「自己解決能力が低い」食物の視嗅刺激で食衝動を抑えられない子供たち

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「自己解決能力が低い」食物の視嗅刺激で食衝動を抑えられない子供たち

食事のスピードが遅い子どもは、外向的で衝動的な性格になりにくいようです。

Children who eat slower are less likely to be extroverted and impulsive, according to a new study co-led by the University at Buffalo and Children’s Hospital of Philadelphia.

参照元:http://www.buffalo.edu/news/releases/2021/07/005.html
– バッファロー大学 University at Buffalo.  July 7, 2021 –

米国バッファロー大学とフィラデルフィア小児病院が共同で行った研究によると、食事のスピードが遅い子どもは、外向的で衝動的な性格になりにくいことがわかった。

また、幼児期の気質と食行動の関係を明らかにしようとした研究では、外部からの食べ物の合図(食べ物を見たり、嗅いだり、味わったりすると食べたくなること)に強く反応する子供は、欲求不満や不快感を感じやすく、自己解決が困難であることがわかりました。

共同執筆者でUB教育大学院のカウンセリング・学校・教育心理学の教授であるMyles Faith博士は話します。

「食べるのが早いことや食べ物の合図に対する反応が大きいことは、子どもの肥満リスクと関連しているため、これらの知見は非常に重要です。」

6月にPediatric Obesity誌に掲載された本研究は、Faithが共同で行った研究で、さらなる調査が必要とされていた気質を、小児肥満の研究や治療に取り入れることを支持するものです。

共同研究者のロバート・バーコウィッツ博士(ペンシルバニア大学名誉教授、フィラデルフィア小児病院体重・摂食障害研究プログラムディレクター)は話します。

「気質は、子どもの発達や行動に多くの影響を与えますが、小児肥満との関係を調べた研究はほとんどありません。」

共同研究者のアリッサ・バトンは、UB教育大学院の博士課程に在籍しており、筆頭著者となっています。

研究者らは、肥満のある、または肥満のリスクがある4~8歳の子どもの食べる速度を減らすための家族介入プログラムを始めた28人を対象に調査を行いました。

本研究では、3つの食行動と気質の3つの側面との関連を調べました。

食行動には、満腹感への反応(内的食合図)、食べ物を見たり、嗅いだり、味わったりすることへの反応(外的食合図)、食べる速度が含まれていました。

気質は、外向性と衝動性(緊急性とも呼ばれる)、自制心、怒りや恐怖、悲しみなどの負の感情を自分で和らげることができないことなどで構成されていました。

その結果、満腹感への反応が良い子どもほど、自制心が強いことがわかりました。

子どもの気質や食行動に親がどのような役割を果たしているかについては、さらなる研究が必要ですとButton氏は言います。

Button氏は続けます。

「親は、気性の荒い子どもをなだめたり、ネガティブな感情を和らげたりするために、食べ物を利用することがあります。今後の研究では、子どもの気質に応じた親の食事の与え方の違いを調べるとともに、気質と食行動の関係が双方向のものであるかどうかを探る必要があります。ゆっくり食べる習慣が、時間をかけて衝動性の低下につながるのではないでしょうか?」

Faith氏は話します。

「今回の研究では、子どもの気質と食事パターンの関係が明らかになりました。しかし、鶏と卵、どちらが先かという疑問が残っています。このような発達経路を解明するためには、家族を長期的に追跡する研究が必要です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「自己解決能力が低い」食物の視嗅刺激で食衝動を抑えられない子供たち

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -