経済的生産性を向上させない「企業を甘やかせる」州法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

経済的生産性を向上させない「企業を甘やかせる」州法

コーネル大学のチームが発表した研究によると、組合活動を妨害し、企業体を甘やかすように設計された州法は、結果的に、経済的生産性を向上させないことなどが判明しました。

“We find that where state policy is captured by corporate interests, this undermines inclusive growth,” Warner said. “These interests see union and city power as a threat, which is why there are groups like the American Legislative Exchange Council, for example, focused on crafting state laws that erode labor protections and enhance corporate interests.”

参照元:https://news.cornell.edu/stories/2021/03/labor-friendly-laws-promote-local-economic-growth
– コーネル大学 Cornell University. March 22, 2021 –

コーネル大学の都市計画および地域計画の教授であるミルドレッド・ワーナー氏の新しい研究によると、組合活動を妨害し、企業体を甘やかすように設計された州法は、経済的生産性を向上させません。

ワーナー氏は話します。

「州の政策が企業の利益によって捉えられている場合、これは包括的成長を損なうことがわかりました。これらの利益は、組合と都市の権力を脅威と見なしています。そのため、たとえば、労働保護を侵食し、企業の利益を高める州法の作成に焦点を当てた米国立法交流評議会のようなグループが存在します。」

中国杭州の浙江大学助教授である共著者の徐元秀夫氏が執筆した論文「生産性の相違:国家政策、企業の捕獲と労働力」は、2021年1月29日にケンブリッジジャーナルオブリージョンズ、エコノミーアンドソサエティに掲載されました。

ワーナー氏と徐氏は、米国中のすべての郡のモデルを組み立て、労働利益(人々が稼ぐ金額)は、組合が多い州で高く、法律が企業の利益によってより捕らえられている州で低いことを発見しました。

ワーナー氏は話します。

「米国の反組合政治環境は長年続いています。特に南部では、組合が会費を組織し徴収する能力を制限することにより労働権法に反映されています。」

米国の組合率は数十年にわたって低下しています。

ワーナー氏は話します。

「組合化は公共部門で最も高いですが、これは2008-09年の不況以来、州および地方の緊縮財政によって挑戦されてきました。」

ワーナー氏は、連邦政府の役割は、学校や道路などの重要な公共サービスを支援するために州や地方政府に資金を提供することであると述べました。

この良い例は、ジョー・バイデン大統領が2021年3月11日に法に署名した最近の1.9兆ドルのCOVID-19経済刺激策です。

ワーナー氏は話します。

「最近のCOVID救済パッケージのように、連邦政府は再分配の役割を果たすことができますが、立法政策立案において企業の影響力が大きい州では、これは起こりそうにありません」

「これは、包括的成長の鍵は、州レベルでの企業と労働者の利益の間のよりバランスの取れた力にあるかもしれないことを示唆しています。」

「企業利益と州議会の連合は、都市地域を使いこなし、労働者の団体交渉力を低下させることを目的としているが、新しい政治経済学では、企業利益は包括的経済成長の可能性を損ないます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 経済的生産性を向上させない「企業を甘やかせる」州法