定義を差し込まない「法律家の書く文書を一般に人にも理解しやすくする方法」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

定義を差し込まない「法律家の書く文書を一般に人にも理解しやすくする方法」

専門家が書く文章は時として難解に見えるのは、専門用語が散りばめられてるだけではないようです。
研究者は、弁護士がいっぱいん人にとって読みやすい文書を作成する方法を特定する研究をしています。

Legal documents, such as contracts or deeds, are notoriously difficult for nonlawyers to understand. A new study from MIT cognitive scientists has determined just why these documents are often so impenetrable.

参照元:https://news.mit.edu/2022/legal-writing-understanding-0307
– マサチューセッツ工科大学 Massachusetts Institute of Technology. March 7, 2022 –

契約書や証書などの法律文書は、弁護士でない人にとって理解するのが難しいことで有名です。

MITの認知科学者の新しい研究は、これらの文書がしばしば不可解である理由を明らかにしました。

何千もの法的契約書を分析し、他のタイプのテキストと比較した結果、研究者たちは、弁護士が文章の途中に長い定義を頻繁に挿入する習慣があることを発見しました。

このような構造は「センターエンベッド」と呼ばれ、文章を理解するのが非常に難しくなることが、言語学者によって以前に実証されている。

センターエンベディングは理解難度に最も大きな影響を与えますが、MITの研究では、不必要な専門用語の使用も寄与していることがわかりました。

MITの脳認知科学教授で、この新しい論文の筆頭著者であるエドワード・ギブソン氏は話します。

ギブソン氏:法律用語が非常に理解しにくいことはよく知られていることです。この研究で、我々は、その問題が何であるかを詳細に記録しています。

研究者達は、この研究結果が、この問題に対する認識を高め、法律文書を一般市民にとってより利用しやすいものにするための努力を刺激することにつながることを期待しています。

ロースクールを卒業したばかりで弁護士の資格を持ち、現在はMITで脳と認知科学の大学院生であるエリック・マルティネス氏は話します。

マルティネス氏:法律用語をもっとわかりやすくすれば、人々は自分の権利や義務をもっと理解できるようになり、不必要に罰せられたり、権利の恩恵を受けられなかったりする可能性が低くなります。

マルティネス氏はこの研究の主執筆者で、学術誌『Cognition』に掲載されました。

また、MITの元客員研究員で、現在はエジンバラ大学で計算認知科学の講師を務めるフランク・モリカ氏も、この論文の著者です。

法律用語の翻訳

ハーバード大学ロースクール在学中、マルティネス氏は、弁護士や裁判官がどのように言語を使ってコミュニケーションをとっているかに興味を持ちました。。

そして、ギブソン氏が教えるMITの言語学のクラスに相互登録し、法学部を卒業した後、大学院生としてギブソン氏の研究室に参加しました。

今回の研究で、マルティネス氏、モリカ氏、ギブソン氏の3人は、サービス利用規約や住宅ローン契約などの法律文書がなぜ理解しにくいのかを解明しようと試みました。

まず、大量の法的契約書(合計約350万語)を、映画の脚本、新聞記事、学術論文など、他の種類の文章と比較しました。

大量のテキストからパターンを抽出するテキスト分析ツールを用いて、研究者は、他の種類の文章よりも法律文書によく現れる特徴をいくつか特定しました。

その一例として、法律文書では、大文字と小文字の使い分けなど、標準的でない大文字表記が多く見られることがわかりました。

これは、ある種の法律文書では、特定の条項を目立たせるために法的に義務づけられていることです。

また、法律文書では受動態が多く使われていることもわかりました。

研究者たちは、弁護士ではない人たちに、法律文書や、意味を変えずに文章の特徴を変えた文書を読んでもらったところ、受動態や標準外の大文字表記は、文書をより理解しにくくしていないことが分かりました。

その結果、最も大きな原因は「中心埋め込み」であることが判明しました。

これは、文章を書く人が主語を導入し、その主語の定義を挿入し、その後に文章を続けるというもので、このような構文では、文章を書く人が主語を導入し、その主語の定義を挿入し、その後に文章を続けるというものです。

研究者は論文の中で、長い定義を括弧で囲んで、次のような文章を例として挙げています。

“会社による支払いや給付(本契約第3条(a)に基づく支払いや給付を含むすべての当該支払いや給付を、以下「総支払い」と呼ぶ)が物品税の対象となる場合、現金退職金は減額されるものとする。”

この論文では、定義を切り離した、より分かりやすい代替案として、このようなものを提示しています。

「会社による支払いや給付が物品税の対象となる場合、現金による退職金は減額されるものとする。以下、会社によるすべての支払いおよび給付を「総支払い」という。これには本契約第3条(a)に基づく支払および給付が含まれる。」

研究者らは、法律文書を理解し、その意味を思い出す能力をテストしたところ、中心埋没構造を、用語を個別に定義したよりわかりやすい文章に置き換えた場合に、その能力が最も向上することを発見しました。

マルティネス氏は話します。

マルティネス氏:中抜きの文章は、法律文書の標準的な書き方であり、文章を理解するのが非常に難しくなっています。弁護士を含め、誰にとっても記憶力が低下します。これは、変更しても意味に影響を与えず、意味の伝達を改善することができるものです。

法律文書の分かりにくさの原因となっているもう一つの特徴は、”賃借人 “や “賃貸人 “などの一般的ではない言葉が使われていることでした。

研究者たちは、これらの言葉を “tenant “や “landor “などの一般的な言葉に置き換えることで、読者が読んだ内容を理解し、その意味を思い出す能力が向上することを発見しました。

マルティネス氏:学術的な文章を含む他のどのジャンルよりも、法律関係の文章で簡略化できる単語が多く見受けられました。

より平易な言葉への要求

法律家が主張する、法律文書がそのように書かれている理由の一つは、複雑な関連概念の意味を明確に伝えるために、言語が複雑である必要があるというものです。

しかし、MITの研究者たちは、法律文書に使われる専門用語の多くは、意味を変えずにもっと一般的な言葉に置き換えることができ、中心埋め込み型文節も非埋め込み型文節に置き換えることで同じ意味を生じることを発見し、それは真実ではないと考えています。

MITの研究者が提起するもう一つの可能性は、弁護士が書き方を変えたがらないことです。

それは、それが慣れ親しんだものだから、あるいは自分の文書を「プロフェッショナル」に見せ、同僚やクライアントからもっと真剣に見てもらいたいからだと推察されます。

法律文書をより平易な言葉で書こうとする努力は、少なくとも1970年代に始まり、リチャード・ニクソン大統領は、連邦政府の規制は「平易な言葉」で書かれるべきであると宣言しています。

しかし、マルティネス氏、モリカ氏、ギブソン氏による別の研究(未発表)は、法律用語は当時からほとんど変化していないことを示唆しています。

研究者らは、法律用語が理解しにくくなっている具体的な側面を指摘した今回のコグニション研究が、法律文書を書く人たちが文書の分かりやすさを向上させる努力をするきっかけになることを期待しています。

ギブソン氏:法律用語が理解されにくいのはこういうことだ、と言えるのはこれが初めてです。以前は推測に過ぎず、だから変わらなかったのかもしれません。何が分かりにくくしているのかが分かれば、それを解決することができるかもしれません。

法律文書を分かりやすくすることは、そのような文書を読む必要がある人なら誰でも助けることができますが、弁護士を雇うことができない人たちにとって、最も有益であると、研究者達は言っています。

マルティネス氏:これは、法律を理解するための弁護士を雇う余裕のない人々にとって、特に重要なことです。弁護士を雇う余裕がないのであれば、自分で文書を読めるようになることで、自分の権利をよりよく理解できるようになるのです。

この研究は、MITの脳認知科学科の研究費により一部支援されています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 定義を差し込まない「法律家の書く文書を一般に人にも理解しやすくする方法」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)