自分が属するタイプに合う「衝動買いを防ぐ方法」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

自分が属するタイプに合う「衝動買いを防ぐ方法」

衝動買いをしてしまうのを避けるには、自分のタイプを知ることが第一歩のようです。

It depends on what type of person you are: a pleasure-seeker or a person who focuses on security.

参照元:https://www.uni-wuerzburg.de/en/news-and-events/news/detail/news/kauf-ich-oder-kauf-ich-nicht-1/
– ヴュルツブルク大学 University of Würzburg. 07/08/2021 –

あなたは、よく自分に言い聞かせているのではないでしょうか。

「今回は必要なものだけを買おう」と。

でも、結局はリストに載っていないものを買って帰ってしまう。

そんな衝動買いを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

ドイツのバイエルン州にあるユリウス・マクシミリアン大学(JMU)ヴュルツブルク校の心理学II講座の研究チームは、この疑問に答えを出しました。

心理学者のアナンド・クリシュナ博士は、答えはそれほど単純ではないと言います。

それは、あなたがどのようなタイプの人間なのか、つまり、快楽を求める人間なのか、安全性を重視する人間なのか、ということによるようです。

アナンド・クリシュナ博士は、JMUの同僚であるソフィア・リード氏とマリー・メイクスナー氏とともに、その結果をオープンアクセスジャーナル「PLOS ONE」に発表しました。

時には、純粋な好奇心から自発的に購入することがあります。

例えば、今まで食べたことのないおやつがある。

あるいは、自分に何かご褒美をあげたい。

それは、チョコレートバーかもしれないし、リビングルームのためのかわいい装飾品かもしれないし、素敵なジーンズかもしれない。

思いつきで買ったものだから、すごく嬉しいこともあります。

しかし、時には罪悪感に苛まれることもあります。

ただでさえお金に困っているのに。

しかし、多くの人は、チョコレートバーに手を伸ばしたいという衝動を抑えることができます。

しかし、多くの人がチョコレートバーに手を伸ばしたくなる衝動を抑えることができます。

それは、リスクに特に敏感な状況に置かれているときです。

クリシュナ博士は、特定のお客さまに衝動買いの傾向があるとは言い切れないと強調します。

しかし、これまでの研究結果は、衝動買いから身を守りたい人がどのように行動すべきかを考える手がかりになるそうです。

JMUの心理学者によると、快楽主義者はもともと自発的に行動する人だそうです。

体調が良く、楽しみたいと思っている人は、さらなる喜びを約束してくれる商品に自発的に手を伸ばします。

一方で、比較的小さな衝動であれば、自発的な購入を止めることができるのもこの人たちの特徴です。

クリシュナ氏は話します。

「例えば、財布の中に『ストップ!』と書いた小さなメモを入れておくなどです。」

また、セキュリティを重視する人たちもいます。

彼らにとっては、財布の中の注意書きだけでは役に立ちません。

セキュリティ重視の人には時間が必要です。

また、一般的には、衝動買いも彼らにはすぐにはできません。

「これは本当に見た目通りの味なのか?」 高級チョコレートを見ても、そんなことを考えてしまいます。

また、おやつに対して「ダメ!」と言うには時間が必要です。

お店を歩くときに、「本日の衝動買いはご遠慮ください」と書かれた紙をよく見ると、より効果的だそうです。

この研究結果は興味深いものです。

というのも、セキュリティを重視する人は、一般的に衝動買いを避ける傾向があるのではないかと考えられるからです。

しかし、実際にはそうではありません。

セキュリティ志向の人は、一般的に衝動買いを避ける傾向があると思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

大きな違いは、最終的に何をするにしても、行動するまでの認知的な時間が少し長くなることです。

この結果は、約250人の被験者を対象とした実験室での研究から得られたものです。

2つの実験が行われました。

この結果は、マーケティングにとって興味深いものであると同時に、消費者保護にとっても興味深いものです。

クリシュナ氏は話します。

「後者については、衝動買いが多くの人にとって問題のある望ましくない行動である可能性があるからです。」

そのためには、人には2つのタイプがあること、認知プロセスの違いによって衝動買いを防ぐ方法が異なること、そして何よりも現在の状況が大きな役割を果たしていることを知ることが重要です。

喜びを求める人は、「新しいジーンズというご褒美を素直に手に入れた」と考え、心理学でいうところの「プロモーション・フォーカス」にしたがって、自発的に購入します。

JMUの研究者は説明します。

「例えば、直前にアイスクリームを食べていたとすると、とにかく報酬と快楽に注意を払い、さらに快楽を得るためにチャンスを利用します。」

しかし、快楽を求める人が、銀行での会話を終えたばかりの場合は状況が異なります。

基本的には快楽を求めているにもかかわらず、お金を使いすぎた場合のリスクが頭の中に浮かんでいるのです。

衝動を抑えて、素晴らしいジーンズの前を通り過ぎます。

ある日、あるお客様が喜んで購入した商品が、別の日には置き去りにされます。

これは、ビュルツブルクの心理学部門の結果が示唆していることです。

そしてこれは、商品の見せ方とは関係ありません。なぜなら、お客様がお店に入るときの感情的な状態に依存しているようだからです。

時間的なプレッシャーの中で行動しなければならないときに、セキュリティ志向のお客様がどのような行動をとるのかという疑問はまだ残っています。

例えば、チョコレート・バーを買いたくないのは、そのチョコレート・バーを買うためには時間が必要だからです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 自分が属するタイプに合う「衝動買いを防ぐ方法」

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -