母乳で育てるうつ病の母親が、乳児との絆や発育に与える影響

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

母乳で育てるうつ病の母親が乳児との絆や発育に与える影響

フロリダアトランティック大学の研究チームは、うつ病に苦しんでいる母親のと乳児の絆や乳児の発育の影響を調査しました。
結果、うつ病の母親は、赤ちゃんに心地よいタッチを与える可能性が低くなる事などが判明しました。

A first-of-its-kind study by researchers at Florida Atlantic University’s Charles E. Schmidt College of Science examined the developing mother-infant relationship by studying feeding method (breastfeeding and/or bottle-feeding) and affectionate touch patterns in depressed and non-depressed mother-infant dyads as well examining the infant’s electroencephalogram activity (EEG) during development. Affectionate touch was coded during the mother-infant feeding context and included stroking, massaging and caressing initiated by either mother or infant.

参照元:https://www.fau.edu/newsdesk/articles/breastfeeding-study.php
– フロリダアトランティック大学 Florida Atlantic University. 2/10/2021 –

概要:

  • フロリダアトランティック大学の研究
  • うつ病に苦しんでいる母親のと乳児の絆や乳児の発育の影響を調査
  • 結果、うつ病の母親は、赤ちゃんに心地よいタッチを与える可能性が低く、顔の表情の変化を検出する能力が低く、自分の感情を調整するのに苦労する可能性が高くなる事が判明
    • さらに、うつ病の母親の乳児は、うつ病の母親と同様の脳機能パターンを示していたことが判明
  • 以前の研究では、以下を検査
    • 授乳方法(母乳育児および/または哺乳瓶授乳)
    • 落ち込んだ状態と-落ち込んでいる母子の二人組と、発育中の乳児の脳波活動(EEG)
  • 愛情のこもったタッチは以下のように定義
    • 母親または乳児のいずれかによって開始された撫でる、マッサージする、愛撫する
  • 今回の研究では以下を評価、
    • 113人の母親とその乳児
    • 母親の抑うつ症状、摂食、気質または気分
    • 生後1か月と3か月の乳児からEEGパターン(非対称性と左右の活動)
    • 授乳中に母親と乳児の愛情のこもったタッチパターン
    • 発達中の乳児のEEG活性化パターンの変化から、摂食と母親のうつ病が安静時の前頭脳波の非対称性と力の変化に相互作用するかどうか
  • 結果、
    • 母親と乳児の愛情のこもったタッチが気分と授乳方法(母乳育児と哺乳瓶授乳)は、抑圧されていない母親と比較して抑圧された母親の乳児の転帰に影響を与えることが判明
    • うつ病で哺乳瓶を与えられたグループの乳児だけで、母親に対する乳児の接触の減少を確認
    • 母親と乳児の愛情のこもったタッチは、授乳の種類と相互作用するうつ病によって異なる
    • 母乳育児は母親と乳児の両方の愛情のこもったタッチにプラスの効果をもたらす
    • うつ病および母乳育児中の母親の乳児は、うつ病の母親の乳児で以前に見られた行動または脳の発達の調節不全は確認されなかった
    • うつ病の母親のような特定の乳児集団の非対称パターンは、典型的に発達している乳児や子供たちの非対称パターンとは異なっていた
    • 脳波の非対称性は右半球と左半球の活動のバランスを測定しますが、落ち込んだ母親の乳児は、前頭葉領域内の左半球の活動低下に一部起因して、右前頭非対称のパターンを示す
      • この脳の活性化のパターン(より大きな右非対称性)は、うつ病の成人で観察されるパターンに類似
  • 触覚行動の変化に加えて、母親のうつ病と摂食グループの状態の関数として、異なる脳活性化パターンを示す
  • 乳児のEEGパターンは母親のうつ状態の影響を受けた
  • 安定した母乳育児の経験もうつ病グループと相互作用して、発達初期のEEGパターンに影響を与えた
  • 乳児の左前頭非対称性は、落ち込んでいない母親と安定した母乳育児の形での乳児ケアの経験を持つことに関連していた
    • 左前頭葉の活動は、成熟の進行、前向きな感情、および高次の処理スキルに関連付けられている
    • 特に、うつ病の母親の乳児のEEGパターンは右前頭非対称を示した
  • 落ち込んでいる母親の乳児の母乳育児期間と正の気質特性が乳児の愛情のこもったタッチパターンを予測できた

母親の約9人に1人が母親のうつ病に苦しんでおり、これは母親と乳児の絆や乳児の発育に影響を与える可能性があります。

タッチは、乳児の社会情緒的発達に重要な役割を果たします。

うつ病の母親は、赤ちゃんに心地よいタッチを与える可能性が低く、顔の表情の変化を検出する能力が低く、自分の感情を調整するのに苦労する可能性が高くなります。

さらに、うつ病の母親の乳児は、うつ病の母親と同様の脳機能パターンを示し、これも気質の特徴に関連しています。

うつ病の母親の乳児は、非定型で潜在的に調節不全の社会的相互作用のリスクが高いです。

フロリダアトランティック大学のチャールズE.シュミット科学大学の研究者によるこの種の最初の研究では、授乳方法(母乳育児および/または哺乳瓶授乳)と、落ち込んだ状態と-落ち込んでいる母子の二人組、および発育中の乳児の脳波活動(EEG)の検査しました。

愛情のこもったタッチは、母親と乳児の摂食状況の間にコード化され、母親または乳児のいずれかによって開始された撫でる、マッサージする、愛撫することが含まれていました。

この研究では、研究者は113人の母親とその乳児を評価し、母親の抑うつ症状、摂食、気質または気分を評価しました。

彼らは、生後1か月と3か月の乳児からEEGパターン(非対称性と左右の活動)を収集し、授乳中に母親と乳児のダイアドをビデオ撮影して、母親と赤ちゃんの両方の愛情のこもったタッチパターンを評価しました。

彼らは特に、発達中の乳児のEEG活性化パターンの変化に焦点を当て、摂食と母親のうつ病が安静時の前頭脳波の非対称性と力の変化に相互作用するかどうかを判断しました。

ジャーナルNeuropsychobiologyに掲載されたEEG活動のデータは、母親と乳児の愛情のこもったタッチが気分と授乳方法(母乳育児と哺乳瓶授乳)の関数として異なり、抑圧されていない母親と比較して抑圧された母親の乳児の転帰に影響を与えることを明らかにしました。

研究者は、うつ病で哺乳瓶を与えられたグループの乳児だけで、母親に対する乳児の接触の減少を観察しました。

母親と乳児の愛情のこもったタッチは、授乳の種類と相互作用するうつ病によって異なり、母乳育児は母親と乳児の両方の愛情のこもったタッチにプラスの効果をもたらします。

うつ病および母乳育児中の母親の乳児は、うつ病の母親の乳児で以前に見られた行動または脳の発達の調節不全を示しませんでした。

FAUブレインインスティテュートのメンバーで主執筆者であり、准教授であり、チャールズE.シュミット科学大学心理学部のFAUWAVES感情研究所の所長であるナンシーアーロンジョーンズ博士は話します。

「私たちの研究では、産後最初の3か月間、授乳中の母親と乳児の愛情のこもったタッチパターンに焦点を当てました。タッチは幼児期に確立された相互作用の一種であり、ニーズの伝達、ストレス反応の緩和、ダウンレギュレーションに使用され、母親と乳児はかなりの量を費やしているためです。母親の気分と摂食の経験が乳児の初期の環境に浸透しているので、私たちはこれらの要因がどのように相互作用して母子の愛情のこもったタッチに影響を与えるかを調べることにしました。」

うつ病の母親のような特定の乳児集団の非対称パターンは、典型的に発達している乳児や子供たちの非対称パターンとは異なります。

脳波の非対称性は右半球と左半球の活動のバランスを測定しますが、落ち込んだ母親の乳児は、前頭葉領域内の左半球の活動低下に一部起因して、右前頭非対称のパターンを示します。

この脳の活性化のパターン(より大きな右非対称性)は、うつ病の成人で観察されるパターンに類似しており、離脱および抑制されたアプローチ行動の運動傾向だけでなく、高まる負の影響を表すと考えられています。

触覚行動の変化に加えて、この研究の乳児は、母親のうつ病と摂食グループの状態の関数として、異なる脳活性化パターンを示しました。

乳児のEEGパターンは母親のうつ状態の影響を受けただけでなく、安定した母乳育児の経験もうつ病グループと相互作用して、発達初期のEEGパターンに影響を与えました。

乳児の左前頭非対称性は、落ち込んでいない母親と安定した母乳育児の形での乳児ケアの経験を持つことに関連していた。左前頭葉の活動は、成熟の進行、前向きな感情、および高次の処理スキルに関連付けられています。

特に、うつ病の母親の乳児のEEGパターンは右前頭非対称を示しました。

研究からの分析はまた、落ち込んでいる母親の乳児の母乳育児期間と正の気質特性が乳児の愛情のこもったタッチパターンを予測したことを明らかにしました。

アーロンジョーンズ博士は話します。

「最終的に、私たちの研究は、より優勢な母乳育児の文脈で産後うつ病の母親に対してさえ、発生する敏感な世話が、発達初期の二者択一的な触覚体験を通じて神経生理学的、気質的、社会的感情的リスクをリダイレクトする可能性があるという証拠を提供します。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 母乳で育てるうつ病の母親が、乳児との絆や発育に与える影響

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)