「他者への社会的支援を惜しまない」支援を与える事で自身の健康につながる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「他者への社会的支援を惜しまない」支援を与える事で自身の健康につながる

自身の健康を保つには、他者に対して社会的私見を与える事で増進される可能性があります。
「支援を与える」ことで慢性炎症の抑制数値とポジティブに相関していることなどがわかりました。

When it comes to your health, being willing to give social support to your spouse, friends and family may be just as important as receiving assistance,

参照元:https://news.osu.edu/giving-social-support-to-others-may-boost-your-health/
– オハイオ州立大学 Ohio State University.Nov 22, 2021 –
クレジット: オハイオ州立大学 Ohio State University

健康に関しては、配偶者や友人、家族に社会的支援を惜しまないことが、援助を受けるのと同じくらい重要であることが、新しい研究で示唆されています。

研究者たちは長い間、他人から社会的支援を受けることが健康の鍵であると考えてきましたが、研究結果は様々なものでした。

そこで、オハイオ州立大学の研究者たちは、支援を与えることも健康に重要な役割を果たしているのではないかと考えました。

その結果、健康の重要な指標の1つである「慢性炎症」について、「家族や友人に社会的支援を提供できる」と答えた人に限って、ポジティブな社会的関係の指標が炎症の抑制と関連していることがわかりました。

言い換えれば、頼れる友人がいても、その友人が必要としているときに助けられると答えなければ、健康には役立たないということです。

本研究の筆頭著者で、オハイオ州立大学の心理学博士課程に在籍するTao Jiang氏は話します。

「ポジティブな人間関係は、その人間関係の中でより多くの支援を与えることができると考えている人に限って、炎症の低下と関連している可能性があります。」

この研究の予備的な証拠から、健康と他人を助ける意思との間の関連性は、女性にとって特に重要であることが示唆されました。

Jiang氏は、オハイオ州立大学心理学のJennifer Crocker教授、Baldwin Way准教授、Syamil Yakin研究助手とともに研究を行いました。

この研究結果は、学術誌「Brain, Behavior and Immunity」のオンライン版に掲載されました。

Way准教授によると、良好な人間関係がもたらす癒しの力は、お互いに支え合っていることに起因するとそうです

「人々が友人や家族に対してより多くのサポートを与えることができると信じているとき、これらの関係は特にやりがいがあり、ストレスを解消し、炎症を抑えることができるのではないでしょうか。」

今回の研究では、米国で実施された「National Survey of Midlife Development」に参加した1,054名のデータを使用しました。

これらの参加者は、34歳から84歳までの健康な成人です。

参加者は、結婚しているか、パートナーと暮らしているか、家族や友人と連絡を取る頻度、社会的なグループや活動に参加する頻度など、「社会的統合」を測定するアンケートに回答しました。

また、「何かあったときに、家族や友人、配偶者にどれだけ頼れるか」という質問にも答えました。

今回の研究のポイントは、このデータセットが、家族や友人、配偶者をどれだけサポートできるかについても参加者に評価してもらった数少ないものであることだ、とJiang氏は言います。

約2年後、これらの参加者は血液検査のために戻ってきました。

その中には、体内の全身性炎症のマーカーであるインターロイキン6(IL-6)の検査も含まれていました。

「IL-6の値が高いと、心血管疾患やがんなど、アメリカ人の最大の死因となっている多くの病気のリスクが高まるといわれています。だからこそ、私たちは、これまでの研究で、社会的支援と炎症の抑制との関連性について、なぜ弱い証拠しか得られなかったのかを調べることが重要だと考えました。」

この結果は、年齢、収入、学歴、健康行動、服薬状況、診断された病状など、炎症に影響を与える可能性のある他の幅広い要因を考慮した後でも、他者を支援することの重要性を示すものでした。

探索的な分析の結果、社会的支援の提供と健康との関連性は、主に女性に見られることが示唆されたと、Jiang氏は述べています。

「これは、社会的関係が男性よりも女性にとってより重要であると考えられていることを反映しています。しかし、今回の調査では、サンプル数が十分ではなかったため、決定的な結果は得られませんでした。この問題をさらに研究する必要があります。」

Way准教授は、今回の研究では、人々が「やる気がある」と言ったことだけを調べたのであって、彼らの行動を調べたわけではないことに注意する必要があると述べています。

しかし、この研究は、健康と人間関係の関連性について「よりニュアンスのある理解」を与えてくれると、Jiang氏は言います。

「この研究は、この分野の将来の研究に、支援を与えるという概念を取り入れることの重要性を強調しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「他者への社会的支援を惜しまない」支援を与える事で自身の健康につながる

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)