「常に幸せでリラックスする事への期待」が失望の素である驚愕の理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「常に幸せでリラックスする事への期待」が失望の素である驚愕の理由

ストレスには悪いことと良いことの両方があります。例えば、解雇されることもストレスですが、赤ちゃんを初めて家に迎えることもストレスです。研究者がストレスについて研究成果を話します。

“As all psychologists know, anxiety is an internal alarm system, likely handed down by evolution, that alerts us to threats both external — such as a driver swerving in a nearby lane — and internal — such as when we’ve procrastinated too long and it’s time to get started on our work,” said Damour.

参照元:https://www.apa.org/news/press/releases/2019/08/stress-anxiety
– 米国心理学会 American Psychological Association. August 10, 2019 –

アメリカ心理学会の年次大会で発表された内容によると、一般的にストレスや不安はネガティブな概念であると考えられていますが、ストレスも不安も不健康なレベルに達する可能性がある一方で、どちらも避けられないものであり、日常生活において有害ではなく有益な役割を果たしている場合が多いことが、心理学者の間では以前から知られていました。

現在、多くのアメリカ人は、ストレスにはストレスを、不安には不安を感じています。

本会議で発表した民間の心理学者であるリサ・ダムール博士は話します。

「残念なことに、誰かが専門家に助けを求めた時には、ストレスや不安はすでに不健康なレベルにまで達しているのです。」

ダムール博士は、ニューヨーク・タイムズ紙にコラムを連載しており、著書に『Under Pressure』があります。

Under Pressure: Confronting the Epidemic of Stress and Anxiety in Girls の著者でもあります。

ダムール博士によると、ストレスは通常、人が自分の能力の限界を超えて活動するとき、つまり、自分を追い込んだり、状況によって慣れ親しんだ限界を超えざるを得ないときに発生するそうです。

また、ストレスには悪いことと良いことの両方があることも理解しておく必要があります。

例えば、解雇されることもストレスですが、赤ちゃんを初めて家に迎えることもストレスです。

ダムール博士は話します。

「心理学者は、ストレスに関する知識を多くの人と共有することが重要です。ストレスは日常生活の中で当たり前のものであり、自分の能力の限界に挑戦することでその能力を高めることができ、適度なレベルのストレスには、新たな困難に直面したときに平均以上の回復力をもたらす予防機能があるのです。」

不安もまた、不必要に悪い評価を受けていると、ダムール博士は言います。

「心理学者なら誰でも知っているように、不安は進化によって受け継がれた内的な警報システムであり、近くの車線で急ハンドルを切ったときなどの外的な脅威と、先延ばしにしすぎてそろそろ仕事を始めなければならないときなどの内的な脅威の両方を知らせてくれるものです。」

不安は役に立つこともあれば、守られることもあると考えることで、不安を上手に利用することができます。

例えば、ダムール博士は、自分が担当しているティーンエイジャーに、パーティーで不安を感じ始めたら注意するようによく言っています。

同様に、まだ勉強していないテストを控えて不安になっているというクライアントには、「正しい反応だから、勉強すればすぐに良くなるよ」と言って安心させています。

だからといって、ストレスや不安が害にならないというわけではないとダムール博士は言います。

ストレスは、慢性的(回復の可能性がない)なものや、トラウマ的(心理的に壊滅的)なものになると、不健康になります。

ダムール博士は話します。

「言い換えれば、ストレスは、人が合理的に吸収したり、心理的な強さを築くために利用できるレベルを超えたときに害をもたらすのです。同様に、不安はそのアラームが意味をなさないときに不健康になります。時には、何の理由もなく日常的に不安を感じることがあります。また、学生がちょっとした小テストでパニック発作を起こしたように、警報が脅威とは全く比例しない場合もあります。」

ストレスや不安を放置しておくと、不幸が続くだけでなく、うつ病や心血管疾患のリスク増大など、さまざまな心理的・医学的症状を引き起こす可能性があると、ダムール博士は言います。

ダムール博士は続けます。

「ストレスに押しつぶされそうな人は、可能な限り、ストレスを軽減する方法をとるか、訓練を受けた専門家に相談して、ストレス対処法を学ぶべきです。」

「不安を解消するには、自分の不合理な考えを評価し、それに挑戦するためのワークブックが有効です。そのような方法がうまくいかない場合は、訓練を受けた専門家に相談してください。」

「近年では、マインドフルネスの手法も、ストレスと不安の両方に対処するための効果的なアプローチとして登場しています。」

また、ダムール博士は、「幸福産業」と呼ばれる、人は常に穏やかでリラックスしているべきだという考えを売り物にしているウェルネス企業に対して、心理学者が積極的にメッセージを発信することを勧めています。

ダムール博士は話します。

「心理学者は、人間の経験をより冷静に考えることに長けています。私たちは幸福をサポートしたいと思っていますが、ほぼ常に幸せであることを基準にしてはいけません。それは不必要で達成不可能な危険な考えです。常に喜びに満ちていなければならないという印象を持っていると、日々の経験が結果的にかなり惨めなものになってしまうかもしれません。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 思考・瞑想 » 「常に幸せでリラックスする事への期待」が失望の素である驚愕の理由

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)