人は気まずさを過大評価するが「見知らぬ人との深い会話を楽しむ」調査結果

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

人は気まずさを過大評価するが「見知らぬ人との深い会話を楽しむ」調査結果

人は見知らぬ人と深い会話をする事から得られるものを過小評価しているかもしれません。
しかし実験結果では、見知らぬ人との会話を憚っている「気まずさ」は思い込みの可能性が高いです。

Overall, the researchers found that both deep and shallow conversations felt less awkward and led to greater feelings of connectedness and enjoyment than the participants had expected.

参照元:https://www.apa.org/news/press/releases/2021/09/deep-conversations-strangers
– 米国心理学会 American Psychological Association. September 30, 2021 –

私たちは、他人が自分の人生にどれだけ関心を持っているかを過小評価し、より深い会話は実際よりも気まずく、楽しくないものだと誤って信じているため、見知らぬ人との世間話に終始してしまうことが多いと、米国心理学会が発表した研究結果から明らかになりました。

Journal of Personality and Social Psychology誌に掲載された研究の共同執筆者でもあり、シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスの行動科学教授であるニコラス・エプリー博士は話します。

「人と意味のあるつながりを持つことは、人をより幸せにする傾向がありますが、人々はより深く意味のある会話をすることに消極的であるようです。これは、社会的なパラドックスとして興味深いものでした。もし、他人と深く意味のあるつながりを持つことで幸福度が高まるのであれば、なぜ人々は日常生活の中でもっと頻繁にそれを行わないのでしょうか?」

この疑問に答えるため、Epleyたちは12回の実験を計画し、合計1,800人以上の被験者を集めました。

研究者たちは、主に見知らぬ人同士のペアに、比較的深い話題と浅い話題のどちらかを話してもらいました。

いくつかの実験では、浅い質問と深い質問を用意して議論してもらいました。

浅い質問には、典型的な世間話のような話題が含まれていました。

一方、深い質問は、より個人的で親密な情報を引き出すもので、例えば、”他人の前で泣いた時のことを説明できますか?”とか、”もし水晶玉が自分自身や人生、未来などについての真実を教えてくれるとしたら、何を知りたいですか?”などです。

他の実験では、人々は自分で深い会話と浅い会話のトピックを生成しました。

会話の前に、参加者は、その会話がどれほど気まずいものになるか、会話の相手とどれほど親密な関係になるか、どれほど会話を楽しめるかを予測しました。

その後、参加者は、実際の会話がどれほど気まずいものだったか、どれほど相手とのつながりを感じたか、どれほど楽しいものだったかを評価しました。

その結果、「深い会話」も「浅い会話」も、参加者が予想していたよりも、気まずさを感じず、つながりや楽しさを感じることができたそうです。

その効果は、深い会話の方が強い傾向にあった。深い質問について話し合った参加者は、浅い質問について話し合った参加者よりも、会話がどれほど気まずくなるかを有意に過大評価していました。

また、深い会話のほうが、より楽しく、より強いつながりの感覚を得ることができました。

ある実験では、ある相手と深い会話をし、別の相手と浅い会話をした参加者は、当初は浅い会話を好むと予想していたが、実際には両方の会話をした後、深い会話を好むようになった。

深い会話が本当に良いものであり、これらの実験で人々が「深い会話をしたい」と答えたのであれば、なぜ実際にはもっと多くの会話をしていないのでしょうか?

研究者たちは、それは人々が、見知らぬ人が自分の深い考えや感情を知りたいと思っていることを過小評価しているからではないかと考えました。

いくつかの実験では、参加者に、会話の相手がどのくらい興味を持ってくれるかを予測してもらい、その後、相手が実際にどのくらい興味を持ってくれたかを答えてもらいました。

その結果、人々は平均して、相手が自分のことを知ることにどれだけ興味を持つかを過小評価していました。

エプリー博士は話します。

「人々は、会話の中で自分について何か意味のあることや重要なことを明らかにすると、白い目で見られたり、沈黙されたりすると想像しているようですが、実際の会話ではそうではないことがわかりました。人間は深い社会性を持っており、会話の中で相互に影響し合う傾向があります。意味のある重要なことを共有すれば、意味のある重要なことが返ってくる可能性が高く、かなり良い会話ができるようになります。」

最後の実験では、会話の相手についてより正確な予想をすることで、より深い会話への関心が高まるかどうかを調べました。

ある実験では、参加者に、特に思いやりがあって興味を持っている人と、特に思いやりがなくて興味を持っていない人との会話を想像してもらいました。

すると、思いやりのある相手と話すと予想した参加者は、思いやりのない相手と話すと予想した参加者よりも、より深い質問について話し合うことを選んだのです。

もう1つの実験では、研究者は、これまでの実験の結果を人々に伝えました。

この情報を与えられた人は、情報を与えられなかった人よりも、より深い質問について他人と話し合うことを選んだのです。

この結果は、実用上重要な意味を持つとエプリー博士は話します。

「より深い会話に対する参加者の期待は、大きく間違ったものではありませんでしたが、日常生活の中で他者ともう少し深く関わることを妨げてしまうような、確実に誤ったものでした。パンデミックが終息し、私たちが再び会話をするようになったとき、他の人も意味のある会話を好むということを意識すれば、世間話に費やす時間が減り、結果としてより楽しい交流ができるかもしれません。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 人は気まずさを過大評価するが「見知らぬ人との深い会話を楽しむ」調査結果

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)