母親から愛と共感を得た幼児は他者に寛大

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

母親から愛と共感を得た幼児は他者に寛大

贈り物をすると、受け取った相手も嬉しいですが、なんと送ったこちら側にも嬉しい効果がある事がわかりました。お歳暮やお中元など、贈り物をしあう文化に溢れている日本国。その裏にはカリフォルニアの研究のような、科学的に見てもポジティブな効果がいっぱいでした。

In lab studies, children tested at ages 4 and 6 showed more willingness to give up the tokens they had earned to fictional children in need when two conditions were present — if they showed bodily changes when given the opportunity to share and had experienced positive parenting that modeled such kindness. The study initially included 74 preschool-age children and their mothers. They were invited back two years later, resulting in 54 mother-child pairs whose behaviors and reactions were analyzed when the children were 6.

参照元:https://www.ucdavis.edu/news/it-better-give-receive
– カリフォルニア大学 University of California – Davis. December 1, 2020 –

カリフォルニア大学デービス校の研究によると、母親からの思いやりのある愛と共感を経験した幼児は、他の人に寛大になることで、考えを行動に移すことをいとわないかもしれません。

4歳と6歳の子供を対象に実験室での研究が行われました。

実験室での研究では、4歳と6歳でテストされた子供たちは、2つの条件が存在するときに、必要としている架空の子供たちに獲得したトークンを放棄する意欲が高いことを示しました

共有する機会が与えられたときに身体の変化を示し、積極的な子育てを経験した場合それはそのような優しさをモデル化しました。

この研究には当初、74人の就学前の子供とその母親が含まれていました。

彼らは2年後に招待され、54人の母子ペアが生まれ、6歳のときに行動と反応が分析されました。

カリフォルニア大学デービス校の心理学教授であり、研究を主導した博士課程の学生のメンターであるポール・ヘイスティングス氏は話します。

「思いやりのある母親は、他の人のニーズに対する向社会的志向の初期の例を提供しながら、子供と感情的に密接な関係を築く可能性が高い。」

この研究は、11月にFrontiers in Psychology:EmotionScienceに掲載されました。

共著者は、スタンフォード大学精神行動科学部のJonas G. Miller氏(研究が書かれたときにカリフォルニア大学デービス校の博士課程の学生)でした。

カリフォルニア大学デービス校精神医学および行動科学科のサラ・カーレ氏とナタリーR.トロクセル氏はFacebookにいます。

各ラボの演習では、モニターを取り付けて子供の心拍数の活動を記録した後、試験官は子供たちにさまざまな活動のトークンを獲得し、トークンを賞品として提出できることを伝えました。

トークンは箱に入れられ、各子供は最終的に20の賞金トークンを獲得しました。

その後、セッションが終了する前に、子供たちはトークンの全部または一部を他の子供たちに寄付できると言われました。

(最初の例では、これらは来てゲームをプレイできない病気の子供たちのためのものであり、2番目の例では、彼らは子供たちが困難を経験していると言われました。)

同時に、母親は自分の子供や他の人への思いやりのある愛についての質問に答えました。

母親は、次のような調査でフレーズを選択しました。

  • 「私は、私を助ける行動に従事するよりも、私の子供を助ける行動に従事したいのです。」
  • 「仕事や公の場で出会った人は、私が必要ならそこにいると思い込むことができます。」
  • 「他の誰か(見知らぬ人)が苦しんでいるのを見るよりも、自分自身を苦しめたいのです。」

まとめると、調査結果は、子供の寛大さは、社会化の経験(母親の思いやりのある愛)と生理学的規制の組み合わせによってサポートされており、これらは「社会的に行動する能力に対する内部および外部のサポートのように機能することを示しました。お互いに

結果は4歳と6歳で同様でした。

研究者たちは、ゲームの収益を寄付する子供たちの傾向を観察することに加えて、より寛大であることも子供たちに利益をもたらすように見えることを観察しました。

4歳と6歳の両方で、生理学的記録は、トークンを寄付しなかった子供たちと比較して、トークンを寄付した子供たちが活動後に落ち着いたことを示しました。

彼らは、「向社会的行動は、自分自身の覚醒を和らげるのに本質的に効果的かもしれない」と書いた。

ヘイスティングス氏は、「共有した後、落ち着いた状態になることで、その良い気持ちを生み出す寛大な行動を強化できる」と示唆しました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 思考・瞑想 » 母親から愛と共感を得た幼児は他者に寛大