平均余命が低下している学士号未取得成人

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

平均余命が低下している学士号未取得成人

プリンストン大学の研究チームは、1990年から2018年の間に25歳から84歳までの4,890万人の死亡の記録を含む死亡診断書を使用のデータを解析し、学位と平均寿命の関連性を調査しました。
学士号を取得していない成人の平均余命が低下している事などを指摘しました。

The 25-to-75 age range coincides with the increasing incidence of “deaths of despair” in the United States from drugs, suicide, and alcoholic liver disease, as well as a slowing in the decline of mortality from cardiovascular disease. From 1990 to 2010, Americans with and without a bachelor’s degree showed a pattern of almost continuous progress in this measure of adult life expectancy, but with a widening gap, Case and Deaton found. Then, after 2010, there was a drop for those without a degree.

参照元:https://wws.princeton.edu/news/life-expectancy-falling-adults-without-bachelors-degree
– プリンストン大学, ウッドロウ ウィルソン スクール オブ パブリック アンド インターナショナル アフェアーズ
Princeton University, Woodrow Wilson School of Public and International Affairs. MAR 08 2021 –

学士号を取得していない成人の平均余命は低下
教育格差は拡大しているが、人種格差は縮小している

プリンストン大学のアン・ケース氏とサー・アンガス・ディートンしが執筆した新しい研究によると、米国の平均余命はCOVID-19により2020年に低下しましたが、大学の学位を持たない米国の成人の場合、成人期の死亡率の増加はさらに早く発生しました。

2010年以来、大学の学位を持たない人々は死亡率の絶対的な上昇を経験している、と研究者たちは全米科学アカデミー(PNAS)の議事録で報告しています。

その間、大学の学位を持つ人々は減少を経験しました。

ケース氏とディートン氏は、1990年から2018年まで毎年、25歳の25歳の誕生日までに生きることができると予想される年数を計算することにより、米国の全体的な死亡率を調査しました。

彼らは、各年齢での死亡率がその個々の年のレベルで一定のままであると仮定しました。

25〜75歳の範囲は、米国での薬物、自殺、アルコール性肝疾患による「絶望の死」の発生率の増加、および心血管疾患による死亡率の低下の鈍化と一致しています。

1990年から2010年にかけて、学士号の有無にかかわらず、アメリカ人はこの成人の平均余命の測定においてほぼ継続的な進歩のパターンを示しましたが、ギャップが広がっていると、CaseとDeatonは発見しました。

その後、2010年以降、学位を持たない人の減少が見られました。

それでも、米国の格差は、人々が4年制大学の学位を取得しているかどうかによって拡大しましたが、人種によっては縮小しました。

2018年までに、学士号を取得した黒人アメリカ人は、1990年代初頭とは対照的に、学士号を取得していない黒人アメリカ人よりも平均余命の点で白人にはるかに近づきました。

この結果は、米国における人の健康と経済安全保障に対する学歴の影響の増大を示していると、プリンストン公共国際問題大学院のアレクサンダー・スチュワート1886名誉教授、アレクサンダー・スチュワートは述べた。

ケース氏は話します。

「アメリカは世界で最も裕福な大国であり、最先端の医療技術を備えていますが、COVID-19が到着する前でさえ、4年の学位を持たないアメリカ人の大幅な減少が見られます。4年制大学の卒業証書がなければ、米国で有意義で成功した生活を築くことはますます困難になっています。今日、アメリカの成人の3分の2が4年制大学の学位を持っていないことを考えると、これは重要です。」

まず、ケース氏とディートン氏は、25歳から75歳までの成人期の毎年の死亡率の要約を含む時系列を作成しました。

出生時の平均余命と同様に、これは「期間測定」または年齢間の死亡率の要約として知られています。

特定の年に25と75。

彼らは過去30年間で比較的うまくやってきたので、75歳以上のアメリカ人を除外しました。

彼らは、1990年から2018年の間に25歳から84歳までの4,890万人の死亡の記録を含む、National Vital Statistics System(NVSS)の死亡診断書を使用しました。

データは、年齢、性別、人種、民族、教育、および死亡年を示しています。死亡率を計算するために、彼らはAmerican CommunitySurveyとCurrentPopulation Surveysの人口データを利用して、欠落したデータや不完全なデータの方法を調整しました。

教育に関係なく、人種を見ると、彼らはいくつかのニュアンスを見つけました。

25歳のヒスパニックは、白人よりもさらに50年近く生きました。

同様に、白人は黒人よりもさらに50年近く生きました。

全体として、黒人とヒスパニックは白人よりも平均余命が全体的に長くなっています。

しかしその後、2010年には、すべてのレースで進歩が止まりました。

教育を折り畳むとき、CaseとDeatonは、予想される生存年数の減少は学士号を持たない人々のためであることに気づきました。

学士号を取得していない白人よりも成人の平均余命が短かった黒人の学士号を取得した男性と女性は、今ではより多くの期待寿命を持っていました。

絶望の死に加えて、要因には肥満、喫煙、心血管疾患も含まれる、と研究者らは述べました。

賃金の低下や仕事の不足も一因となる可能性があります。

プリンストン大学のディートン、ノーベル賞受賞者、ドワイト・D・アイゼンハワー国際問題名誉教授は話します。

「大学の卒業証書を持たない労働者にとって、良い仕事はますますまれになり、その多くはグローバリゼーションと自動化によって職を失い、雇用主が提供するヘルスケアのコストが彼らを質の高い労働市場からますます値下げしています。これはすべて、成人の平均余命のこの低下の一因となっています。」

調査結果にはいくつかの制限があります。

死亡診断書には出生地に関する情報が含まれていなかったため、ケース氏とディートン氏は、ネイティブ生まれのアメリカ人と比較した移民の死亡リスクを識別できませんでした。

彼らのデータも、COVID-19がヒットするかなり前の2018年に終了します。

COVID-19パンデミックの影響を理解するのは数年先ですが、学位のない人は仕事を通じて危険にさらされる可能性が高く、学位のある人は遠隔で安全に働く可能性があることを考えると、研究者は教育格差がさらに広がると予測しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 平均余命が低下している学士号未取得成人

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -