なぜ言葉を交わさずに、知らない人とコミュニケーションを取れるのか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

なぜ言葉を交わさずに、知らない人とコミュニケーションを取れるのか

会話によるコミュニケーションがなくても、お互いをよく知らないあの人と、「仲良くなる方法」があります。隣のクラスの気になるあの人、隣の部署の意中のあの人,一緒のグループに居るあの人、なんだかよくわからないけど気になるあの人その人。東北大学から発表された研究を利用すれば、あの人と「仲良くなる」かも知れません。

Walking is one of our most natural, daily actions. Now, a new study led by a Tohoku University researcher suggests that walkers use step synchronization as a form of nonverbal social communication. The results lend credence to the effects of psychological traits on movement interaction between humans.

参照元:http://www.tohoku.ac.jp/en/press/walking_together.html

概要:

  • 人々の特性と第一印象が同期歩行にどのように影響するかを調査
  • 実験参加者(男性5名,女性:5名)をグループにわける
  • グループのメンバーは交代で他のメンバーとペアになる
  • ペアは、静かでバリアのない道を一緒に歩く
  • ペアはボイスレコーダーと、GPSデバイスを装ったモーションセンサーを身につけ、動きを記録される
  • ペアは3つの条件を出される
    • 歩行の半分の間話さなかったが、帰りに会話する
    • 歩行の間ずっと会話しない
    • 歩行せず、静かに座って教室で質問票に記入する
  • 対人判断尺度(IJS)を使用して各歩行の前後にパートナーの印象を評価する
  • 結果:
    • 一緒に歩いた2つのグループの参加者の印象評価は増加した
    • 単に一緒に時間を過ごした参加者のグループでは増加しなかった
    • 口頭でのコミュニケーションがなくても、並んで歩くことで、2人の見知らぬ人の間の社会的関係を変える
    • 会話を許可された参加者の印象はさらに高かった

ウォーキングは、私たちの最も自然な日常の行動の1つです。

現在、東北大学の研究者が主導した研究は、歩行者が非言語的社会的コミュニケーションの一形態としてステップ同期を使用することを示唆しています。

結果は、人間間の運動の相互作用に対する心理的特性の影響に信憑性を与えます。

研究を実施するために、研究者は参加者をグループに分けました。

合計で、10の単一の性別グループが形成されました-5人の女性と5人の男性。

グループのメンバーは交代で他のメンバーとペアになり、静かでバリアのない道を一緒に歩きました。

彼らはボイスレコーダーを身につけ、GPSデバイスを装ったモーションセンサーが歩行の動きを記録しました。

研究者は3つの条件の下で実験を行いました。

参加者が旅の半分の間話さなかったが、帰りに会話した、半分静かな散歩半分の会話条件。

参加者が旅の間ずっと会話しなかった静かな歩行状態。

そして最後に、参加者が歩いておらず、静かに座って教室で質問票に記入する非歩行状態。

参加者はお互いの事前の知識がなく、対人判断尺度(IJS)を使用して、各歩行の前後にパートナーの印象を評価するように求められました。

さらに、研究者は、参加者が意図的にステップを同期することを防ぐために、研究の本質について参加者を誤解させました。

初めて会った2人の歩行者が一緒に歩き、各歩行の前後でお互いの印象を評価しました。

条件1の参加者は、最初は黙って歩き、帰り道について話しました。

条件2の参加者は、途中でお互いを評価した後、黙って歩き続けました。

条件3の参加者は、静かな部屋で一緒にアンケートに回答しましたが、最終的には一緒に歩きませんでした。

参加者の足音は、ステップ同期分析に使用されるモーションセンサーで記録されます。

足音同期は、物理モデル(Winfree-Kuramotoモデル)に基づいて計算されます。

その結果、一緒に歩いた2つのグループの参加者の印象評価は増加しましたが、単に一緒に時間を過ごした参加者のグループでは増加しなかったことが明らかになりました。

これは、口頭でのコミュニケーションがなくても、並んで歩くことで、2人の見知らぬ人の間の社会的関係を変えるのに十分であることを示唆しています。

結果はまた、会話が話すことを許可された参加者の印象をさらに高めることを示しました。

最終的に、実験は、以前の研究では切り離せなかった歩行ステップの同期からの言語コミュニケーションの寄与をうまく分離しました。

一緒に歩くことで社会的印象が高まり、合同で会話するとさらに向上しました。

一緒に時間を過ごすだけでは、社会的印象は改善されませんでした。

研究者たちはまた、第一印象が良いペアは、特に女性の参加者にとって、ステップの同期が大きいことを発見しました。

社会的関係に加えて、個人的な特性も重要です。

この実験では、男性のペアと比較して、女性のペアはより高い歩行同期を示しました。

年齢の影響もあります-年配の参加者は、ウォーキングでパートナーとより同期する傾向があります。

自閉症の傾向が低い参加者は、自閉症の傾向が高いペアよりも同期が良くなります。

第一印象が良い女性の参加者は、割り当てられたウォーキングパートナーとのステップ同期が高くなります。

個人的特性(例:性別、年齢、自閉症傾向)および社会的関係(例:第一印象)は、歩行パートナーとのステップ同期を形成します。

東北大学電気通信研究所(RIEC)准教授Chia-hueiTsengは話します。

「人の特性や第一印象が微妙な歩行行動に反映されていることに気付くのは非常に驚きです。ほとんどの人は、自分の歩みが他の人と同期していることに気づいていません。身長や体重などの人の身体的パラメータが、他の人との動きの相互作用に影響を与えることは以前から知られていました。今では、心理的特性も影響を与えることがわかっています。」

NTTコミュニケーションサイエンスのポスドク研究員であるミャオチェン博士は話します。

「現実世界のシナリオにおける対人相互作用研究の有効性に対する認識が高まっているが、日常の自然環境はその文脈情報に富んでおり、実験制御を困難にしている」と述べた。研究所。「私たちの研究は、生態学的パラダイムを最大限に活用する一方で、科学的実験方法を使用して交絡変数を制御し、陰的身体同期の機能を調べるアプローチであるため、重要です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » なぜ言葉を交わさずに、知らない人とコミュニケーションを取れるのか

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)