「乳幼児にとってより良い父親になる」ことにつながる2つの考え方

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「乳幼児にとってより良い父親になる」ことにつながる2つの考え方

オハイオ州立大学の研究チームは、乳幼児にとってよりよい父親像について調査しました。
「競争心や冒険心などの伝統的な男性的特徴を持つこと」「育てるべきだ」と思うことが、乳幼児にとってより良い父親になることにつながると研究で判明しました。

Hostile sexism was rated by asking male participants how much they agreed with 11 statements like “Feminists are making unreasonable demands of men.” Participants were also asked whether men or women should provide the majority of income for the family.

参照元:https://news.osu.edu/masculine-traits-linked-to-better-parenting-for-some-dads/
– オハイオ州立大学 Ohio State University. Apr 09,2021 –

競争心や冒険心などの伝統的な男性的特徴を持つことが、乳幼児にとってより良い父親になることにつながる男性がいることが、新しい研究で明らかになった。

しかし、今回の研究に参加した男性(高学歴で共働きの夫婦)は、このようなステレオタイプの男性的特徴と、養育的で高度に関与する父親になるべきだという信念を併せ持っていた。

研究代表者であるオハイオ州立大学の心理学教授、Sarah Schoppe-Sullivan氏は、古風な男性のステレオタイプと見られる特徴が、よりポジティブな育児行動と関連していることに驚いたと述べています。

Schoppe-Sullivan教授は話します。

「父親になるための新しい方法を模索している男性がいることを示唆しています。これらの男性は、伝統的な男らしさと新しい養育の理想を組み合わせて、新しい父親としてのアイデンティティを作っています。彼らは父親としてのあり方を変革している最中なのかもしれません。」

この研究は、Psychology of Men and Masculinities誌に掲載されました。

Schoppe-Sullivan氏によると、今回の研究でポジティブな子育てに結びついた7つのステレオタイプの男性的特徴(競争心が強い、大胆、冒険心が強い、支配的、攻撃的、勇気がある、プレッシャーに耐えられる)は、一般的にポジティブな特徴とみなされているとのこと。

しかし、今回の研究でも測定されたネガティブな男性的態度(敵対的性差別)は、ポジティブな子育てとは関連していませんでした。

さらに、父親の育児の質は、男性が家族の中で主要な経済的供給者であるべきだという信念とは無関係でした。

この研究に参加した男性は、Schoppe-Sullivan氏が主導する長期研究「New Parents Project」に参加しており、共働き夫婦が初めて親になることにどのように適応するかを調査しています。

妊娠中の父親たちは、パートナーの妊娠3ヶ月目に、さまざまなアンケートに答えました。

妊産婦は、7つの男性的な特徴について、自分自身を4段階で評価してもらいました。

敵対的性差別については、男性参加者に、「フェミニストは男性に理不尽な要求をしている」などの11の記述にどれだけ同意するかを尋ねました。

また、家族の収入の大半を男性と女性のどちらが担うべきかを質問しました。

また、「男性は子供の入浴、食事、着替えなどの育児を分担すべきである」といった9つの項目にどれだけ同意するかを尋ね、父親としての役割に対する信念を測定しました。

さらに、子どもが生まれてから9カ月後に、父親が母親と一緒に子どもに接する様子を観察しました。

そして、父親の積極的な育児行動と、母親との共同育児の度合いを評価しました。

その結果、研究者たちが予想していた通り、自分は父親としての役割を果たすべきだと考えている男性は、子どもとの交流の質が高く、パートナーとの共同子育てもうまくいっていることがわかりました。

しかし、研究者たちが驚いたのは、自分がステレオタイプな「本当の男性」の定義に当てはまると答えた男性ほど、良い子育てをしていると評価されていたことでした。

Schoppe-Sullivan氏は話します。

「競争心や冒険心などの男性的な特徴を持つ父親は、子どもと本当によく関わっている傾向がありました。彼らはチェックアウトされていませんでした。このような伝統的な男性的特性を利用して仕事で成功した男性が、親としての仕事にもそれを適用しようとしているのかもしれません。これらの男性は、父親であることも重要な仕事であり、仕事で成功するための特性を、父親として成功するためにも使おうと言っているのかもしれません。」

Schoppe-Sullivan氏は、今回のサンプルの父親は高学歴で、パートナーも働いていることを強調しています。

今回の結果がすべての父親に当てはまるわけではありません。

しかし、この結果は励みになると彼女は言います。

Schoppe-Sullivan氏は話します。

「もし、父親が、敵対的な性差別のような否定的な要素を排除して、これらのステレオタイプな男性的特徴の最良の部分を維持することができれば、それは家族にとって良いことです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「乳幼児にとってより良い父親になる」ことにつながる2つの考え方