似た有害な幼少期経験持ったカップルは成人期の健康と環境を損なう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

似た有害な幼少期経験持ったカップルは成人期の健康と環境を損なう

ウプサラ大学の研究チームは、818人の母親とそのパートナーが子供をもうけてから1年後にアンケートに回答する形で有害な幼少期について調査しました。有害な幼少期は、特に両方が同じような経験をしたカップルにとって、成人期に健康と環境を損なう事を示しました。

“When we studied couples where both partners stated they’d had a hard time as children, the connection between negative childhood experience and a relatively unfavourable living situation in adulthood became especially clear,” says Per Kristiansson, a specialist doctor in general medicine, senior lecturer at Uppsala University’s Department of Public Health and Caring Sciences and the study’s principal author.

参照元:https://www.uu.se/en/news-media/news/article/?id=16188&typ=artikel&lang=en
– ウプサラ大学 Uppsala University. 21 January 2021 –

概要

  • 有害な子供時代の経験(ACE)は、生涯にわたって深刻な影響を及ぼす
  • 以前の国際研究では、病気になったり、早期に死亡したりするリスクが高い事が判明
  • 病気は、重度の精神障害、癌、心血管疾患、糖尿病など
  • ACEの数が多いほど悪影響のリスクが高い
  • 818人の母親とそのパートナーが子供をもうけてから1年後にアンケート調査
  • 内容は、性的暴行や犯罪行為、薬物乱用、暴力、精神障害、別居など、家族の問題のある状況について
  • 個々のACEはすべての回答者に共通していた
  • 女性の11%とパートナーの9%が4つ以上のそのような経験をしたと報告
  • カップルの1人がそれらを経験した場合、もう1人も同様に経験した可能性が高くなった
  • 幼年期に多くの問題を経験したカップルは、他のカップルよりも成人期に著しく多くの問題を抱えていた
  • しかし、以前の研究では、幼少期の有毒なストレスとの闘いは、社会に利益をもたらすことを示していた
  • そしてそれは、学生の成績を改善し、経済的生産性を高め、市民の責任感を高めていた
  • 研究著者は、だからこそ、公的機関、特に医療や社会サービスや市民社会が、子供時代の不利な経験の影響を受けた家族や個人の発見、支援、治療の主導権を握るよう促してくれることを願う、と語った

不利な育成は、特に両方が同じような経験をしたカップルにとって、成人期の人々の状況と健康を損なうことがよくあります。

これは、ウプサラ大学の研究者によって実施された新しい研究によって示されています。

この研究では、818人の母親とそのパートナーが子供をもうけてから1年後にアンケートに回答しました。

この研究は現在、科学雑誌PLOSONEに掲載されています。

ウプサラ大学の公衆衛生およびケア科学科の講師であり一般内科の専門医である研究の筆頭著者のPerKristiansson氏は言います。

「両方のパートナーが子供として苦労したと述べたカップルを研究したとき、否定的な子供時代の経験と成人期の比較的不利な生活状況との関係が特に明らかになりました。」

有害な子供時代の経験(ACE)は、生涯にわたって深刻な影響を及ぼします。

以前の国際研究(例えば、Felitti et al 1998、Hughes et al 2017、Merrick et al 2018)は、さまざまな一般的な病気や状態から、病気になったり、早期に死亡したりするリスクが高いことを示しています。

これらには、重度の精神障害、癌、心血管疾患、糖尿病が含まれます。

ACEの数が多いほど、悪影響のリスクが高くなります。

現在の研究は、非常に多くの回答者のカップルによって区別されます。

子どもを産んだ1年後、合計818名(母親818名とパートナー818名、うち3名は女性)が参加し、アンケートに回答した。

研究者が焦点を当てたACEは、精神的および肉体的虐待とネグレクトの両方でした。

性的暴行や犯罪行為、薬物乱用、暴力、精神障害、別居など、家族の問題のある状況を回答してもらいました。

個々のACEはすべての回答者に共通しており、女性の11%とパートナーの9%が4つ以上のそのような経験をしたと報告しました。

カップルの2%で、両方の個人が少なくとも4つのACEを数えました。

カップルの1人がそれらを経験した場合、もう1人も同様に経験した可能性が高くなりました。

女性、パートナー、カップルが一緒にいるACEの数が多いほど、成人の見通しは悪くなります。

幼年期に多くの問題を経験したいくつかのカップルは、他のカップルよりも成人期に著しく多くの問題を抱えていました。

この回答者グループは、子供時代に問題がないと述べたカップルと比較して、次の特徴がありました。

  • 低い学歴
  • 低収入
  • 貧しいカップルの関係
  • 太りすぎ
  • より広い範囲での喫煙習慣
  • 低一貫性(SOC)
  • 自己評価の悪い健康
  • 高いストレスレベル
  • 非常に高い頻度の不安とうつ病。

Kristiansson氏は話します。

「幼い頃のACEがそのような重大な結果をもたらす可能性があるという事実は、子供が成長している間、子供の中枢神経系や他の臓器に影響を与える深刻な毒性ストレスと関連しています。「毒性ストレス」とは、強く、頻繁で、持続的な活性化を意味します。身体のストレス反応システムの特徴(Shonkoff et al 2009)。これは、ACEが高齢者までの人々の生活と健康に広範囲にわたる悪影響を及ぼし、次世代にも影響を与える可能性があることを示しています。」

以前の研究(Shonkoff et al 2009、Heckman 2006)は、初期の有毒なストレスとの闘いが社会に利益をもたらすことを示しています。

それは学生の成績を改善し、経済的生産性を高め、市民の責任感を高めます。

Kristiansson氏は話します。

「だからこそ、私たちの結果が公的機関、特に医療や社会サービスだけでなく市民社会にも、子供時代の不利な経験の影響を受けた家族や個人の発見、支援、治療の主導権を握るよう促してくれることを願っています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 似た有害な幼少期経験持ったカップルは成人期の健康と環境を損なう