ワニは恐竜が居た時代からほとんど進化していない

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ワニは恐竜が居た時代からほとんど進化していない

ブリストル大学の研究チームは、約2億年ほとんど進化しないワニ種について調査しました。

ワニと同時代から生き、数千に及ぶ種をもつ鳥やトカゲなどと比べ、今日のワニの種はおよそ25種です。それはワニが氷河期などを生き残るために、進化不要な程効率的で用途の広いボディープランに至ったため、と研究チームは語ります。

Crocodiles today look very similar to ones from the Jurassic period some 200 million years ago. There are also very few species alive today – just 25. Other animals such as lizards and birds have achieved a diversity of many thousands of species in the same amount of time or less.

参照元:https://www.bristol.ac.uk/news/2021/january/crocodile-evolution.html
– ブリストル大学 University of Bristol.  7 January 2021 –

ブリストル大学の科学者による新しい研究は、環境の変化によって支配される進化の「ストップスタート」パターンが、恐竜の時代からワニがほとんど変化していない理由をどのように説明できるかを説明しています。

今日のワニは、約2億年前のジュラ紀のワニと非常によく似ています。

また、今日生きている種は非常に少なく、わずか25種です。

トカゲや鳥などの他の動物は、同じ時間内に数千種の多様性を達成しています。

先史時代には、恐竜と同じくらいの大きさの巨人、植物を食べる人、速い走者、海に住む蛇紋石の形など、今日は見られない種類のワニも見られました。

ジャーナルNatureCommunications Biologyに発表された新しい研究では、科学者はワニが「断続平衡説」として知られる進化のパターンに従う方法を説明しています。

それらの進化の速度は一般的に遅いですが、環境が変化したために時々より速く進化します。

特に、この新しい研究は、気候が温暖になると進化が加速し、体のサイズが大きくなることを示唆しています。

ブリストル大学地理科学部の主執筆者であるマックスストックデール博士は話します。

「化石からの測定値を比較し、それらが何歳であるかを考慮に入れることで計算できます。私たちの研究では、体の大きさを測定しました。これは、動物の成長速度、必要な餌の量、個体数の大きさ、絶滅の可能性と相互作用するため重要です。」

調査結果は、ワニの限られた多様性とそれらの明らかな進化の欠如が遅い進化速度の結果であることを示しています。

ワニは、生き残るためにそれを変更する必要がないほど非常に効率的で用途の広いボディープランに到達したようです。

この多様性は、恐竜が死んだ白亜紀の終わりにワニが流星の衝突を生き延びた理由の1つである可能性があります。

ワニは体温を制御できず、環境からの暖かさを必要とするため、一般的に暖かい条件でよりよく成長します。

恐竜時代の気候は今日よりも温暖でした。

それが、現在よりも多くの種類のワニがいた理由を説明しているのかもしれません。

太陽からエネルギーを引き出すことができるということは、鳥や哺乳類のような温血動物ほど食べる必要がないことを意味します。

ストックデール博士は補足します。

「地球とそれを共有する生物との間にどれほど複雑な関係が存在するかを見るのは魅力的です。」

チームの研究の次のステップは、ある種の先史時代のワニが死んだのに、他の種類は死ななかった理由を見つけることです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » ワニは恐竜が居た時代からほとんど進化していない

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -