犯罪者になりやすい傾向がある「せっかちでリスクに対して強い人」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

犯罪者になりやすい傾向がある「せっかちでリスクに対して強い人」

せっかちでリスクに対して強い人ほど、犯罪者になりやすいようです。

This means that they weigh the costs and benefits of committing a criminal action differently.

参照元:https://socialsciences.ku.dk/news/2022/impatient-and-risk-tolerant-people-more-often-become-criminals/
– コペンハーゲン大学 University of Copenhagen. 16 February 2022 –

犯罪を犯す社会的・経済的インセンティブが他の人よりも強い人がいるということは、広く知られていることです。

しかし、同じインセンティブに直面している人々も、異なる選好を持っているため、異なる選択をすることができます。

つまり、犯罪行為を行う際のコストとベネフィットの重さが異なるのです。

しかし、一般に、犯罪を犯してしまうリスクと人々の選好の関係については、知見が不足しています。

そこで、コペンハーゲン大学経済行動・不平等センターの研究者らは、リスク許容度やせっかちといった性格特性が犯罪者に多く見られるという仮説を検証しました。

Claus Thustrup Kreiner教授は話します。

「認知スキルや社会経済的背景の重要性に加え、犯罪行為に関連する多くの個人的嗜好も調査しました。そして、ある種の嗜好が重要な役割を果たしていることが明らかになりました。」

泥棒はチャンスをつかむ

研究者によれば、犯罪者の多くは、危険を冒すことを厭わないことが重要な特徴であることが判明しています。

Kreiner教授は話します。

「犯罪を犯す傾向は、最もリスクに寛容な人の方が、最もリスクに寛容でない人に比べて2倍高い。」

犯罪行動の予測における個人のリスクテイク意欲の重要性は、犯罪傾向の最も強い予測因子である認知能力の重要性の半分に相当します。

Kreiner教授は話します。

「犯罪の種類別に見ると、窃盗などの財産犯を予測する場合には、リスクを取る意欲が特に重要である。暴力犯罪、薬物犯罪、性犯罪の場合、自制心に問題があることが一般的です。」

若い男性の行動に注目

この研究には、7,000人以上のデンマークの若い男性にオンラインプラットフォームで参加してもらった経済実験のデータも含まれています。

参加者は、参加することで平均約250デンマーククローネ(30ユーロ)の報酬を得ましたが、その金額は、特に実験に対する忍耐力と大きな利益を得る可能性があるリスクを取る意欲に左右されました。

この研究は、人々の経済的成果の違いに対する選好の重要性を検討した他の経済学研究とも一致するものです。

実験から得られたデータは匿名化され、行政データとリンクされました。

行政データには、参加者の社会経済的状況が記述されているほか、犯罪に関する情報も含まれていました。

Kreiner教授は話します。

「15歳から20歳の若い男性の犯罪に注目したのは、他の男女に比べて犯罪が多いグループだからです。」

実験データと行政データの組み合わせは、Kreiner教授と他の研究者にユニークなコントロール変数のセットを与えています。

「学校の成績、居住地域、移民の有無、家族構成、出生順位、親の社会経済的地位、親の犯罪行為、親の離婚や失業などのストレス要因などの情報を集めました。」

処罰か予防か?

刑事司法制度の主な機能のひとつは、犯罪を犯すことを抑止することです。

今回の研究結果は、犯罪を犯す可能性が最も高いのは、まさに取締りの強化や刑の厳格化に最も反応しない人たちであることを示唆しています。

将来の刑罰のリスクは、せっかちでリスクを取ることを厭わない人に対する予防的影響力がはるかに小さいのです。

Kreiner教授は話します。

「我々の研究は、刑罰の強化が犯罪を減らすのに有効であるという経験則が限られている理由を説明するのに役立つかもしれません。」

罰の効果が不十分であることは、犯罪防止に取り組むことの重要性を浮き彫りにしています。

ここで、Claus Thustrup Kreiner教授は、彼らの結果が適切であるとも考えています。

Kreiner教授は話します。

「私たちの研究は、リスク許容度、焦り、利他主義などの選好が犯罪傾向を予測することを明確に示しています。他の研究では、子供や若者のこれらの行動パラメータに影響を与えることが可能であり、これは犯罪行動の発達との関連で非常に重要であることが示唆されています。」

研究内容について

研究「Preferences predict who commits crime among young men」は、2022年2月8日付の米国科学アカデミー紀要に掲載されました。

論文は、コペンハーゲン大学経済学部経済行動・不平等センター(CEBI)に所属するThomas Epper、Ernst Fehr、Kristoffer Balle Hvidberg、Claus Thustrup Kreiner、Søren Leth-Petersen および Gregers Nytoft Rasmussenによって書かれたものです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 犯罪者になりやすい傾向がある「せっかちでリスクに対して強い人」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)