7分でADHDの有無と重症度を評価するビデオゲーム

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

7分でADHDの有無と重症度を評価するビデオゲーム

マドリードカルロス3世大学の研究者及び精神科医らで構成された研究チームが、7分でADHDの有無と重症度を評価するビデオゲームを開発しました。

これまでADHDの診断はテストがなく、経験のある医療スタッフの経験により評価されていました。

Adapting a traditional endless runner video game and using a raccoon as the protagonist, researchers from the Universidad Carlos III de Madrid (UC3M) and the Complutense University of Madrid (UCM, in its Spanish acronym), among other institutions, have developed a platform that allows the identification and evaluation of the degree of attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) in children and adolescents.

参照元:https://www.uc3m.es/ss/Satellite/UC3MInstitucional/en/Detalle/Comunicacion_C/1371302754161/1371215537949/Research_uses_a_video_game_to_identify_attention_deficit_symptoms
– マドリードカルロス3世大学 Universidad Carlos III de Madrid. 12/21/20 –

伝統的なエンドレスランナービデオゲームを採用し、アライグマを主人公として使用して、マドリッドカルロス3世大学(UC3M)とマドリードコンプルテンセ大学(スペイン語の頭字語でUCM)の研究者は、他の機関の中でもとりわけ、子供と青年の注意欠陥活動亢進障害(ADHD)の程度の識別と評価を可能にします。

ADHDは神経発達障害であり、最新の評価によれば、小児および青年の有病率は7.2%と推定されています。

それは臨床的に診断され、この診断は患者の病歴を使用した医療専門家の判断に基づいており、多くの場合、介護者や教師によって完成された尺度によってサポートされています。

現在まで、ADHDの診断テストは開発されていません。

Brain Sciencesに最近発表された論文で、この研究者チームは、子供たちがすでに慣れ親しんでいるビデオゲームを使用して、ADHDの症状を特定し、それぞれの場合の不注意の重症度を評価することを提案しました。

このゲームジャンルでは、プレイヤーはさまざまな障害物を回避するために使用する必要のある実行中のアバターを持っています。

UC3Mの統計学部の筆頭著者兼教授であるDavidDelgadoGómez氏は説明します。

「私たちのゲームでは、アバターはルート上で遭遇する穴に落ちないようにするためにジャンプしなければならないアライグマです。」

大学病院およびUCMの人格、評価および臨床心理学科の教授であり研究のもう一人の著者であり、JiménezDíazFoundationの精神科医であるInmaculadaPeñuelasCalvo氏は話します。

「ADHD不注意サブタイプと診断された子供は、不注意の症状の結果として、省略によってより多くの間違いを犯し、穴に近づくと仮定します。」

この研究の主な利点は、注意欠陥の症状を直接特定できるため、患者の不注意の重症度を客観的に評価できることです、と研究者らは述べています。

したがって、初期診断を補足するだけでなく、症状の進展や治療の有効性を評価するためにも使用できます。

他にも重要な利点があります。

たとえば、各テストの完了に7分しかかからず、特定のハードウェアを必要としないため、コストが大幅に削減されます。

実際、従来のパーソナルコンピュータ、タブレット、またはモバイルデバイスを使用できるため、リモート評価を行うことができます。

研究者らは話します。

「私たちの結果は、ADHDの臨床症状を正確に評価するには、より短い検査で十分かもしれないことを示しています。この機能は、時間がない臨床環境で特に魅力的です。」

この研究は、ヒメネスディアス財団大学病院の精神科の児童青年精神医学ユニットによってADHDと診断された8歳から16歳までの32人の子供たちのグループと共同で実施されました。

訓練を受けた専門家の監督下で各子供がテストを受けているときに、適切な介護者が注意欠陥多動性障害の不注意サブスケールと、評価のために開発された親と介護者からのレポートの目録である正常行動症状分類スケール(SWAN)を完了しました

ゲームでは、アライグマは18ブロックにグループ化された180ホールを飛び越える必要があります。

InmaculadaPeñuelas氏は説明します。

「各ブロックは、アライグマの速度、胴体の長さ、穴の幅によって識別されます。胴体の長さとアバターの速度によって、刺激間の時間が決まります。これは、約1.5、2.5、および3.5秒、穴の幅によってジャンプの難易度が決まります。」

現在、ADHDの診断は、主に医療専門家の経験と教師または介護者の観察スキルに依存しています。

いくつかの研究では、これらの評価は、たとえば感情的な要因によって変更される可能性があると判断されています。

DavidDelgadoGómez氏はまとめます。

「この論文で提案されているような診断方法の開発は、早期診断に有利に働き、したがってこれらの患者の予後を改善する可能性があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 7分でADHDの有無と重症度を評価するビデオゲーム

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)