なぜ試験の成績が良い?「自身をマルチリンガルだと認識している学生」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

なぜ試験の成績が良い?「自身をマルチリンガルだと認識している学生」

マルチリンガルだと思う学生は、試験の成績が良いようです。
これは実際にはマルチリンガルである必要はなく、自分がそう認識しているのが肝要です。
例えばそれはプログラミングで使用する言語でもあてはまります。

Young people who consider themselves ‘multilingual’ tend to perform better across a wide range of subjects at school, regardless of whether they are actually fluent in another language, new research shows.

参照元:https://www.cam.ac.uk/research/news/students-who-self-identify-as-multilingual-perform-better-at-gcse
– ケンブリッジ大学 University of Cambridge. 11 Nov 2021 –

自分を「マルチリンガル」だと思っている若者は、実際に他の言語を流暢に話せるかどうかにかかわらず、学校での幅広い科目の成績が良い傾向にあることが、新しい研究で明らかになりました。

イングランドの800人以上の生徒を対象としたこの研究では、GCSEのスコアと「多言語アイデンティティ」の間に正の関係があることがわかりました。

これは、生徒が知識や使用を通じて他の言語と個人的なつながりを感じているかどうかを示すものです。

多言語であると自認する生徒は、フランス語やスペイン語などの科目だけでなく、数学、地理、科学などの非言語科目でも同級生を上回る成績を収めていました。

これは、実際に第二言語を流暢に話しているかどうかにかかわらず、同様です。

しかし、驚くべきことに、学校から「第二言語としての英語」(EAL)と公式に言われている生徒たちは、学校や政府が多言語主義の代名詞としてこの言葉を使っているにもかかわらず、全員が自分たちを多言語人とは思っていませんでした。

その結果、これらの生徒のGCSEでの成績は、非EALの生徒に比べて必ずしも良い(あるいは悪い)とは言えませんでした。

この結果は、生徒たちが言語を識別し、さまざまなスタイルのコミュニケーションに価値を見出すことを奨励することが、学業の進歩を支える考え方を身につけるのに役立つことを示しています。

最近の研究では、語彙や文法を学ぶだけでなく、言語の重要性や自分たちの生活にとっての意義を探求するように、言語の授業の範囲を広げることが提唱されています。

しかし、今回の研究は、多言語のアイデンティティと達成度との関係を調べた初めての研究です。

今回の研究は、ケンブリッジ大学の研究者が中心となって行われ、その結果はJournal of Language, Identity and Educationに掲載されました。

ケンブリッジ大学教育学部の研究員であるディー・ルトガー博士は話します。

「自分は多言語を話すことができると思っている人ほど、GCSEのスコアが高いことが示唆されています。なぜこのような関係があるのかをもっと理解する必要がありますが、自分をマルチリンガルだと思っている子供たちは、ある種の『成長思考』を持っていて、それが幅広い達成度に影響を与えているのかもしれません。」

ケンブリッジ大学の言語教育学のリーダーであるリンダ・フィッシャー博士は話します。

「自分は言語を『できない』と思っている子どもたちには、私たちは皆、さまざまなコミュニケーションツールを使っており、言語を学ぶことはその範囲を広げることに過ぎないということを認識させることが大切だと考えられます。これは、学校での学習に直接関係する態度や自己信頼に影響を与えるかもしれません。言い換えれば、自分がどう思うかは、他人がどう言うかよりも重要かもしれません。」

この研究の著者たちは、多言語であることは、「英語以外の言語であることが知られている、あるいは信じられている言語に家庭でさらされている」という公式のEALの定義よりもはるかに多くのことを意味すると主張しています。

自分はモノリンガルだと思っている若者でも、コミュニケーションの「レパートリー」を持っていると指摘しています。

例えば、さまざまな方言を使ったり、休日に単語やフレーズを覚えたり、手話を知っていたり、コンピュータコードなどの他の種類の「言語」を理解していたりする。

今回の調査では、イングランド南東部にある5つの中学校の11年生818名が対象となりました。

研究者たちは、生徒たちが公式にEALまたは非EALとして登録されているかどうかを確認するだけでなく、それぞれの生徒に個人的にEALであると認識しているかどうかも尋ねました。

また、それぞれの生徒に、自分自身を0-100のスケールで表してもらいました。

0は「モノリンガル」、100は「マルチリンガル」です。このデータは、9科目のGCSEの成績と比較されました。

家庭で第二言語を話している生徒は、自分自身がEALやマルチリンガルであると認識しているとは限りませんでした。

逆に、自分をマルチリンガルと認識している生徒は、学校側が英語を追加言語として認識している生徒とは限りませんでした。

これらの用語の相関性が低かったことは、これらの用語が同じことを測定していると考えれば驚くべきことです。

他の言語の経験があるだけでは、その経験が生徒に評価されていない可能性があるため、必ずしも多言語のアイデンティティにはならないのです。

学校から報告されたEALのステータスはGCSEの成績に影響を与えませんでしたが、EALであると自認する生徒は一般的に現代語の成績が良かったようです。

しかし、0-100のスケールで自分を「マルチリンガル」と考えている生徒は、全体的に学業成績が良かった。

この関係の強さは科目によって異なりますが、やはり現代語で顕著でした。

しかし、9つのGCSE科目すべてにおいて、モノリンガルからマルチリンガルへのスケールが1ポイント上がるごとに、生徒の試験のスコアが何分の1か上昇しました。

例えば、1ポイント上昇すると、理科の成績が0.012点、地理の成績が0.011点上昇することがわかりました。

自分が非常にマルチリンガルであると考える生徒は、この基準では、自分がモノリンガルであると考える生徒よりも、通常1学年上の成績を取ることになります。

このように、自分がマルチリンガルであることを肯定的に示すことは、そうでなければ特定のグレードにわずかに及ばない生徒を次のレベルに押し上げるのに十分である可能性があります。

今回の調査結果は、多言語のアイデンティティを持つ生徒の間で一般的に育まれるポジティブなメンタリティと自己信頼は、彼らの幅広い教育にも波及効果があることを示しているようです。

たとえば、さまざまなタイプの言語や方言を探求する学習プログラムに若者を参加させたり、学校の内外で言語がどのように自分の生活を形成しているかを考えさせたりすることで、言語の授業でこのような効果を高めることができると著者は付け加えています。

「私たちは、他の言語を、知る必要のないもの、あるいは学ぶのが難しいものと考えすぎています。今回の調査結果は、もし生徒たちが自分たちを能動的で有能な言語学習者と見なすように促されれば、学校での幅広い学習に非常に良い影響を与える可能性があることを示唆しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » なぜ試験の成績が良い?「自身をマルチリンガルだと認識している学生」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)