80年生まれは「最初に同棲したパートナーと結婚する可能性が低い」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

80年生まれは「最初に同棲したパートナーと結婚する可能性が低い」

初めてのパートナーと同棲する確率は、年代によって異なるのでしょうか?
科学者はおよそ3000人のデータ群から統計を導き出し、80年生まれは最初の動静相手と結婚する可能性が低い事などを挙げました。

The youngest cohort was significantly more likely to separate from their partners than to marry them.

参照元:https://www.ucl.ac.uk/news/2022/mar/people-born-80s-not-likely-marry-their-first-cohabiting-partner
– ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン University College London. 31 March 2022 –

この研究は、英国家計パネル調査(BHPS)と社会調査(UKHLS)のデータを用いて行われ、Advances in Life Course Research誌に掲載されました(査読あり)。

調査サンプルは、3つの出生コホートからの3,233人です。

1974-1979年、1980-1984年、1985-1990年の3つの出生コホートから、1991年から2016年の間に観測された、16歳から27歳の3,233人が含まれています。

UCLとセント・アンドリュース大学の研究チームは、70代のコホートでは、最初のパートナーと別れるか留まる(結婚する)確率が半々であることを発見しました。

最も若いコーホートは、パートナーと結婚するよりも別れる確率が著しく高かった。

どのくらい長く一緒にいたかを見ると、最も古い2つのコーホートでは、25%〜27%のカップルが同棲開始から2年以内に別居していました。

この数字は、最も若い世代では43%であり、若い世代では、最初の同棲相手との関係が安定せず、長く続かないことが示唆されます。

全体として、英国の1980年代生まれの成人は、70年代中・後期生まれの成人に比べて、人生の後半に最初のパートナーと同居する傾向があることが示唆された。

著者らは、社会経済的背景や教育水準に関係なく、(結婚ではなく)誰かと一緒に暮らすことが、ほぼ普遍的な最初のパートナーシップの形態になっていることを発見したと述べています。

主執筆者のAlina Pelikh博士(UCLの教育・社会学部、IOE)は話します。

Pelikh博士:私たちの調査結果は、高齢者層と比較して、ミレニアル世代の最初の同棲関係が長く続かない傾向があることを示唆しています。このことは、若者が同棲に抱く意味や、短命に終わりがちなパートナーシップの質について、興味深い問いを投げかけています。
1980年代生まれの若者は、同棲をする理由として、規範的な制約がないこと、利便性、経済的な理由などを挙げており、これらはすべて、この現象の根底にある要因であり、相互に関連し合っている可能性があります。
あるいは、最も若いコーホート(特に若い年齢層)の若年成人は、同棲を独身であることの代替案と考え、結婚や結婚に近い長期同棲を考えるのは、より遅い年齢になってからという可能性もあります。

また、この調査結果は、個人の教育レベルだけでなく、親の背景や社会経済的地位が、英国における若者のパートナーシップの形成に依然として役割を果たしていることを示しています。

1974年から1979年の間に生まれたコホートでは、教育水準と同棲から結婚への移行に正の相関があり、教育がパートナーシップの安定に寄与していることが示唆されています。

一方、1980年代生まれでは、高学歴者ほどパートナーと同居する傾向が強いです。

しかし、教育水準はこれらのパートナーシップの安定性には影響せず、ほぼ例外なく別居に終わっています。

この研究の共著者であるJúlia Mikolai博士(セントアンドリュース大学、ESRC人口変動センター)は説明します。

Mikolai博士:これは、在学中や学位取得後すぐに始まる短期間の恋愛など、新しい行動の出現の兆しである可能性があります。また、進学していない人たちの最初のパートナーシップ形成の延期は、経済的な困難や不確実性の増加の指標となる可能性もあります。

本研究の共著者であるヒル・クル教授(セントアンドリュース大学・ESRC人口変動センター)は続けます。

クル教授:我々の発見は、多くの人が同棲を延期し、最初のパートナーと結婚する可能性が低く、複数のパートナーシップを経験する人が増えているという、ミレニアム世代のパートナーシップ移行が複雑化していることに対するさらなる証拠を提供しています。

著者らは、この論文が27歳以前に初めてパートナーシップを築いた人だけを対象にしているため、この年齢以降にパートナーシップを築いた人が無視できない割合で存在する可能性があることを強調しています。

このことは、最初のパートナーシップの形成率全体に影響を与えるとは考えていないが、27歳以降の最初のパートナーシップがより安定していることが判明すれば、新たな知見が得られるかもしれないとしています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 80年生まれは「最初に同棲したパートナーと結婚する可能性が低い」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)