マインドフルネスが、幼児の食物の好みに影響を与える

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

マインドフルネスが、幼児の食物の好みに影響を与える

マインドフルネスは世界的に人気のあるマインドセット方法の一つです。エルゼビアの研究によると、マインドフルネスを取り入れた教室ベースのゲームの参加は、幼児たちの自主制御を促がし、食べ物の好みにまで影響する事がわかりました。

エルゼビアが発行したJournalof Nutrition Education and Behaviorの新しい研究によると、マインドフルネストレーニングと教室ベースのゲームへの参加は、就学前の数年間に導入された場合、自主規制と食べ物の好みに影響を与える可能性があります。

米国インディアナ州ウェストラファイエットのパーデュー大学人間発達および家族研究学部の博士号を持つSara A.Schmitt氏は説明します。

「この研究では、子どもの発達の2つの重要な指標である自主規制と食べ物の好み、特に果物と野菜の好みをサポートするためのベストプラクティスを組み込んだ5週間の短い介入の開発と評価に関心がありました。介入の一環として、マインドフルネス活動と教室ベースのゲームに焦点を当て、すべての活動に果物と野菜への露出を組み込みました。また、多くのセッションで試飲などの感覚学習技術を取り入れました。」

介入を開発した後、パーデュー大学、セントラルミシガン大学、およびイェール大学の研究者は、低所得家庭の子供たちにサービスを提供する2つのヘッドスタートセンターから39人の子供たちを評価しました。

あるセンターの子供たちは介入を受けましたが、別のセンターの子供たちは受けませんでした。

すべての子供は、自己調整スキルと介入前後の果物と野菜の好みについて評価されました。

Sara A.Schmitt氏は説明します。

「私たちが見つけたのは、介入に参加した子供たちは、介入前から介入後まで、行動規制と果物や野菜の好みが大幅に向上したことでした。介入を受けなかった比較グループの子供たちは、これらのスキル。これが私たちに伝えていることは、私たちの目標とする結果を改善するという点で、この介入には約束があるということです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » マインドフルネスが、幼児の食物の好みに影響を与える