特定の宗教を信仰する人々は実践心理学を実行している

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

特定の宗教を信仰する人々は実践心理学を実行している

イリノイ大学の研究チームが、感情調節戦略について調査しました。

人生の危機に瀕している特定の宗教を信仰している人々は、実践心理学である「認知再評価」を取り入れ、前向きな考え方を模索し、困難に対処する能力について自信を持っている事が判明しました。

The research was prompted in part by earlier studies demonstrating that people who are religious tend to use a coping strategy that closely resembles cognitive reappraisal.

参照元:https://blogs.illinois.edu/view/6367/1180401101
– イリノイ大学 University of Illinois. JAN 8, 2021 9:00 AM –

人生の危機に直面している宗教的な人々は、心理学者も使用している感情調節戦略に依存している、と新しい研究が発見しました。

彼らは、心理学者に「認知的再評価」として知られている実践である、困難についての前向きな考え方を探しています。

彼らはまた、困難に対処する能力、「対処の自己効力感」と呼ばれる特性に自信を持っている傾向があります。

どちらも不安やうつ病の症状を軽減することが示されています。

新しい発見は、Journal of Religion andHealthに報告されています。

イリノイ大学アーバナシャンペーン校で、心理学教授のサンダドルコスと大学院生のケリーホールとともに研究を主導した、ベックマン高等科学技術研究所の心理学教授であるフローリン・ドルコス氏は話します。

「これは、困難に対処することに関して、科学と宗教が同じページにあることを示唆しています。」

この研究は、宗教的な人々が認知的再評価に非常に似た対処戦略を使用する傾向があることを示した初期の研究によって部分的に促されました。

ドルコス教授は話します。

「たとえば、誰かが死んだとき、宗教的な人は 『OK、今彼らは神と共にいる』と言うかもしれませんが、宗教的でない人は 『まあ、少なくとも彼らはもう苦しんでいない』と言うかもしれません。どちらの場合も、個人は状況をより前向きに捉えることに安心感を覚えます。」

宗教的な人々が感情調節戦略として再評価に依存しているかどうか、そしてその恩恵を受けているかどうかを判断するために、研究者はうつ病や不安の臨床診断を受けていない203人の参加者を募集しました。

研究対象の57人はまた​​彼らの宗教性または精神性のレベルについての質問に答えました。

研究者は参加者に彼らの態度と実践を説明する一連のオプションから選択するように依頼しました。

ホール氏は話します。

「私たちは彼らに彼らの対処スタイルについて尋ねた。それで、宗教的対処のために、私たちは彼らが彼らの宗教的または精神的信念に慰めを見いだそうとするかどうか尋ねた。私たちは彼らに、ネガティブな状況を再評価して、彼らをフレーミングするよりポジティブな方法を見つける頻度、または彼らが感情を抑制するかどうかを尋ねました。」

研究者たちはまた、参加者の対処能力に対する自信を評価し、うつ病や不安の症状を測定するために設計された質問をしました。

ホール氏は、対処戦略、宗教的または非宗教的な態度と慣行、および苦痛のレベルの間の相関関係を探したと述べた。

彼女はまた、どの慣行がうつ病や不安などの結果に特に影響を与えたかを判断するために調停分析を実施しました。

ドルコス教授は話します。

「宗教的対処と不安の軽減との関係を見ているだけでは、どの戦略がこの前向きな結果を促進しているのか正確にはわかりません。調停分析は、宗教的な人々が彼らの苦痛を軽減する効果的な方法として再評価を使用しているかどうかを判断するのに役立ちます。」

分析はまた、危機を処理する能力に対する個人の自信(心理学的研究が発見した別の要因がうつ病と不安の軽減に関連している)について「感情的な苦痛のそのような症状に対する宗教的対処の保護的役割を促進する」かどうかを示していますと、ドルコス教授は説明します。

「人々が宗教的対処法を使用している場合、不安や抑うつ症状も減少していることがわかりました。」

認知の再評価と自己効力感への対処が、苦痛の症状の軽減に寄与していると彼女は話しました。

この研究は、宗教的なクライアントと協力している臨床心理学者にとって興味深いものになるはずだとホール氏は話します。

「また、この種の再評価を促進して、教区民が世界を理解し、ストレスに対する回復力を高めるのを助けることができる聖職者や教会の指導者と話す必要があります。」

ドルコス教授は話します。

「これが、宗教と科学が協力して幸福を維持し、向上させることができる例であることを願っています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 特定の宗教を信仰する人々は実践心理学を実行している