2021年6月25日 米国国家情報長官室 「未確認空中現象(UAP)」レポート

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

2021年6月25日 米国国家情報長官室 「未確認空中現象(UAP)」レポート

2021年6月5日、米国国家情報長官室は 「未確認空中現象」 レポートを発表しました。

2020年12月に、トランプ前大統領が署名した「新型コロナ対策法」の項目にあった、「180日以内にUFO関連の全情報を報告書にして米会議へ提出すべき」というものに、合わせた形のようです。

内容は、未確認空中減少(Unidentified Aerial Phenomena – UAP)全144例の報告。

144件の内、信頼できる内容のモノは1件で、しぼんだ気球か何かだろう―――というもの。

そのほかの143件については、赤外線センサーの認知や複数のパイロットの複数の目撃情報があるにも関わらず、まったくの正体不明。

UAPは、空中で静止していたり突如方向を変えて飛び去って行ったりと、米国の科学を以てしても測れないものばかり。

UAPは、自然現象だったり、ビニール袋のゴミだったりする可能性があるので、画像をディープラーニングで解析する等して、カテゴライズを進めるのが妥当、かつ、仮に敵国の飛行体であったり、まったく未知の科学のモノであった場合、リソースを更に投入して国防力を高めるなどの対策が必要だと、講じられています。

Unidentified Aerial Phenomena

参照元:https://www.dni.gov/files/ODNI/documents/assessments/Prelimary-Assessment-UAP-20210625.pdf
– 国家情報長官室 Office of the Director of National Intelligence. 2021.6.25 –

範囲と前提条件

範囲
この予備報告は、国家情報長官室(ODNI)によって提供される。

本予備報告は、2021会計年度の情報認可法(IAA)に付随する上院報告116-233の規定を受けて、国家情報長官(ODNI)が、国防長官(SECDEF)との協議のもとに、未確認空中現象(UAP)がもたらす脅威に関する情報評価を提出することになっています。

UAPTF(国防省未確認空中現象タスクフォース)がこの脅威を理解するために行ってきた進捗状況を情報面から評価して提出します。

本報告書では、政策立案者向けに、以下の課題について概要を説明しています。

本報告書は、政策立案者に、UAPがもたらす潜在的な脅威の特徴を明らかにすることに関連する課題の概要を提供するとともに、関連するプロセス、政策、技術、および訓練を開発するための手段を提供します。

脅威を理解するための情報コミュニティ(IC)の能力を強化する。

UAPTF 局長は、UAP のタイムリーな収集と統合を確保するための説明責任者です。

本報告書に記載されているデータセットは、現在、主に2004年11月から20年3月までに発生したインシデントに関する米国政府の報告に限定されています。

データは引き続き収集・分析されています。

ODNIは議会の情報委員会および軍事委員会のために本報告書を作成しました。

UAPTFとODNIの航空部門国家情報マネージャーが本報告書を起草しました。

USD(I&S), DIA, FBI, NRO, NGA, NSA, 空軍, 陸軍, 海軍,ONI, DARPA,FAA, NOAA, NGA, ODNI/NIM-Emerging and Disruptive Technology, ODNI/National Counterintelligence and Security Center、およびODNI/National Intelligence Council。

前提条件

UAPを登録する様々な形態のセンサーは、一般的に正しく動作し、初期評価を可能にする十分な実データを捕捉します。

しかし、一部のUAPはセンサーの異常に起因する可能性があります。

要旨

未確認空中現象(UAP)に関する質の高い報告は限られています。

そのため、UAPの性質や意図についてしっかりとした結論を出すことができません。

未確認航空現象タスクフォース(UAPTF)は、米軍や米軍基地で記述されたUAPに関する様々な情報を検討しました。

米軍やIC(Intelligence Community)の報告書に記載されたUAPに関する様々な情報を検討しましたが、報告書には十分な具体性がなかったため、最終的には、UAP事象の分析に十分なデータを提供するためには、独自の報告プロセスが必要であると認識しました。

その結果、UAPTFは2004年から2021年の間に発生した報告書に焦点を当てました。

これらの報告の大半は、正式な報告を通じてUAP事象をより正確に把握するための新しいプロセスの結果です。

報告されたUAPの大半は、レーダー、赤外線、電気光学、武器シーカーなどの複数のセンサーで登録されていることから、おそらく物理的な物体であると考えられます。

限られた数の事件において、UAPは異常な飛行特性を示したと報告された。

これらの観測結果は、センサーエラー、スプーフィング、観測者の誤認の結果である可能性があり、さらに厳密な分析が必要です。

また、UAPには複数の種類があり、それぞれのUAPには異なる説明が必要であると考えられます。

UAPには複数の種類があり、それぞれに異なる説明が必要です。

我々のデータ分析は、個々のUAP事件が解決された場合、それらは5つの可能性のある説明要因のいずれかに分類されるという構成を支持するものです。

自然大気現象、米国政府または米国企業の開発プログラム、外国の敵対的システム、そして「その他」の5つのカテゴリーのいずれかに分類されると考えています。

UAPは明らかに飛行安全上の問題を提起しており、米国の国家安全保障にも影響を与える可能性があります。

安全性への懸念は主に、ますます混雑する空域に対処する飛行士の問題です。

また、UAPが外国の敵対者の収集プラットフォームであったり、潜在的な敵対者の証拠であったりする場合は、国家安全保障上の課題となります。

統一された報告書、収集・分析の強化、およびそのような報告書を米国政府の広範な関連データと照合するための合理化されたプロセスにより洗練されたUAPの分析が可能になり、我々の理解を深めることができるでしょう。

これらの中にはこれらのステップのいくつかは資源集約的であり、追加投資が必要となるでしょう。

認証されていない

入手可能な報告はほとんど結論が出ていません。

データが限られているため、ほとんどのUAPは説明がつきません…

限られたデータと報告の不整合は、UAPを評価する上での重要な課題です。

標準化された報告メカニズムは海軍が2019年3月に設立するまで、標準化された報告メカニズムは存在しませんでした。

続いて2020年11月にその仕組みを採用しましたが、依然としてUSGの報告に限定されています。

UAPTFは、調査中に、公式または非公式の報告書には記載されていませんが、発生した他の観察が行われたが、それらの観察者による公式または非公式の報告書には記載されなかったという逸話を調査中によく耳にしました。

UAPTFは、調査中に、オブザーバーによる公式または非公式の報告書には記載されていない、他の観測結果についても定期的に耳にしました。

これらの情報を慎重に検討した結果、UAPTFは、以下のようなUAPに関する報告に焦点を当てました。

報告は、主に軍の飛行士が直接目撃したもので、信頼できると思われるシステムから収集されたものです。

これらの報告書は、2004年から2021年の間に発生した事件について書かれています。

その大半は、新しい報告メカニズムが軍用航空コミュニティに周知されるようになったここ2年間に発生したものです。

報告されたUAPのうち1件を高い信頼度で特定することができました。

確信度の高い報告が1件ありました。

このケースでは、物体は大きくて収縮する風船であると特定しました。

他のUAPは原因不明のままです。

米国政府からの報告は144件。

そのうち80件は、複数のセンサーで観測したというものです。

ほとんどの報告では、UAPは事前に計画された訓練やその他の軍事活動を妨害する物体であると説明されています。

UAP収集の課題

社会文化的なスティグマとセンサーの限界が、UAPのデータ収集の障害となっています。

技術的な課題としては、軍人や民間人の飛行の安全性を確保するために、レーダーのクラッターを適切に除去する方法などがあります。

軍用機や民間機の飛行の安全性を確保するために、レーダーのクラッターを適切に除去する方法などの技術的な課題は、航空業界では長年の課題となっています。

しかし、技術的な課題の中には、航空業界で古くから知られているものもあれば、UAPの問題に特有のものもあります。

運用コミュニティの飛行士や、軍やICのアナリストが語るところによるとUAPを観察したり、報告したり、同僚と話し合おうとしたりすることに関連した軽蔑について、作戦コミュニティの飛行士や軍やICのアナリストが語っています。

同僚と話し合おうとしたことに関連した軽蔑が語られています。

科学、政策、軍事、情報機関の上級メンバーが公の場で真剣にこのテーマに取り組むことで、これらのスティグマの影響は軽減されているが、風評被害のリスクにより多くの観測者が沈黙し、科学的な問題を複雑にしているかもしれません。

多くのオブザーバーが沈黙を守り、このテーマの科学的追求を複雑にしているかもしれません。

米軍のプラットフォームに搭載されているセンサーは、通常、特定のミッションを果たすために設計されています。

使命を果たすために設計されています。そのため、これらのセンサーは、一般的には次のような識別には適していません。

UAP

センサーの見晴らしの良さや、同時に観測しているセンサーの数は、UAPの識別に大きな役割を果たします。

UAPと既知の物体とを区別し、UAPが画期的な技術であるかどうかを判断するには、センサーの視点と同時に観測するセンサーの数が重要な役割を果たします。

光学センサーは、相対的なサイズ、形状、構造をある程度把握できるという利点があります。

高周波センサーは、より正確な速度と範囲の情報を提供します。

しかし、いくつかの潜在的なパターンが浮かび上がってきます。

報告には大きなばらつきがあり、データセットが限られているため、詳細な傾向やパターン分析はできませんが形状やサイズ、特に推進力に関するUAPの観察結果にはいくつかのクラスタリングが見られました。

また、UAPの目撃情報は米国の訓練・試験場周辺に集中する傾向がありましたが、これは注目された結果、収集に偏りが生じた可能性があると評価しています。

しかし、これは、注目度の高さ、それらの地域で運用されている最新世代のセンサーの数の多さ、部隊の期待、異常を報告するようにという指導の結果、収集に偏りが生じたのではないかと評価しています。

隊員の期待と、異常を報告するようにという指導の結果、収集が偏ったのではないかと考えています。

先進的な技術を示したUAPも少なくありません

18の事件、21の報告書に記載されていますが、観測者はUAPの異常な動きのパターンや飛行特性を報告しています。

飛行特性

いくつかのUAPは、空中で静止しているように見えたり、風に逆らって動いたり、急に操縦したり、かなりの速度で移動したりしていました。

UAPTFは、UAPが加速しているように見えるデータや、ある程度のシグネチャ管理を行っているように見えるデータを少量保有しています。

これらのデータの性質と妥当性を判断するためには、複数の技術専門家のチームまたはグループによる追加の厳密な分析が必要です。

我々はさらなる分析を行い、画期的な技術が実証されたかどうかを判断しています。

UAPはおそらく単一の説明を持たない

今回の限られたデータセットで記録されたUAPは、様々な空中行動を示しています。

複数のタイプのUAPが存在し、それぞれが異なる説明を必要としている可能性が高まっています。

データを分析した結果、個々のUAP事件が解決された場合、それらは次の5つの説明可能なカテゴリーのいずれかに分類されることがわかりました。

大気現象、米国政府または産業界の開発プログラム、外国の敵対的なシステム。

そして、「その他」というカテゴリーに分類される。

例外として、報告されたUAPが高い信頼性で報告されたUAPが空中クラッター、特に膨らんだ風船であると確信を持って判断した1つの事例を除いては現在、データセットにはインシデントを特定の説明に帰すための十分な情報がありません。

空中クラッタ

これらの物体には、鳥、気球、レクリエーション用の無人航空機(UAV)、ビニール袋のような空中のゴミなどで、シーンを混乱させ、オペレーターが敵機などの真のターゲットを識別する能力に影響を与えます。

敵機などの真のターゲットを識別する能力に影響を与えます。

自然の大気現象

大気の自然現象には、氷の結晶、湿気、熱の変動などがあり、赤外線やレーダーシステムに記録されることがあります。

米国政府や産業界の開発プログラム:UAPの観測の一部は、米国企業による開発や機密プログラムに起因する可能性があります。

しかし、これらのシステムが収集したUAPレポートのいずれかを占めていることは確認できませんでした。

外国の敵対勢力のシステム

UAPの中には、中国、ロシア、その他の国、または非政府組織が開発した技術である可能性があります。

他国、または非政府組織が展開する技術である可能性があります。

その他 データセットに記載されているUAPのほとんどは、データが限られていたり、収集処理や分析に課題があるため、おそらく未確認のままですが一部のUAPの収集や分析、特性解析を成功させるには、さらなる科学的知識が必要になるかもしれません。

その中には、収集、分析、特性解析を成功させるために、追加の科学的知識が必要なものもあります。

私たちはこのような物体は、科学的な進歩によって理解が深まるまでは、このカテゴリーに分類されます。

UAPTFは、UAPが異常な飛行特性やシグネチャ管理を示した少数のケースに焦点を当てて追加分析を行う予定です。

UAPは飛行の安全を脅かし、場合によっては国家の安全をも脅かします。

安全性

UAPは飛行の安全を脅かすものであり、以下のような事例があれば、より広範な危険をもたらす可能性があります。

外国政府による米国の軍事活動に対する高度な情報収集、または潜在的な敵対者による画期的な航空宇宙技術の実証。

継続的な空域への懸念

場所、量、行動によって飛行士が安全上の問題に遭遇した場合、その問題を報告する必要があります。

パイロットは試験や訓練を中止して航空機を着陸させることがあり、これは報告を抑止する効果があります。

UAPTFには、パイロットがUAPとのニアミスを報告した事例が11件記録されている。

潜在的な国家安全保障上の課題

現在のところ、UAPが外国の収集プログラムの一部であることを示すデータや、潜在的な技術者による主要な技術的進歩を示すデータはありません。

私たちは、そのようなプログラムの証拠がないか、監視を続けています。

特に、いくつかのUAPは近隣で検出されていることから、そのようなプログラムの証拠がないか監視を続けています。

特にUAPの中には、軍事施設の近くや米国政府の最新センサーシステムを搭載した航空機によって検知されたものもあります。

UAPを解明するには、分析、収集、資源の投入が必要です。

リソースへの投資

報告の標準化、データの統合、分析の深化。

UAPTFの長期目標は、2021年度IAAに付随する上院報告書116-233の規定に沿ったものです。

UAPTFの長期的な目標は、業務範囲を拡大して、より広範な地域で記録されたUAPイベントを追加することです。

UAPTFの長期的な目標は、作業範囲を拡大し、より広範な米国政府の人員と技術システムによって記録された追加のUAP事象を分析に含めることです。

データセットが増えれば、UAPTFがデータ分析を用いて傾向を検知する能力も向上します。

当初は、人工知能や機械学習アルゴリズムを用いて、類似性やパターンをクラスター化して認識することに重点を置きます。

データポイントの特徴の類似性やパターンをクラスター化して認識します。

データベースには、気象観測気球、高高度気球、超高圧気球などの既知の空中物体からの情報が蓄積されていきます。

高高度気球や超高圧気球、野生動物などの既知の空中物体からの情報がデータベースに蓄積されると、機械学習によってUAPの記録が、データベースに登録されている類似のイベントと一致するかどうかを事前に判断することで、効率化を図ることができます。

UAPTFは、収集と分析の両方が十分な情報に基づいて調整されることを確実にするために、省庁間の分析および処理ワークフローの開発に着手しました。

UAPデータの大部分は米海軍からの報告によるものですが、米軍やその他の政府機関のインシデント報告を標準化する取り組みが進められています。

しかし、米軍やその他の政府機関における事件報告の標準化を進め、特定の事件やそれに関連する米国の活動に関して、すべての関連データが確実に収集されるようにしています。

現在、UAPTFは、米空軍(USAF)を含む追加報告の取得に取り組んでおり、米連邦航空局(FAA)からのデータの受信も開始しています。

米国空軍のデータ収集は歴史的に限られていますが、米国空軍は2020年11月に6ヶ月間のパイロットプログラムを開始し、UAPに遭遇する可能性が最も高い地域での収集を行っています。

空軍全体での収集・報告・分析の標準化を検討しています。

FAAは、パイロットやその他の空域利用者がFAAの航空交通機関に異常な出来事や予期せぬ出来事を報告した場合に、通常このデータを取得します。

また、FAAはシステムに異常がないかを継続的に監視しており、UAPTFに有用な追加情報を生成しています。FAAは、UAPTFが関心を持つデータを分離することができます。

FAAは、UAPTFが関心を持つデータを分離し、それを利用できるようにしています。

FAAは、強固で効果的なアウトリーチプログラムを持っています。

FAAには、UAPTFが航空コミュニティのメンバーにUAPTFへの報告の重要性をアピールするための、強力で効果的なアウトリーチプログラムがあります。

収集の拡大

UAPTFは、米軍が駐留していない地域でのUAPクラスターの収集を増やすための新しい方法を模索しています。

データセットの収集バイアスを軽減する方法として、米軍が駐留していない時にUAPクラスタエリアの収集を増やす新しい方法を探しています。

一つの提案は、レーダーで撮影・保存された過去のデータを高度なアルゴリズムで検索することも提案されています。

また、UAPTFは、現在の省庁間のUAP収集戦略を更新することを計画しています。

また、現行の省庁間UAP収集戦略を更新し、国防総省やICの関連する収集プラットフォームや手法を活用することも計画しています。

研究開発への投資拡大

UAPTFは、研究開発のための資金を追加することで、UAPTFが示したテーマの将来的な研究を促進することができると指摘しています。

そのような投資は、UAPコレクション戦略、UAP研究開発技術ロードマップ、およびUAPプログラムプランによって導かれるべきです。

APPENDIX A – 主要用語の定義

本報告書およびUAPTFデータベースでは、以下の定義用語を使用しています。

正体不明の空中現象(UAP)
すぐには識別できない空中の物体。
頭字語のUAPは、分析のために検討された空中物体の最も広いカテゴリーを表します。

UAPイベント。
パイロットまたは乗務員がUAPを目撃(または検出)した出来事を全体的に説明したもの。

UAPインシデント。
イベントの特定の部分。

UAPレポート
UAP事象の文書であり、検証された保存の連鎖およびUAPの時間、日付、場所、 および説明などの基本情報を含む。

米海軍の飛行士は、「レンジ・ファウラー」を、軍事作戦地域またはその他の軍事活動において、事前に計画された訓練またはその他の軍事活動を中断する活動または物体と定義している。

APPENDIX B – 情報認可法に付随する上院報告書
2021年会計年度の情報認可法に付随する上院報告書
2021年度の情報認可法に付随する上院報告書116-233。
2021年度情報認可法に付随する上院報告書116-233では、DNIが米国防総省および他の米政府機関の関連責任者と協議してUAPによる脅威と、UAPTFが理解するための進捗状況に関する情報評価を提出することが規定されています。

上院報告では、特に以下の内容を報告書に盛り込むことが求められました。

  1. 海軍情報部が収集・保有するUAPデータおよび情報報告の詳細な分析。
    海軍情報部が収集・保有するUAPデータおよび情報報告書の詳細な分析(UAPTFが保有するデータおよび情報報告書を含む)。
    UAPTF が保有するデータと情報報告を含む。
  2. によって収集された未確認現象データの詳細な分析。
    a. 地理空間情報(Geospatial Intelligence)。
    b. Signals Intelligence(シグナルズ・インテリジェンス)。
    c. ヒューマン・インテリジェンス
    d. 計測・シグネチャー・インテリジェンス
  3. 連邦捜査局のデータを詳細に分析したもの。
    米国の制限された空域におけるUAPデータの侵入の調査から得られた連邦捜査局のデータの詳細な分析。

4どのサービスや機関が情報を取得したかに関わらず、連邦政府のすべてのUAP報告のタイムリーなデータ収集と集中分析を確保するための省庁間プロセスの詳細な説明

5.パラグラフ4に記載されたプロセスに責任を持つ職員の特定。

  1. 国家安全保障に対するUAPがもたらす潜在的な航空宇宙またはその他の脅威の特定、およびこのUAP活動が1つまたは複数の外国の敵対者に起因するかどうかの評価。
    複数の外国の敵対者に起因する可能性があるかどうかの評価。

7.米国の戦略または通常戦力を危険にさらす可能性のある画期的な航空宇宙能力を獲得したことを示す事件またはパターンの特定。

8.データ収集の強化、研究開発の強化、追加資金、およびその他のリソースに関する推奨事項

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 技術 » 2021年6月25日 米国国家情報長官室 「未確認空中現象(UAP)」レポート

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)