リーダーとして成功する朝やるべき簡単な儀式

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

リーダーとして成功する朝やるべき簡単な儀式

通常、仕事への復帰は、家にいるとき、通勤中、出勤時に起こります。研究者は、リーダーやマネージャーが朝、仕事に再執着することができた日に、1日を通してより成功を収める結果が出たと述べています。

Getting into the right mindset for work can set the tone for the rest of your day — and it’s an especially beneficial practice for managers,

参照元:https://www.pdx.edu/news/getting-your-head-game-mentally-reattaching-work-important-leader-success-psu-study-finds
– ポートランド州立大学 Portland State University. August 30, 2021

ポートランド州立大学の研究によると、仕事のために正しい考え方をすることは、その日の残りの時間のトーンを決めることができ、管理職にとっては特に有益な方法であるそうです。

仕事のメールを開く前に、その日に達成したいこと、その日の予定、遭遇する可能性のある状況などを考えて、仕事とのつながりを精神的に再構築することは、従業員が一日中仕事に従事するためのより良い準備となります。

この研究では、リーダーやマネージャーが朝、仕事に再執着することができた日には、ポジティブな気分と仕事への集中力が高まり、その結果、1日を通してより成功を収めることができたという結果が出ています。

仕事への復帰は、家にいるとき(朝食時に次の日のことを考える)、通勤中(その日の仕事での出来事を予想する)、出勤時(駐車場に車を停めた後、その日のToDoリストを頭の中で整理する)に起こります。

自宅で仕事をしている人は、通勤時間を短縮することで、コンピューターの前に座り、メールを開いたり、Zoomミーティングにログインしたりする前に、精神的に仕事への意識を高めることができます。

本研究の筆頭著者であり、PSUの産業組織心理学准教授であるシャーロット・フリッツ氏は、以前、朝、精神的に仕事への再接続を行う従業員は仕事への従事度が高いことを発見しましたが、今回の研究では、従業員の仕事と従事度に責任を持つリーダーにも焦点を当てたことが重要だと言います。

今回の研究では、管理職が1日の始まりに仕事にうまく再接続することで、自分の仕事のタスクを達成することができ、1日を通してよりエネルギッシュに感じ、より変革的なリーダーシップ行動をとることがわかりました。

フリッツ氏は話します。

「このようなリーダーの行動は、従業員のさまざまな成果に欠かせません。」

400人以上のリーダーが1週間の勤務期間中、毎日アンケートに答えたところ、フリッツ氏は、朝、精神的に仕事とのつながりをどう取り戻すかによって、活力、目標達成度、ポジティブなリーダーシップのレベルが変動したと話します。

「リーダーがこのような行動をとった日は、仕事もうまくいくでしょう。」

この研究は、Journal of Vocational Behavior誌に掲載されました。

フリッツの共著者には、2020年に博士号を取得し、現在はThe Predictive Index社のシニアピープルサイエンティストとして活躍しているダナ・オーテン氏、PSUビジネススクールの経営学シニアインストラクターであるデビッド・コーフリン氏がいます。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » リーダーとして成功する朝やるべき簡単な儀式