専門家がするのは、より良いアドバイスではなく「より多いアドバイス」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

専門家がするのは、より良いアドバイスではなく「より多いアドバイス」

名選手名コーチにあらずは本当なのでしょうか?科学者たちは、「専門家からのアドバイス」を調査しました。

New research finds that people given advice by top performers thought that it helped them more, even though it usually didn’t.

参照元:https://www.psychologicalscience.org/news/july-2022-expert-performance.html
– 米国心理科学学会 Association for Psychological Science. July 15, 2022 –


新しい研究によると、トップパフォーマーからアドバイスを受けた人は、通常はそうでないにもかかわらず、その方が自分のためになると考えていることがわかりました。

何かを達成するためにアドバイスが欲しいとき、その分野のトップパフォーマーと、ぎりぎりのところで頑張っている人、どちらにお願いしたいですか?

ほとんどの人は、トップ・パフォーマーを選ぶでしょう。

しかし、その人のアドバイスが役に立つとは限りません。

最近のPsychological Science誌の論文の主執筆者であるDavid Levari氏(ハーバードビジネススクール)は話します。

Levari氏:巧みなパフォーマンスと巧みな教え方は必ずしも同じではありませんから、最高のパフォーマーが必ずしも最高の教師でもあるとは期待しないほうがいいでしょう。

Levari氏と共著者のダニエル・T・ギルバート氏(ハーバード大学)、ティモシー・D・ウィルソン氏(バージニア大学)は、4つの研究を通じて、少なくともいくつかの領域では、トップパフォーマーが他のパフォーマーよりも良いアドバイスをすることはないことを発見しました。

むしろ、より多くのアドバイスをしているのです。

Levari氏:人は、量を質と勘違いしているようだ。我々の研究は、少なくともいくつかの場合において、人々はトップパフォーマーからの助言を過大評価する可能性があることを示唆しています。

最初の研究で、レヴァリ氏と同僚は、人々がアドバイザーのパフォーマンスが、そのアドバイスの質の確かな指標であると信じているかどうかを調べることにしました。

Amazon Mechanical Turkで調達した1,100人以上の参加者に、Word Scrambleというゲームを行い、それに関する質問に答えると告げました。

参加者は、文字の書かれたボードを見せられ、60秒間でできるだけ多くの単語を作るよう指示されました。

参加者は3ラウンドをプレイし、毎回異なる文字のボードでプレイしました。

その後、参加者に、どのアドバイザーからアドバイスを受けるとタスクがうまくできるかを選んでもらいました。

参加者は、質問の仕方(自由選択式、強制選択式など)にかかわらず、一番上手な人を強く好むことがわかりました。

2つ目の研究では、研究者は、ベストパフォーマーが本当にベストなアドバイスをしているのかを調査しました。

100人の「アドバイザー」にワードスクランブルを6回プレイしてもらい、将来のプレイヤーへのアドバイスを書き、自分のアドバイスの質を評価してもらいました。

その結果、最高のパフォーマンスをした人は、自分が最高のアドバイスをしていると信じていました。

同じ研究で、別の2,085人の参加者は、アドバイスのある条件とない条件のいずれかにランダムに割り当てられました。

アドバイス条件では、ワードスクランブルを1ラウンド行った後、ランダムなアドバイザーから指示を受け、さらに5ラウンドを行った。アドバイスなし条件の参加者は、フィードバックなしで6ラウンドをプレイしました。

アドバイスを受けた参加者は、アドバイスを受けた後に成績が向上し、その後ラウンドを重ねるごとに成績が向上する傾向がありました。

しかし、ベストパフォーマーからのアドバイスは、他のパフォーマーからのアドバイスに比べ、平均してそれほど役に立ちませんでした。

研究者たちは、ダーツでも同様の研究を行い、同様のパターンの結果を示しました。

Levari氏:私たちの実験では、トップパフォーマーからアドバイスを受けた人は、通常はそうでないにもかかわらず、より役立つと思ったのです。驚くべきことに、彼らはアドバイスを書いた人について何も知らないにもかかわらず、このように考えたのです。

研究者たちは、なぜ成績のよい人からのアドバイスがよく見えるのかを理解するために、さらに2つの調査を行いました。

研究の目的と仮説を知らない2人の学部生研究助手が、権威性、行動性、明確性、明白性、提案の数、「すべき」提案、「すべきでない」提案という7つの性質についてアドバイスをコーディングしました。

各特性は、役に立つと感じるか、改善されると感じるかで分析されました。

アドバイスの有用性と改善性の両方を一貫して予測したのは、1つの特性(提案の数)だけでした。

しかし、提案の数とアドバイスの有効性との間には相関関係はありませんでした。

トップパフォーマーは、より役に立つアドバイスを書くわけではありませんが、より多くのアドバイスを書きました。

では、なぜアドバイスが役に立たなかったのでしょうか?
Levari氏と同僚たちは、いくつかのアイデアを考えています。

第一に、熟練した演奏家は、「生まれつきの才能と豊富な練習量によって、意識的に考える必要がなくなった」ために、基本的なアドバイスを見過ごしてしまうことがあります。

子供の頃から毎日野球をやっている天性のスラッガーは、バランスや握り方など、まったく直感的に分かることを新人に教えようとは思わないかもしれない」と彼らは書いています。

第二に、トップパフォーマーはコミュニケーションに長けているとは限りません。

「優れたパフォーマーは、共有すべき明確な情報を持っていても、それを共有するのが特に上手ではないかもしれない」と研究者は書いています。

最後に、大量のアドバイスは、現実的に実行可能な範囲を超える可能性があります。

Levari氏:私たちは、同僚やコーチ、先生や家庭教師、友人や家族など、良いアドバイスを求めて多くの時間とお金を費やしています。次にアドバイスをもらうときは、そのアドバイスの量について考えるのではなく、そのアドバイスの中で実際に使えるものがどれだけあるかを考えたほうがいいかもしれません。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 専門家がするのは、より良いアドバイスではなく「より多いアドバイス」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)