再生可能エネルギーの環境上のメリットは、地域差があり大きく異なる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

再生可能エネルギーの環境上のメリットは、地域差があり大きく異なる

ノースカロライナ州立大学の研究によると、再生可能エネルギーが相殺している従来の発電方法により、再生可能エネルギーを生むことによる環境上の利益が大きく異なることが判明しました。

この研究が投資対象として、再生可能エネルギーを選択する際の指標になることが期待されます。

A new study from North Carolina State University finds that the environmental benefits of renewable power generation vary significantly, depending on the nature of the conventional power generation that the renewable energy is offsetting. The researchers hope the work will help target future renewable energy investments in places where they can do the most good.

参照元:https://news.ncsu.edu/2020/12/renewable-energy-benefits-vary/
– ノースカロライナ州立大学 North Carolina State University. December 14, 2020 –

ノースカロライナ州立大学の研究によると、再生可能エネルギーが相殺している従来の発電の性質に応じて、再生可能エネルギーによる環境上のメリットは大きく異なります。

研究者たちは、この研究が、彼らが最も良いことをすることができる場所での将来の再生可能エネルギー投資をターゲットにするのに役立つことを望んでいます。

研究の共著者でノースカロライナ州立大学のエネルギー経済学の准教授であるハリソン・フェル氏は話します。

「何年もの間、研究者は再生可能エネルギーの環境上の利点を評価するためにさまざまなアプローチをとってきました。」

「エネルギー情報局は2018年に再生可能エネルギー発電に関する詳細なデータの公開を開始し、実際のデータを使用してこの問題に対処する機会がついに得られたことに気づきました。」

「私たちの研究は、地域間の電力取引も考慮しながら、幅広い地域の再生可能エネルギー発電データに基づいて、太陽光発電と風力発電による排出削減量を定量化した最初の研究です。」

この調査では、研究者は2018年7月から2020年3月までの隣接する48州にまたがる地域からのデータを利用しました。

この研究からの大きなポイントは、再生可能エネルギーの環境価値が大幅に異なることです。つまり、再生可能エネルギーの1メガワット時(MWh)は、その電力がどこで生成されたかによって異なります。

ノースカロライナ州立大学の土木、建設、環境工学の研究者であるジョンソン氏は話します。

「たとえば、フロリダで生成された1 MWhの太陽光発電は、カリフォルニアで生成された1 MWhの太陽光発電の約2倍の二酸化炭素排出量を削減します。」

「これは、カリフォルニアが他の地域と比較してすでにクリーンなグリッドを持っているためです。したがって、カリフォルニアで1時間の従来型発電を相殺すると、フロリダで1時間の従来型発電を相殺するよりもCO2排出量が削減されます。」

「短期的には、これらの調査結果は、環境上のメリットを最大化するために、再生可能エネルギーへの投資をどこに向けるべきかについての洞察を与えてくれます。」

しかし、それは研究の唯一の発見ではありませんでした。

研究者たちはまた、環境上の利益がしばしば地域の境界を越えていることを発見しました。

たとえば、州Aで生成された再生可能エネルギーは、州Bでの発電を相殺するために使用される可能性があります。

つまり、州Bは州Aでの再生可能エネルギープロジェクトの環境上のメリットを享受する可能性があります。

フェル氏は説明します。

「現在、再生可能エネルギーは主に州ごとに異なる政策によって推進されています。ここでの私たちの仕事は、これがエネルギー政策へのあまり効率的なアプローチではないという1つの理由を浮き彫りにします。」

「再生可能エネルギー政策への連邦政府のアプローチは、エネルギー生産、エネルギー消費、環境利益の州間高速道路をよりよく説明できるでしょう。」

研究者たちは、この研究は事実上、国の電力部門が現在どこにあるかのスナップショットであり、再生可能エネルギーへの投資は継続する可能性が高いと述べています。

フェル氏は話します。

「地域が持続可能なエネルギーインフラを拡大するにつれて、利益の分配がどのように変化するかを見るのは興味深いでしょう。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 再生可能エネルギーの環境上のメリットは、地域差があり大きく異なる

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -