「世界中の全ての人が一定の生活水準で暮らす」ためのエネルギー量

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「世界中の全ての人が一定の生活水準で暮らす」ためのエネルギー量

研究者たちは、世界中のヒトが一定の生活水準で暮らすにはどれくらいのエネルギーが必要かどうか試算しました。
世界中のヒトが一定の生活水準で暮らすにはエネルギー供給量の増加が必要のようです。

IIASA researchers have assessed how much energy is needed to provide the global poor with a decent life and have found that this can be reconciled with efforts to meet climate targets.

参照元:https://iiasa.ac.at/web/home/about/210902-energy-for-decent-living-standards_.html
– 国際応用システム分析研究所 International Institute for Applied Systems Analysis. 02 September 2021 –

多くの人々にとって、生活水準を向上させるためには、エネルギー供給量の増加が必要です。

一方で、パリ協定に基づく現在の気候目標を達成するためには、エネルギー使用量を減らすことが有効です。

IIASAの研究者たちは、世界の貧困層がまともな生活を送るためにはどのくらいのエネルギーが必要なのかを評価し、気候目標の達成に向けた努力と両立できることを明らかにしました。

世界中で貧困を撲滅し、ディーセント・リビング・スタンダード(DLS)を実現するためには、十分なエネルギーを確保することが重要な条件となります。

国連の「持続可能な開発目標」のような国際的な約束にもかかわらず、多くの地域でDLS達成の進捗は遅れています。

また、エネルギーアクセスを向上させることで、二酸化炭素の排出量が増加し、気候変動の緩和という目標に支障をきたすことが懸念されています。

今回、IIASAの研究者たちは、Environmental Research Letters誌に掲載された新しい研究で、貧困に対する多次元的なアプローチを用いて、DLSに関する包括的なグローバル調査を行いました。

研究者たちは、地域ごとにDLSのギャップを特定し、そのギャップを埋めるためにどれだけのエネルギーが必要かを推定しました。

また、すべての人にきちんとした生活を提供することが、気候変動の目標と両立するかどうかも評価しました。

貧困に関する研究では、貧困のしきい値を定義する際に、所得に基づいた定義(1日1.90ドルまたは1日5.50ドル)を用いることが多いですが、これでは人間の幸福に直接的に貢献している要因が他にあることが見えなくなってしまいます。

一方、DLS は、適切な住居、栄養、清潔な水、衛生設備、調理用コンロ、冷蔵設備、交通や通信技術を介して物理的にも社会的にもつながることができるなど、ウェルビーイングに必要なサービスを提供するための一連の物質的な前提条件を表しています。

また、これらの基本的なサービスを提供するために必要な資源を算出することができます。

DLSに最も大きなギャップがあるのはサハラ以南のアフリカで、人口の60%以上がDLS指標の少なくとも半分を欠いていることがわかりました。

また、南太平洋アジアでは、衛生設備と水へのアクセス、清潔な調理へのアクセス、熱的な快適さなどの指標において、DLSの格差が大きく、その他の地域では格差が中程度であることが確認されました。

今回の調査で最も印象的だったのは、DLSによって基本的ニーズを満たされていない人々の数は、一般的に極度の貧困状態にある人々の数をはるかに超えているということです。

つまり、現在の貧困基準では、まともな生活を送ることができない場合が多いということです。

DLSの構成要素のうち、エネルギーへの投資を最も必要とするものは何かを調べたところ、シェルターと輸送が最も大きな割合を占めることがわかりました。

この研究の主執筆者であり、IIASAエネルギー・気候・環境プログラムの研究員であるJarmo Kikstra氏は話します。

「世界の人口の大部分は、現在、適切なレベルの自動車による移動手段を持っていません。各国政府にとって重要な政策的教訓は、公共交通機関に投資して、一人当たりのエネルギー使用量が多い乗用車の使用を減らすことで、大きな効果が得られるということです。」

2015年から2040年の間に、すべての人にDLSを提供するために新たに住宅、道路、その他の資材を建設するために世界で必要となる先行エネルギーは、年間約12エクサジュールです。

これは、年間400エクサジュールを超える現在の最終エネルギー総使用量のほんの一部に過ぎません。

この増加したサービスを運用するための年間エネルギーの増加は、維持費を含めてもっと大きく、最終的には約68エクサジュールの増加です。

一部の国では、この目標を達成するためには、開発をしっかりと変える必要がありますが、これは特に「南半球」では難しいでしょう。

Kikstra氏は話します。

「ほとんどの国、特にアフリカの多くの貧困国では、今世紀半ばまでにDLSを達成するためには、エネルギー使用量のかつてないほどの増加と、より公平に分配された成長が不可欠です。したがって、政策立案者にとっての最大の課題は、現在はまだ手の届かないエネルギーアクセスの世界的な公平な配分を達成することです。」

本研究によると、全世界のディーセントリビングに必要なエネルギー量は、気温上昇を1.5℃以下に抑えるほとんどの将来パスウェイで予測される最終エネルギー需要の半分以下です。

この比率は、気候変動の緩和シナリオや地域によって変化するものの、DLSに必要なエネルギー需要は、世界の大きな地域レベルで予測されるエネルギー需要を常に大きく下回っています。

研究著者のアレッシオ・マストルッチ氏は話します。。

「世界中できちんとした生活環境を実現するためには、エネルギー総量に余裕があるため、エネルギーアクセスを基本的なサービスに限定する必要はないと思われます。予想外だったのは、非常に野心的な貧困撲滅・気候変動緩和シナリオの下でも、豊かさのために利用できるエネルギーが非常に多いことでした。」

研究著者のJihoon Min氏はまとめます。

「今回の結果は、地球規模で見れば、貧困撲滅のためのエネルギーは、気候変動の緩和を脅かすものではないという見解を支持するものです。しかし、すべての人にきちんとした生活を提供するためには、世界全体でエネルギーの再分配を行い、多くの貧困国で最終的なエネルギーをかつてないほどに増加させる必要があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「世界中の全ての人が一定の生活水準で暮らす」ためのエネルギー量