死者毎年400万人「PM2.5の汚染は経済による大量消費により引き起こされる」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

死者毎年400万人「PM2.5の汚染は経済による大量消費により引き起こされる」

PM2.5は毎年400万人以上の早死の原因となっています。
経済における消費によって引き起こされた汚染がそれらの死の半分につながっているようです。

A new study in Nature Communications led by Japanese researchers shows that the pollution caused by consumption in the world’s biggest economies leads to half of those deaths.

参照元:https://www.nies.go.jp/whatsnew/20211102-2/20211102-2-e.html
– 国立環境研究所 National Institute for Environmental Studies. 2021-11-3 –

青い空や美しいスカイラインをぼかす霞は、PM2.5と呼ばれる小さな粒子によって引き起こされます。

PM2.5は、多くの場合汚染から作られる、幅2.5ミクロン未満の粒子状物質を表します。

それらの微視的なサイズにもかかわらず、PM2.5は毎年400万人以上の早死の原因となっています。

日本の研究者が主導したネイチャーコミュニケーションズの新しい研究は、世界最大の経済における消費によって引き起こされた汚染がそれらの死の半分につながることを示しています。

それらの非常に小さいサイズがPM2.5を非常に危険なものにしているのです。

簡単に吸入できるため、肺の内部に蓄積し、ガンやその他の致命的な病気のリスクを大幅に高めます。

それでも、PM2.5に対して特に脆弱で、早期に死亡するのは貧しい人々です。

シドニー大学のISAであり、この研究の筆頭著者の1人であり、国立環境研究所のマテリアルフローイノベーション研究プログラムの研究ディレクターである南西圭佑博士は話します。

「死者のほとんどは開発途上国であり、国際的な調整がなければ状況は悪化するだろう。」

ほとんどの国は、PM2.5レベルに貢献していることを認めていますが、その金額、ひいては経済的責任についてはほとんど合意がありません。

特に、工場や自動車によるPM2.5の直接生産よりもはるかに測定が難しいのは、消費による量です。

これは答えるのに重要な質問です、と南西博士は言います。

最初に生産国に影響を及ぼし、次に国境を越えて近隣諸国に広がる直接生産とは異なり、消費によって引き起こされるPM2.5は、遠い国で発生し、消費国にほとんど影響を与えない可能性があります。

南西博士は続けます。

「生産排出の形での汚染は、近隣諸国で共同PM2.5削減措置を実施する動機を生み出す。そのような協力は、地理的に異なる国の間ではありそうもない。」

G20加盟国は、国際貿易と世界の経済生産の4分の3以上を占めています。

したがって、南西らは、これらの国々の消費がPM2.5レベルに与える影響を理解することで、信頼できるベンチマークが得られると考えました。

この調査では、10年近く前に作成されたデータベースであるEoraを使用して、世界中のグローバルサプライチェーンを測定し、消費のみによる排出量をマッピングしました。

この調査によると、米国や英国などの世界で最も消費量の多い国による消費は、中国やインドなどの遠い国でかなりの数の早死を引き起こしますが、生産習慣によって引き起こされる早死は近隣諸国でより一般的です、メキシコやドイツのように。

世界を変えたパンデミックであるCOVID-19は、高齢者にとって最も致命的な呼吸器疾患です。

同様に、PM2.5の未熟な犠牲者もほとんどが高齢者です。

しかし、COVID-19とは異なり、この研究では、消費によって生成されたPM2.5に驚くほど影響を受けやすい別のグループが見つかりました。

南西博士は話します。

「G20諸国の消費が、世界中の乳児[5歳まで]の78,000人の早期死亡の原因であることがわかりました。」

ほとんどのG20諸国ではその影響はそれほど大きくなく、早死の平均年齢は70歳近くでした。

しかし、南アフリカやサウジアラビアなど一部の国では、早産児の死亡が非常に多く、早死の平均年齢は60歳未満でした。

同様に、インドとインドネシアの早期死亡の平均年齢は、このしきい値をほとんど超えていません。

南西と彼の同僚は、消費が考慮されなければ、ほとんどの国はこれらの死に対して罰金を払うべきだとは思わないだろうと強調しています。

研究は論文内に記載します。

「生産排出による乳児死亡の責任が追求される唯一の問題である限り、国が[遠い国で]乳児の大量死に立ち向かう理由を見つけることができません。」

最後に、消費レベルのみからのPM2.5レベルが人間の健康に与える影響を強調するために、この研究は、G20諸国で28人の生涯消費が、世界中で1人の早死を引き起こすと結論付けました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 死者毎年400万人「PM2.5の汚染は経済による大量消費により引き起こされる」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)