心理療法士の役割「共通治療プロセスが患者に与えるメリットは一定ではない」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

心理療法士の役割「共通治療プロセスが患者に与えるメリットは一定ではない」

心疾患を持つ患者に、心理療法士は治療を施します。
心理療法士が共通の治療プロセスを患者施す事は、患者のメリットが一定していないことがわかりました。

New research at the University of Massachusetts Amherst shows that different psychotherapists use common treatment processes to varying benefits for patients.

参照元:https://www.umass.edu/news/article/research-examines-role-psychotherapists-treatment-effectiveness
– マサチューセッツ大学アマースト校 University of Massachusetts Amherst. November 18, 2021 –

マサチューセッツ大学アマースト校の新しい研究によると、心理療法士によって、共通の治療プロセスを使用することで、患者にとってのメリットが異なることが明らかになりました。

Journal of Consulting and Clinical Psychology誌に掲載されたこの研究結果は、治療効果を最大限に高め、患者の転帰を向上させるために、より個人に合った臨床実践やトレーニングをセラピストに提供することにつながると考えられます。

現在、ケース・ウェスタン・リザーブ大学のポスドク研究員で、UMass Amherst大学で博士号を取得している主著者のAlice Coyne氏は話します。

「これまでの研究では、患者や治療の種類が治療結果に与える影響に焦点が当てられてきました。現在、私たちが行っているトレーニングは、セラピストによって標準化されていることが多く、患者さんのアウトカムを一貫して改善することはできません。その代わりに、セラピスト独自の強みと弱みに合わせてトレーニングをパーソナライズすることで、トレーニングの成果を向上させることができると考えています。」

Coyne氏は、臨床心理学の教授であり、UMass AmherstのPsychotherapy Research Labの所長であるMichael Constantino氏と共同で、博士論文の一環としてこの研究を行い、Society for the Exploration of Psychotherapy Integrationから2020年論文賞を受賞しました。

Constantino氏は話します。

「彼女の研究は、この種のものとしては初めてのものであり、我々の分野に新たな道を開くことになるでしょう。」

Coyne氏は、論文の第1の目的として、患者とセラピストの同盟関係がより質の高いものであり、患者が変化に対してより肯定的な期待を持っている場合に、患者は心理療法においてより多くの症状および機能の改善を経験するという予測を検証することに興味を持っていました。

2つ目の目的は、セラピストが誰であるかによって、これらの関連性が異なるかどうかを調べることです。

Coyne氏は話します。

「あるセラピストが手にしたテクニックは、別のセラピストが手にした同じテクニックとは、まったく違うものに見えるかもしれません。簡単に言えば、あるセラピストは、患者との関係を改善を促進するための重要な手段としているかもしれませんが、別のセラピストにとっては、患者との関係は、変化に対する肯定的な期待を抱かせるなどの他の戦略の使用よりも、患者の改善にとって重要ではないかもしれません。」

最後に、3つ目の目的のために、Coyne氏は、あるセラピストの特性が、どのセラピストがケースロードの中で関係性や信念のプロセスを使ってより治療効果を上げる傾向があるかを予測するかどうかを調べました。

これらの疑問を検証するために、研究者たちは、地域に根ざしたメンタルヘルスケアにおけるケースアサインメントの方法を比較する無作為化試験の一環として、42人の心理療法士によって治療を受けた212人の成人のデータを分析しました。

患者は、治療の長さや種類が異なる治療の間、セラピストとの同盟関係の質や改善への期待度を測るアンケートに繰り返し回答しました。

Coyne氏とConstantino氏は、一般的に、より良い同盟関係の質とより肯定的な結果の期待が、より良い治療結果と関連するという正しい仮説を立てました。

また、予測通り、セラピストは関係性プロセスと信念プロセスの使用において、異なる強みと弱みを示した。

最後に、患者の改善を促進するために最も効果的にアライアンスを使用するセラピストは、「…自分自身のアライアンス醸成能力を謙虚に評価するセラピスト」であることが予備的に裏付けられたと論文には語られています。

謙虚に自分を知ることは、この研究から得られる1つの有益なヒントかもしれません。

Coyne氏は話します。

「自分がセラピストとして特に優れている点を知れば、練習を調整して自分の強みを生かすことができます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 心理療法士の役割「共通治療プロセスが患者に与えるメリットは一定ではない」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)