既に持っているITテクノロジーでも創造性は引き出せる理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

既に持っているITテクノロジーでも創造性は引き出せる理由

レンセラー工科大学が、各々の企業がすでに持っている専門特化的でないITテクノロジーを利用する事でも、従業員の創造性を促進できる事を研究により明らかにしました。

従業員の創造性に対する企業の研究費用は英国を除き年々低下傾向にありますが、すでに持っているITテクノロジーの活用でも多くの価値を引き出すことが可能であることがわかり、企業のコスト削減に寄与します。

In a money-saving revelation for organizations inclined to invest in specialized information technology to support the process of idea generation, new research suggests that even non-specialized, everyday organizational IT can encourage employees’ creativity.

参照元:https://news.rpi.edu/content/2021/01/07/right-employees-even-standard-information-technology-can-spur-creativity
– レンセラー工科大学 Rensselaer Polytechnic Institute. January 7, 2021 –

アイデア生成のプロセスをサポートするために専門的な情報技術に投資する傾向がある組織にとっての節約の啓示では、新しい研究は、専門的でない日常の組織ITでさえ従業員の創造性を促進できることを示唆しています。

最近ジャーナルInformationand Organisationに掲載された、レンセラー工科大学のラリー経営大学院の准教授であるDorit Nevo氏によるこれらの調査結果は、標準的なITがイノベーションに使用できることを示しています。

さらに、これは、テクノロジーを習得する意欲があり、組織での役割を理解し、その努力が認められ、スキルの開発を奨励されている従業員がテクノロジーを手にした場合に発生する可能性がはるかに高くなります。

Nevo氏は話します。

「この研究で明らかになったのは、アイデアの生成をサポートするために特別に作成されたテクノロジーを使用するだけでなく、イノベーションが見つかるということです。創造性は、ツールとそれを使用する人の両方から生まれます。」

ほとんどの企業や組織は、ビジネス分析プログラム、知識管理システム、POSシステムなどの一般的なコンピューター技術を使用して、従業員が基本的な職務を遂行できるようにしています。

Nevo氏は、この標準的なITを従業員が使用して、アイデアが生成、開発、推進されるイノベーションプロセスのフロントエンドで新しいアイデアを作成できるかどうかを知りたがっていました。

Nevo氏は、実証研究でIT対応のイノベーションを検証するための理論的根拠のあるモデルを開発することにより、ITを習得する意欲のある従業員が、標準的なテクノロジーでも創造性ツールとして使用できることを発見しました。

これにより、企業がすでに導入しているテクノロジーへの投資収益率が向上します。

Nevo氏は話します。

「組織は、適切な人々にITテクノロジーを使用させ、それをサポートすれば、ITテクノロジーからより多くの価値を引き出すことができます。この付加価値は、従業員が仕事関連の問題の解決策や職場の改善のためのアイデアを生み出すために専門技術に必ずしも投資する必要がないため、組織のコストを節約します。信頼する必要があります。あなたの従業員はあなたが持っている技術で革新することができます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 既に持っているITテクノロジーでも創造性は引き出せる理由