻は私たちの生物学に大きな影響を及ぼしますが、その完全な効果はまだよく理解されていません。」

研究者らは、青年期の健康に関する全国縦断研究、またはAdd Healthからデータを引き出しました。

これには、成人期まで追跡された米国の7年生から12年生の2万人の青年の全国的な代表サンプルが含まれています。

青年期初期から成人期までの包括的なデータが、薬物使用、性格、遺伝学など、健康と健康関連の行動について収集されました。

現在の論文では、研究者は、Add Health研究から、最終的な分析サンプルとして、ヨーロッパ系の約5,000人の個人の大規模で均質なサブグループを特定しました。

次に、既存のゲノムワイド関連研究を活用して、青年期に認められた特定の遺伝的行動特性が伝達可能責任指数に関連しているかどうか、およびこれらの特性のいずれかが後の大麻使用のリスクにも関連しているかどうかを調べました。

結果は、成人期に大麻を繰り返し使用するリスクのごく一部が、青年期に現れる可能性のある神経症的性格、リスク耐性、うつ病の遺伝的影響に起因する可能性があることを示しました。

パーマー氏は話します。

「この研究は、大麻使用のリスクを高める可能性のある遺伝的要因を特定する上で重要なステップを示していますが、リスクを高める要因のかなりの部分は説明されていないままです。既存のデータを使用して、ポリジーンリスクスコアの有用性を評価する方法を示しました。大麻の長期にわたる問題のある使用のリスクについて、固有の遺伝的およびその他の環境源を特定し続けるには、さらなる研究が必要です。」

ブリック氏は話します。

「どのような行動や特徴が誰かに大麻を長期間使用する素因を与える可能性があるかをよりよく理解することで、最もリスクの高い人を特定するためのより良いショットが得られるので、効果的な介入に取り掛かることができます。」

現在の研究の主な制限は、ゲノムワイド分析に十分な大きさのサンプルサイズが他の祖先グループに利用できなかったため、ヨーロッパの祖先の個人に焦点を合わせたことであると研究者は付け加えています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「成年後の大麻の使用リスク」が高いうつ病や神経的性格

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事