Apple(りんご)の進化

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

Apple(りんご)の進化

野生期のリンゴは、今日の収穫されるようなリンゴになるまで、どのような変遷を辿ったのか。壮大なリンゴの軌跡が、マックスプランク人類歴史科学研究所によって報告されました。

The apple is, arguably, the most familiar fruit in the world. It is grown in temperate environments around the globe and its history is deeply intertwined with humanity. Depictions of large red fruits in Classical art demonstrate that domesticated apples were present in southern Europe over two millennia ago, and ancient seeds from archaeological sites attest to the fact that people have been collecting wild apples across Europe and West Asia for more than ten thousand years. While it is clear that people have closely maintained wild apple populations for millennia, the process of domestication, or evolutionary change under human cultivation, in these trees is not clear.

参照元:https://www.shh.mpg.de/1321592/origins-of-the-apple

リンゴはもともと野生で進化し、古代のメガファウナに種子を分散させました。

最近では、人間は他のよく知られた作物と一緒にシルクロードに沿って木を広げ始めました。

リンゴの木を分散させることは彼らの家畜化につながりました。

ヨーロッパと西アジアの古代の保存されたリンゴの種子の最近の考古学的発見は、歴史的、古生物学的、そして最近公開された遺伝子データと組み合わされて、私たちの最も身近な果物の1つの魅力的な新しい物語を提示しています。

この研究では、マックスプランク人類歴史科学研究所のロバートスペングラー氏が、リンゴの歴史を野生の起源からたどり、もともとは古代のメガファウナによって広められ、後にシルクロードに沿った貿易の過程として広まったことに注目しています。

これらのプロセスにより、今日私たちが知っている品種の開発が可能になりました。

リンゴは、間違いなく、世界で最も身近な果物です。

それは世界中の温暖な環境で育ち、その歴史は人類と深く絡み合っています。

古典芸術における大きな赤い果実の描写は、飼いならされたリンゴが2千年以上前に南ヨーロッパに存在したことを示しており、遺跡からの古代の種子は、人々がヨーロッパと西アジア全体で1万年以上野生のリンゴを集めてきたという事実を証明しています。

人々が何千年もの間野生のリンゴの個体数を密接に維持してきたことは明らかですが、これらの木の家畜化のプロセス、または人間の栽培の下での進化の変化は明らかではありません。

最近のいくつかの遺伝学的研究は、現代のリンゴが少なくとも4つの野生リンゴ集団の雑種であることを示しており、研究者はシルクロードの交易路がこれらの果実をまとめて交配を引き起こす原因であると仮定しました。

保存された種子の形でリンゴの考古学的遺跡がユーラシア大陸全体のサイトから回収されました。

これらの発見は、果物やナッツの木がこれらの初期の交易路を移動した商品の中にあったという考えを裏付けています。

スペングラー氏は最近、カリフォルニア大学出版社から出版された「砂からの果実」というタイトルの本で、シルクロードで栽培された作物の考古植物学的および歴史的証拠を要約しました。

リンゴはシルクロードと深いつながりを持っています。

現代のリンゴの遺伝物質の多くは、カザフスタンの天山山脈の古代の交易路の中心部で生まれました。

さらに、交換のプロセスは、私たちの農産物市場で大きな赤い甘い果物を生み出す交配イベントを引き起こしました。

果樹が穀物やマメ科植物などの他のよりよく理解されている作物と同じように家畜化への道をたどっていないように見えるため、リンゴの木がいつどのように進化してより大きな果実を生産するかを理解することは研究者にとって重要な問題です。

多くの異なる野生および人為的力が私たちの畑の作物に選択圧をかけます。

どの圧力がどの進化的変化を引き起こしたかを再構築することは必ずしも容易ではありません。

したがって、現代の化石植物の進化的処理を調べることは、学者が家畜化のプロセスを解釈するのに役立ちます。

肉質の甘い果物は進化して、動物を引き付けて食べ、種子を広げます。

大きな果物は特に進化して大きな動物を引き付け、それらを分散させます。

大きな果実は古代のメガファウナを引き付けるために進化しました。

家畜化を研究しているほとんどの学者は、人間が最初に植物を栽培し始める時期に焦点を合わせていますが、この研究では、スペングラー氏は家畜化の段階を設定する野生のプロセスを調査します。

スペングラー氏は、野生の大きな果実の進化の過程を理解することは、それらの家畜化の過程を理解するのに役立つだろうと示唆しています。

スペングラー氏は説明します。

「果物が種子散布の進化的適応であることを考えると、果物の進化を理解するための鍵は、過去にどの動物が果物を食べていたかを理解することにあります。」

リンゴ科(バラ科)の多くの結実植物には、サクランボ、ラズベリー、バラなどの小さな果実があります。

これらの小さな果実は鳥に簡単に飲み込まれ、鳥は種子を分散させます。

しかし、リンゴ、ナシ、マルメロ、モモなど、家族の特定の木は野生で進化し、鳥が種子を分散させるには大きすぎました。

化石と遺伝的証拠は、これらの大きな果実が人間がそれらを栽培し始める数百万年前に進化したことを示しています。

では、これらの大きな果物は誰を引き付けるために進化したのでしょうか?

証拠は、大きな果物は、果物を食べて種子を広げることができる大きな動物を引き付けるための進化的適応であることを示唆しています。

クマや飼いならされた馬などの特定の大型哺乳類は、今日、リンゴを食べて種をまきます。

しかし、最後の氷河期が終わる前は、ヨーロッパの風景には野生の馬や大きな鹿など、もっと多くの大型哺乳類がいました。

証拠は、これらの動物の多くが絶滅したので、リンゴの大きな実を結ぶ野生の親類における種子散布は過去1万年の間弱かったことを示唆しています。

野生のリンゴの個体数が氷河期の氷河期のレフュジア地帯にマッピングされているように見えるという事実は、これらの植物が元の種子散布者がいない状態で長距離を移動したり、新しい地域にコロニーを形成したりしていないことをさらに示唆しています。

シルクロード沿いの貿易は、今日私たちが知っているリンゴの開発を可能にした可能性があります最終氷河期の終わりから、人間がユーラシア大陸全体、特にシルクロードに沿って果実を動かし始めるまで、野生のリンゴの木の個体群は隔離されていました。

人間がこれらの木の系統を再び接触させた後、ミツバチや他の花粉交配者が残りの作業を行いました。

得られた雑種の子孫は、より大きな果実を持っていました。

これは、交配の一般的な結果です。人間はより大きな果樹に気づき、接ぎ木と最も好まれた木の挿し木を植えることによってこの特性を所定の位置に固定しました。

したがって、今日私たちが知っているリンゴは、主に、最も好まれる木から種子を選択して繁殖させる長いプロセスではなく、交配と接ぎ木によって開発されました。

このプロセスは比較的迅速であった可能性があり、その一部は意図的ではなかった可能性があります。

この研究は、「家畜化」の定義に異議を唱え、人間の栽培下での植物の進化を説明するための万能モデルがないことを示しています。

いくつかの植物では、家畜化は何千年もの栽培と人間が誘発する選択圧を要しました。

他の植物では、交配は急速な形態変化を引き起こしました。

スペングラー氏は説明します。

「家畜化のプロセスはすべての植物で同じではなく、私たちはまだ長世代の木のプロセスについてあまり知りません。植物の家畜化を研究するときは、小麦や米などの一年生草を過去に見ることが重要です。地球上には他にも何百もの家畜化された植物があり、その多くは家畜化に向けてさまざまな経路をたどっています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » Apple(りんご)の進化

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)