人々を口にする時、男性女性どちらを思い浮かべる?「数十億語の傾きからの発見」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

人々を口にする時、男性女性どちらを思い浮かべる?「数十億語の傾きからの発見」

「人」や「人々」と口にする際、私たちは男性・女性どちらを指して定義しているのでしょうか?
科学者は数十億語の解析で、それが男性をあらわしている傾きを発見しました。

They found that words for people were used more similarly, and were thus more similar in their meaning, to words for men than to words for women — and by a statistically significant margin.

参照元:https://www.nyu.edu/about/news-publications/news/2022/april/are–person–or–people–gender-neutral-concepts–new-study-find.html
– ニューヨーク大学 New York University. Apr 1, 2022 –

「人」または「人々」という概念は、その定義にもかかわらず、私たちがこれらの言葉をどのように使うかということになると、性別に関係なく使えるわけではありません。

実際、私たちは一般的に人を指すとき、男性を優先する傾向があることが、心理学と言語学の研究チームによる新しい研究で明らかになりました。

この研究結果は、Science Advances誌に掲載されました。

インターネットのウェブページから抽出した6300億語以上の単語の分析に基づいており、人工知能ツールを使って、数百万人の個人による使用方法に基づいて単語の意味を測定しています。

ニューヨーク大学心理学部の博士研究員で論文の主執筆者であるエイプリル・ベイリー氏は話します。

ベイリー氏:『科学』を女性よりも男性に関連付ける傾向など、多くの形態の偏りが過去に研究されてきましたが、『人』をどう見るかについてはあまり研究されていませんでした。

また、Meta AIの研究員でニューヨーク大学の言語学博士課程を卒業したアディナ・ウィリアムズ氏も話します。

ウィリアムズ氏:今回の研究結果は、性別にとらわれない言葉を使った場合でも、女性よりも男性を優先してしまうことを示しています。

このような基礎的なレベル、つまり私たちの言葉の選択における偏りは、潜在的に大きな影響を及ぼすと研究者は指摘しています。

ニューヨーク大学心理学部教授で論文の主執筆者であるアンドレイ・チンピアン氏は話します。

チンピアン氏:『人』に関する概念は、多くの社会的な決定や政策立案の基礎を形成しています。男性と女性はそれぞれ種の約半分であるため、私たちが集合的に考える「人」の中で男性を優先することは、この考えに基づく決定において女性にとっての不公平を生み出します。

研究チームは、言葉が個人によってどのように使われるかを考慮することで、言葉の意味を調べました。

具体的には、”人 “という概念を表す言葉と、その性別に対応する “女 “や “男 “という言葉を、私たちがどのように使っているかを調査したのです。

「人」について書くとき、女性よりも男性を思い浮かべることが多いかどうかを検証するために、研究チームは、非営利団体コモンクロールが2017年5月に収集した言語リポジトリから、言葉の使われ方に基づいて意味を学習する人工知能アルゴリズムを使用しました。

このリポジトリには、約30億のウェブページに登場する6300億以上の主に英語の単語が含まれていました。

研究者たちは、単語の意味が単語の文脈や使い方とどのように関連しているかを検討しました。

例えば、「毎朝、ジョーはお茶のためにバラックでお湯を沸かした」と聞けば、「バラック」と並んでいる単語(「お茶」「沸かした」「水」)は「やかん」とも頻繁に共起するので、「バラック」は聞き慣れない単語でも「やかん」に似た意味だと推測するかもしれません。

Science Advancesの論文では、研究者は3つの研究で、「人」とその関連語(例えば「人々」)の意味を、隣接する語、つまり言語的文脈を考慮しながら調査しています。

最初の研究では、人を表す言葉(例:「個人」)と男性を表す言葉(例:「彼」「男性」)の意味の類似性(言語的文脈から推測される)を、人を表す言葉と女性を表す言葉(例:「彼女」「女性」)の意味の類似性で比較しました。

その結果、「人」を表す言葉は、「女性」を表す言葉よりも「男性」を表す言葉の方が、より類似して使われ、その意味もより類似していることが判明しました(しかも、統計的に有意な差で)。

つまり、「人」という集合的な概念は、「女性」という概念よりも「男性」という概念と重なり合うことが多かったのです。

2つ目の研究では、「人」を表す言葉に注目するのではなく、この概念の中心的な特徴を表す言葉、具体的には、人がどのような人であるかを一般的に表す特徴を表す言葉について調べました。

研究チームは、過去の研究において人を表す一般的な言葉として同定された数百の特性語(「外向的」「分析的」「迷信深い」など)を、最初の研究と同じ女性向け、男性向けの言葉のリストと比較しました。

その結果、2回目の研究では、これらの記述語の意味は、全体として、女性用の単語の意味よりも男性用の単語の意味に近く、両者の間に統計的に有意な差があることがわかりました。

つまり、人がどのような人であるかを表す一般的な言葉(例えば、「外向的」)も、女性向けの言葉よりも男性向けの言葉の方がより近い意味で使われているのです。

3つ目の研究では、動詞の使用について調査した。最初の調査結果を踏まえると、妥当な調査領域といえます。

具体的には、もし「人」という集合的な概念が「女性」という概念よりも「男性」という概念と重なるなら、人がすること、されることを表す言葉(例えば、「好き」「困る」など)も、女性を表す言葉よりも男性を表す言葉の方が文脈上の意味が似ている可能性があります。

本研究では、人がとる行動を表す250以上の動詞(例:「促す」「笑う」「脅す」)と男性を表す言葉、女性を表す言葉の意味の類似性を比較しました。

人がどのような人であるかを表す一般的な言葉に焦点を当てた2番目の研究と同様に、人が何をするかを表す言葉(例えば、「走る」)も、女性向けの言葉よりも男性向けの言葉の方が類似して使われ、その差は再び統計的に有意でした。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 思考・瞑想 » 人々を口にする時、男性女性どちらを思い浮かべる?「数十億語の傾きからの発見」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)