「地球の生命徴候は悪化している」科学者たちは今すぐ行動せよと警鐘

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「地球の生命徴候は悪化している」科学者たちは今すぐ行動せよと警鐘

地球からのバイタルサインは依然として、「通常通りの容赦ないビジネスの結果をほぼ反映している」を出力しています。
科学者たちは、今すぐ協力し合い力を合わせて対処するべきという主張を強めています。

Authors led by OSU’s William Ripple and Christopher Wolf, in a paper published today in BioScience, are calling for a phase-out of fossil fuels in response to the climate crisis.

参照元:https://today.oregonstate.edu/news/earth%E2%80%99s-vital-signs-worsen-amid-business-usual-mindset-climate-change
– オレゴン州立大学 Oregon State University. July 27, 2021 –

気候変動の緊急事態を宣言し、地球のバイタルサインを確立してから20ヶ月が経過しましたが、オレゴン州立大学の2人の研究者が率いる連合は、更新されたバイタルサインは「通常通りの容赦ないビジネスの結果をほぼ反映している」と述べています。

オレゴン州立大学のウィリアム・リップル教授とクリストファー・ウルフ教授は、2021年7月28日、BioScience誌に掲載された論文の中で、気候危機に対応するために化石燃料を段階的に削減することを求めています。

また、炭素の貯蔵や生物多様性の保護のために戦略的な気候保護区を設け、産業や消費の分野で「脱炭素化」を誘導するのに十分な高額の炭素価格を世界的に設定することを求めています。

科学者たちは、2019年以降、壊滅的な洪水、記録的な熱波、異常気象や山火事など、気候関連の災害がかつてないほど急増していることを指摘しています。

OSU森林学部の生態学特別教授であるリップル氏は話します。

「温暖なサンゴ礁、アマゾンの熱帯雨林、西南極やグリーンランドの氷床など、地球システムの重要な部分に関連するティッピングポイントに近づいているか、すでに超えてしまったという証拠が増えています。」

2020年は史上2番目に暑い年で、記録的に最も暑い5つの年はすべて2015年以降に発生しています。

また、3つの重要な温室効果ガス–二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素–は、2020年に大気中の濃度の記録を更新し、2021年にも記録を更新しました。

2021年4月には、二酸化炭素の濃度が416ppmに達し、月間の世界平均濃度としては過去最高となりました。

林業学部の博士研究員であるウルフ氏は話します。

「温室効果ガス、特にメタンを早急に抜本的に削減することに優先順位を移す必要があります。」

リップル氏は補足します。

「気候変動という緊急事態を単独の問題として扱うのをやめる必要があります。気候危機やその他の症状に対処するための政策は、その根本原因である人間による地球の過剰搾取に対処するものでなければなりません。」

COVID-19の大流行は、無数の経済的な中断や停止によって、気候危機の緩和という副次的な効果をもたらしましたが、それははかないものだったと科学者たちは言います。

リップル氏は話します。

「世界の国内総生産(GDP)は2020年に3.6%減少しましたが、今後は過去最高に回復すると予測されています。パンデミックの影響で、2019年以降、化石燃料の消費量は減少し、二酸化炭素の排出量や航空会社の旅行量も減少しています。これらはすべて、経済の開放とともに大幅に上昇すると予想されます。」

今回のパンデミックの大きな教訓は、気候変動に取り組むためには、輸送や消費を大幅に減少させても不十分であり、代わりに、政治的に不人気であっても、変革的なシステム変更が必要であるということだと著者は述べています。

COVID-19の復興投資をグローバルにグリーン政策に振り向けることで「より良い復興」を目指すことを約束したにもかかわらず、2021年3月初旬の時点で、そのような資金の割り当ては17%にとどまっています。

ウルフ氏は話します。

「人類による地球システムへの圧力が続く限り、救済策を講じても圧力を再分配するだけです。しかし、自然生息地の持続不可能な開発を中止することで、人獣共通感染症の感染リスクを低減し、炭素ストックを保護し、生物多様性を保全することができます。」

著者らは、その他の重要なバイタルサインを強調しています。

  • 反芻動物の家畜は現在40億頭を超え、その総質量は人間と野生動物の合計よりも多いです。
  • ブラジル・アマゾンの年間森林減少率は、2019年、2020年ともに増加し、2020年には伐採面積が111万ヘクタールとなり、12年ぶりの高水準に達しています。
  • 海洋酸性化は過去最高に近い。熱ストレスと合わせて、5億人以上の人々が食料、観光ドル、高潮対策として依存しているサンゴ礁を脅かしています。

リップル氏は話します。

「すべての気候変動対策は、不平等を是正し、人間の基本的なニーズを優先することで、社会正義に焦点を当てるべきです。そして、世界中の学校のコア・カリキュラムに気候変動教育を取り入れるべきです。そうすれば、気候変動の緊急事態に対する認識が高まり、学習者に行動を起こす力を与えることができます。」

リップル氏、ウルフ氏、OSUの同僚であるベブ・ロー氏、ジリアン・グレッグ氏に加え、マサチューセッツ州、オーストラリア、イギリス、フランス、オランダ、バングラデシュ、ドイツからの共同研究者は、世界的に実施される本格的な炭素価格、化石燃料の段階的な廃止と最終的な使用禁止、自然の炭素吸収源と生物多様性を保護・回復するための戦略的気候予備軍を含む「3本柱の短期的な政策アプローチ」を求めています。

リップル氏は話します。

「炭素価格は、途上国における気候変動の緩和および適応政策に資金を提供するための社会的に公正な基金と連動している必要があります。そして、新しい気候政策は、可能な限りCOVID-19の復興計画の一部とすべきです。今こそ私たちは、協力、緊急性、公平性の意識を共有した上で、グローバルコミュニティとして力を合わせるべきなのです。」

リップル氏とウルフ氏、そして共同研究者によるこの論文は、気候変動に関する国際パネルが2021年8月9日に「気候変動の物理科学に関する報告書」の発表を控えていることを受けて発表されたものです。

IPCCによると、この報告書には、地球の温暖化に関する科学的知識の評価と、将来の温暖化の予測が含まれるとのことです。

OSUの科学者が論文に参加しているのは、シドニー大学のThomas Newsome、エクセター大学のTimothy Lenton、グルノーブル・アルプス大学のIgnacio Palomo、Wageningen University and ResearchのJasper Eikelboom、Independent University BangladeshのSaleemul Huq、Woodwell Climate Research CenterのPhilip Duffy、Potsdam Institute for Climate Impact ResearchのJohan Rockströmの各氏です。

BioScience誌に掲載された2019年の気候変動緊急論文には、当時、153カ国から11,000人以上の科学者が署名していました。現在、署名者は158カ国から14,000人近くに達しています。

リップル氏は話します。

「23カ国の政府を含む約2,000の管轄区域が、気候緊急事態を宣言または認識しています。しかし、憂慮すべき気候変動の進展を考えると、私たちはこの緊急事態について、短く、頻繁に、そして簡単にアクセスできる最新情報を提供し続ける必要があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » 「地球の生命徴候は悪化している」科学者たちは今すぐ行動せよと警鐘