補助金を導入せよ、科学者は提言する「40%以上も高い新鮮な野菜」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

補助金を導入せよ、科学者は提言する「40%以上も高い新鮮な野菜」

野菜の小売り価格は高い固定費がかかり、不健康な代替品と比べ40%も多く費用が掛かるようです。
科学者は、補助金を導入すればその歪みは消え、人々に健康な食品を提供できると提言しています。

High fixed costs for retailing fresh fruit and vegetables means that they cost 40% more than would be efficient, unlike unhealthy alternatives, which trade close to marginal cost, a new study demonstrates.

参照元:https://warwick.ac.uk/newsandevents/pressreleases/subsidy_would_improve
– ウォーリック大学 University of Warwick. 30 March 2022 –

新鮮な果物や野菜の小売には高い固定費がかかるため、限界費用に近い価格で取引される不健康な代替品とは異なり、効率的な価格よりも40%も高くつくことが、新しい研究で証明されました。

価格の歪みを打ち消す補助金を導入し、果物や野菜のコストを下げることで、健康的なだけでなく、消費者が好む食事に近い形で食生活が変化すると、この研究は述べています。

ウォリック大学の経済学者によるこの研究は、市場の不完全性による果物や野菜の価格の歪みと、それが食生活に与える影響を定量化することを目的としており、2022年3月30日にScience Advances誌に発表されました。

その結果、青果物の価格にはサプライチェーンにおける固定費が他の食品よりも大きな役割を果たしており、相対的な価格を少なくとも40%歪めていることが分かりました。

このような高い価格設定は、消費者が平均して、限界費用で販売される場合よりも15%少ない量の果物や野菜を購入していることを意味します。

この消費不足は市場の不完全性によるもので、市場の「見えざる手」によって、消費者と生産者の双方が望むより多くの果物や野菜を消費者に配分することができないのです。

小売市場の不完全性による15%の野菜・果物消費不足は、野菜・果物の平均消費量と推奨摂取量のギャップの3分の1を占めます。

論文の著者の一人であるThijs van Rens教授は、肥満に対する国家戦略をサポートするエビデンスに基づく政策と実務家の概要を開発するWarwick Obesity Networkのリーダーでもあります。

Rens教授:食品小売市場は非常に競争が激しいので、もし固定費がなければ、食品は限界費用に近い金額で販売されると予想されます。そして、そうでないという事実は、ダイエットに影響を与えます。
どのような商品であれ、価格が高ければ購入量は減ります。問題は、どの程度なのか、ということです。もし市場が正しく機能していれば、消費者は現在より15%多く果物や野菜を買うことになり、公衆衛生にとって大きな利益となることがわかりました。
果物や野菜の供給には高い固定費がかかっています。その結果、価格が高くなり、消費量が少なくなっているのです。さらに悪いことに、その影響は需要が低いときに強くなります。そして、需要が低いのは、たまたま人々が貧しい場所なのです。つまり、この市場の失敗は、私たち全員を不健康にするだけでなく、健康の不平等を拡大するのです。

商品の棚価格には、その製造と流通に関連する固定費が組み込まれています。

特に果物や野菜は生鮮品であるため固定費が高く、頻繁に補充する必要があります。

そのため、限界費用に近い価格で販売されている他の不健康な食品と比較して、生鮮食品の価格が上昇しています。

このことが消費者の果物や野菜の購入に与える影響を調べるため、経済学者らは、平均所得水準が異なる地域に住む、所得の異なる世帯の消費行動をモデル化しました。

彼らは、約6万世帯の2004年から2014年の食品購入の数量と価格の詳細な情報を含むNielsenIQ Homescanデータセットの米国における食品購入に関するデータを使用して、消費者が果物や野菜のために支払うものが、果物や野菜の量や質に対する好みによってどれだけ変わり、どれだけこれらの固定費によるものかを明らかにするために使用されました。

経済学者たちは、果物や野菜の消費を増やし、食生活をより健康的なものにするために、果物や野菜に25%もの補助金を出すべきだと主張しています。

2017年にイギリスのスーパーマーケットが販売した生鮮食品は約104億ポンドと推定されているので、補助金を支給すれば年間25億ポンドが政府の負担になると見積もっています。

NHSは、2014/15年に体重過多と肥満に関連する病気に61億ポンドを費やし、2050年までに97億ポンドを費やす可能性があると推定され、より広い社会に対する肥満の全体コストは270億ポンドと推定されています。

Rens教授:肥満に取り組むための課税や補助金は、政治的に実現不可能なものでしたが、もはやそうではないはずです。肥満は公衆衛生の大きな問題であり、我々は微調整でそれを解決するつもりはない。補助金と税金という大鉈を振るう必要があるのです。補助金は、ある意味、最も市場原理的で、最も侵襲的でない介入です。それ以下では、親切なアドバイスに過ぎず、あるべき姿には到達できません。
果物や野菜の消費は、補助金を出せば増えるということに議論の余地はない。私たちの研究の主な貢献は、市場がすでに非常に歪んでおり、この補助金が経済におけるすべての消費者に利益をもたらすことを示すことです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 補助金を導入せよ、科学者は提言する「40%以上も高い新鮮な野菜」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)