事実と虚偽を見分ける能力を低下させる「リテラシーの低さと地方紙の制約」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

事実と虚偽を見分ける能力を低下させる「リテラシーの低さと地方紙の制約」

ユタ大学の研究チームは、科学やメディアに関するリテラシーが低いこと、科学ジャーナリストの減少や地方紙の数の減少などの構造的な制約が、事実と虚偽を見分ける能力を低下させていると指摘しています。

“Misinformation is often packaged or framed in simplistic and emotional ways,” said Yeo. “Consider online ‘clickbait’ as an example: Such content often has captivating titles that promote seemingly scandalous information. This encourages the use of mental shortcuts, which can make detecting and parsing falsehoods a challenge.”

参照元:https://attheu.utah.edu/facultystaff/using-emotion-and-humor-to-combat-science-misinformation/
– ユタ大学 University of Utah. APRIL 12, 2021 –

予防接種や気候変動などの科学的な問題に関する公開討論会での誤報は、インターネット上、特にソーシャルメディア上のいたるところで見つけることができます。

ユタ大学のSara K. Yeo准教授(コミュニケーション学)は、科学の誤報を発見するのがなぜ難しいのかを検証し、ユーモアを使うことがこの問題の解決に役立つかもしれないと提案しています。

Proceedings of National Academics of Sciences(米国科学アカデミー紀要)に掲載された論文の中で、Yeo准教授と同僚のMeaghan McKasy(ユタ・バレー大学コミュニケーション学部助教授)は、科学やメディアに関するリテラシーが低いことに加え、科学ジャーナリストの減少や地方紙の数の減少などの構造的な制約が、事実と虚偽を見分ける能力を低下させていると指摘しています。

また、読者は、政治的イデオロギー、宗教的価値観、無意識のバイアスなどから形成される精神的な近道を使って大量の情報を取捨選択する傾向があり、これが偽ニュースを見分ける能力をさらに複雑にしています。

誤った情報は、単純で感情的な方法でパッケージ化されたり、フレーム化されたりします。ネット上の “クリックベイト “を例に考えてみましょう。

ネット上の “クリックベイト “と呼ばれるコンテンツは、一見するとスキャンダラスな情報を宣伝するような魅力的なタイトルがついています。

このようなコンテンツは、精神的な近道の使用を助長し、虚偽の情報を検出して解析することを困難にします。

Yeo氏とMcKasy氏によると、クリックベイトから生じる強い感情は、情報を合理的に処理する能力を損なう可能性があるが、誤った情報の検出と受容に対する感情の影響は一筋縄ではいかないという。

しかし、科学コミュニケーションにおける感情とそれに関連するユーモアに関する研究の進歩により、問題解決のための戦略としてどのように利用できるかが明らかになりました。

ユーモアは、日常生活や人間のコミュニケーションにおいて、どこにでもあるものです。

科学も例外ではありません。「#overlyhonestmethods」や「#fieldworkfail」などのハッシュタグで、科学ジョークがネット上にあふれています。

しかし、Yeo氏とMcKasy氏によると、ユーモアが科学に対する態度にどのような影響を与えるかについては、より深く理解する必要があるという。

Yeo氏とMcKasy氏は話します。

「ユーモアのある科学は、世間一般では注目されていないような問題にも注目を集めることができますし、ジョークの中に組み込まれた価値のある正確な情報にも注意を向けることができるかもしれません。」

ユーモアは、私たちが科学に関する情報をどのように処理して態度や行動意図を形成するかにも影響を与えます。

さらに、ユーモアは人々の情報源に対する評価と関連しており、情報源を人間味のあるものにし、好感度を高めることができます。

Yeo氏の最近の研究によると、ユーモアを使う科学者は、好感度が高く、かつ専門家としての信頼性を維持していると考えられています。

記事によると、Yeo氏とMcKasy氏は、科学の誤報の問題には単一の単純な解決策はないですが、複数の戦略を併用することが最善かつ最も現実的なアプローチであると考えているとのことです。

Yeo氏とMcKasy氏は話します。

「感情やユーモアが科学に対する一般の人々の理解をどのように形成するかを理解することは、誤報に立ち向かうコミュニケーターの努力を助ける一つのリソースとなります。もちろん、戦略は倫理的に使用しなければなりませんし、研究から得られたベストプラクティスをどのように翻訳するかは、コミュニケーションの目的によって異なります。デジタルメディア時代の科学コミュニケーションが直面する倫理的配慮について、私たちが対話することが不可欠です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 事実と虚偽を見分ける能力を低下させる「リテラシーの低さと地方紙の制約」