「コロラド州の亜高山帯林の樹木枯死の要因」猛暑と乾燥

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「コロラド州の亜高山帯林の樹木枯死の要因」猛暑と乾燥

研究者は、気候変動の早期警告サインとしてコロラド州の樹木枯死について言及します。
森林が健全に見える場所でも、熱と乾燥の条件だけで死亡率が増加していることがわかっています。

Even in the absence of bark beetle outbreaks and wildfire, trees in Colorado subalpine forests are dying at increasing rates from warmer and drier summer conditions, found recent University of Colorado Boulder research.

参照元:https://www.colorado.edu/today/2021/07/26/extreme-heat-dry-summers-main-cause-tree-death-colorados-subalpine-forests
– コロラド大学ボルダー校 University of Colorado at Boulder. July 26, 2021 –

キクイムシの発生や山火事がなくても、コロラド州の亜高山帯の森林では、夏の気温が高く乾燥した状態で樹木が枯れる割合が増加していることが、コロラド大学ボルダー校の最近の研究で明らかになりました。

Journal of Ecology誌の5月号に掲載されたこの研究は、この傾向が増加していることも明らかにしています。

実際、過去10年間に火災やバークビートルの発生の影響を受けていないコロラド州の亜高山帯の森林では、1980年代に比べて樹木の死亡率が3倍以上に増加しています。

この研究の主執筆者であり、ワシントン州立大学の博士研究員であるロバート・アンドラス氏は話します。

「コロラド州では、樹皮虫の発生や山火事によって、明らかに樹木が枯れています。人々がハイキングに出かけるような場所でも、森林が健全に見える場所でも、熱と乾燥の条件だけで死亡率が増加していることがわかっています。これは気候変動の早期警告サインです。」

これらの枯死は、より大きな木に影響を与え、森林の炭素貯蔵量を減少させるだけでなく、高温で乾燥した環境は、コロラド州のロッキー山脈南部、ワイオミング州南部、ニューメキシコ州北部の全域で、新しい木の根付きを困難にしています。

気温の上昇と干ばつの増加により、世界中の森林で木が枯れていることはよく知られています。

しかし、ここコロラド州では、研究者たちが過去37年間に測定した13の亜高山帯林での樹木の枯死の70%以上が、熱と干ばつだけが原因であることを発見しました。

これに対し、キクイムシによる枯死は約23%、風害による枯死は約5%でした。

CU Boulderの大学院で物理地理学を専攻しながら、今回の研究を行ったアンドラス氏は話します。

「気候と樹木の死亡率との間にどれほど強い関係があるかを目の当たりにし、最近の温暖で乾燥した環境が亜高山帯の森林に明らかな影響を与えていることを知り、本当に驚きました。死亡率の増加は憂慮すべきものです。」

コロラド州の気温は1980年代から華氏約2度上昇しており、標高が高いほど急速に上昇しています。

気候変動により今後数十年でさらに2.5度以上上昇する可能性があると予測されていることから、樹木の枯死率は増加する一方であると考えられます。

コロラド州の10,000平方マイル以上を占める亜高山帯の森林は、山でスキーやリクリエーションをする人たちによく知られています。

アンドラス氏によれば、フロントレンジのPeak to Peakハイウェイの上では、亜高山性のモミやエンゲルマントウヒが支配的であり、コロラド州のどの峠を越えても亜高山帯に入ることになるという。

CU Boulderのこれまでの研究では、ロッキー山脈の亜高山帯の森林の死亡率や健全性に、山火事やカブトムシの死、そしてその2つがどのように影響するかが明らかになっています。

今回の研究では、気候変動がこれらの樹木にどれほどの影響を与えているかを調べるために、これら2つの一般的なストレス要因の影響を、熱と湿気の影響から分離して調べました。

この研究の共著者で地理学の名誉教授であるトム・ベブレン氏は話します。

「火災、キクイムシ、干ばつなどで木がどんどん枯れていく中、温暖で乾燥した気候では、枯れた大人の木に代わって新しい木の苗が定着する可能性が非常に低くなっています。」

1982年に大学に着任したVeblen氏が始めたこの研究は、コロラド州における樹木の枯死に関する最も長期的な研究であり、枯死の要因を特定するために頻繁に再測定が行われています。

以来、3年ごとに、大学院生、ポスドク、学部生のフィールドアシスタントが、ボルダーの西に位置するニウォットリッジの5,000本以上のマーキングされた木に熱心に戻っています。

これらの13の亜高山森林プロットでは、最高気温が高く、水分不足が大きい夏に、より多くの木が枯れることが記録されました。

その結果、1982年から1993年の間に年率0.26%だった樹木の死亡率が、2008年から2019年の間に年率0.82%となり、40年間で3倍以上に増加していることがわかりました。

アンドラス氏は話します。

「見た目ではわからないので、とても難しいことです。しかし、心に留めておくべきことは、より暖かく乾燥した環境が火災やキクイムシの発生を増やす原因になっている一方で、こうしたゆっくりとした緩やかな変化も重要であるということです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » 「コロラド州の亜高山帯林の樹木枯死の要因」猛暑と乾燥